上諏訪駅「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)〜諏訪の温泉文化が生んだ駅弁大将軍!(1/12 ページ)

毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは上諏訪駅「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)です。

» 2021年02月23日 10時00分 公開
[ニッポン放送(1242.com)]
ニッポン放送
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
駅弁 上諏訪駅「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)
駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁 駅弁

【ライター望月の駅弁膝栗毛】(初出:2020年12月16日)

駅弁 E353系電車・特急「あずさ」、中央本線・下諏訪〜岡谷間

東京・新宿から約2時間、特急「あずさ」は、諏訪湖の畔に差し掛かります。

車窓には上諏訪温泉の大きなホテル、精密機械の工場、さらには味噌メーカーといった、信州・諏訪らしい風景が広がります。

諏訪盆地の2市1町には、諏訪大社上社の本宮・前宮、下社の春宮・秋宮も点在。

7年に1度行われる御柱祭は、令和4(2022)年に次回の開催が予定されています。

駅弁 片倉館千人風呂(2015年撮影)

この地域は、上諏訪温泉・下諏訪温泉をはじめとした日本有数の温泉地の1つ。

なかでも国の重要文化財に指定された「片倉館」の千人風呂は、昭和初期に建設された一度に100人は入ることができるという、大理石造りの温泉浴場として有名です。

また、豊富な湯量に恵まれているゆえ、町内会ごとに住民向けの共同浴場も多く点在。

諏訪地方は、温泉文化が日常生活のなかに、ごく自然にある地域なんですね。

駅弁 諏訪湖の御神渡り(2013年撮影)

温泉文化の背景には、真冬の諏訪盆地における、底冷えのする気候もありそうです。

その象徴的な現象が、「諏訪湖の御神渡り」。

諏訪湖が全面結氷し、その一部が寒暖差などでせり上がり、「筋」になる現象のこと。

御神渡りが起こると、TVの全国ニュースでも報じられることが多いですね。

果たして、この冬は「御神渡り」、起こるでしょうか?

駅弁 諏訪弁 ほいじゃねェ

そんな御神渡りの写真が掛け紙となった中央本線・上諏訪駅の“駅弁”、「諏訪弁 ほいじゃねェ」(1080円)が、今年(2020年)1月から登場しています。

上諏訪駅近くの「れすとらん割烹いずみ屋」、信州のソウルフードとも云われるチェーン店「テンホウ」、そしてゲストハウスの「TATAMI」がコラボする形で開発。

上諏訪駅改札口脇の「NEWDAYS」で個数限定販売が行われている他、駅から歩いて1〜2分の「いずみ屋」で予約して購入することもできます。

駅弁 諏訪弁 ほいじゃねェ

【おしながき】

  • 龍神おむすび(小林川魚店のわかさぎ唐揚げ、川海老煮付け)
  • 諏訪ギョウザ(テンホウと漬物の松尾商店による、野沢菜漬入り揚げ餃子)
  • 信州ポークの諏訪味噌焼き
  • 鯉の甘酢あんかけ
  • 御柱巻き(凍み豆腐の煮物)
  • 松尾商店の野沢菜漬け
  • 信州りんご
  • かりんの寒天
駅弁 諏訪弁 ほいじゃねェ

「ほいじゃねぇ」とは、諏訪の方言で親しい人に遣う「また会おうね!」の意。

製造する「いずみ屋」によると、諏訪から「あずさ」に乗って帰る方が、“列車のなかで一杯やりながらいただく”おつまみ駅弁をイメージして開発したと言います。

このおむすびのご飯がいい塩梅で、具がちょっとだけ載っているのも、食欲をそそります。

地元のお店とのコラボでできた餃子も後を引かず、信州名物の鯉料理も臭みは全くなし。

作り手の技を感じさせてくれる、美味しい弁当に仕上がっています。

駅弁 いずみ屋 宮坂友子代表取締役

「諏訪弁」を製造するいずみ屋の宮坂社長によると、上諏訪駅ではかつての駅弁屋さん「山なか」の撤退後、オリジナルの駅弁がないことが長年、課題になっていたと言います。

今回、上諏訪駅のNEWDAYSの方とゲストハウス「TATAMI」の方が、偶然同じ町内で、地元専用の温泉共同浴場のなかで意気投合したことが弁当開発のきっかけになったそう。

まさに、諏訪の温泉文化が育んだ“新作駅弁”というわけなんですね。

まもなく発売から1年になるいまでは、旅行者はもちろん、地元の少人数の会合などでも、「諏訪弁」が人気を集めていて、上諏訪の弁当として少しずつ定着してきている様子。

宮坂社長も、「まずは、この諏訪弁を大事に育てていきたい」と話します。

駅弁 E353系電車・特急「あずさ」、中央本線・上諏訪〜下諏訪間

この「諏訪弁 ほいじゃねェ」、今年(2020年)10〜11月にかけて東日本地区で行われた「駅弁味の陣2020」で、見事「駅弁大将軍」に輝きました。

老舗の名物駅弁ではなく、初参加業者、新作での“大将軍”はこれまでにない快挙。

諏訪弁のプロジェクトに携わっている皆さんも、一同驚き、歓喜していると言います。

上諏訪駅ホームの足湯と共に、新たな上諏訪駅の名物が、ここに誕生です!

連載情報

photo

ライター望月の駅弁膝栗毛

「駅弁」食べ歩き15年の放送作家が「1日1駅弁」ひたすら紹介!

著者:望月崇史

昭和50(1975)年、静岡県生まれ。早稲田大学在学中から、放送作家に。ラジオ番組をきっかけに始めた全国の駅弁食べ歩きは15年以上、およそ5000個!放送の合間に、ひたすら鉄道に乗り、駅弁を食して温泉に入る生活を送る。ニッポン放送「ライター望月の駅弁膝栗毛」における1日1駅弁のウェブサイト連載をはじめ、「鉄道のある旅」をテーマとした記事の連載を行っている。日本旅のペンクラブ理事。

駅弁ブログ・ライター望月の駅弁いい気分 https://ameblo.jp/ekiben-e-kibun/


※新型コロナウイルス感染症、Go To事業、運行状況に関する最新情報は、厚生労働省、内閣官房、首相官邸、国土交通省・観光庁のWebサイトなど公的機関で発表されている情報、鉄道事業者各社の情報も併せてご確認ください


おすすめ記事

       1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12 次のページへ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評