ニュース
» 2021年03月30日 17時01分 公開

“フツウ”なんてどこにもない 不登校男子の若き苦悩を描く漫画『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』が共感しかない(1/2 ページ)

みんな悩んでる。

[西尾泰三,ねとらぼ]

 学校へ行けなかった“僕”の、それから――そんなストーリーの漫画『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』の単行本が双葉社から3月27日に発売されました。

棚園正一 学校へ行けなかった僕と9人の友だち フツウ 不登校 学校 漫画 双葉社 棚園正一『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』単行本が発売

 作者は棚園正一さん。2015年に刊行された『学校へ行けない僕と9人の先生』(双葉社)は、小・中学校の9年間不登校だった自身の実体験を描いた作品で、学校の先生をはじめさまざまな人と交流しながら、閉ざされていた心の扉が少しずつ開けていく物語でした。

 憧れだった漫画家・鳥山明さんとの出会い、というユニークな体験も目を引きますが、実体験に基づく当事者の心情が丁寧に描かれた同作は、同じように不登校に悩む子どもたちや、親や教育関係者からも支持を集めました。

“フツウ”なんてない

 『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』は、『学校へ行けない僕と9人の先生』の続編にあたり、中学校卒業後の作者がアニメの専門学校や大検予備校、大学などで出会った人々とのエピソードを描いたもの。

『学校へ行けなかった僕と9人の友だち』冒頭。不登校だった時期を回想

 思い悩みつつも前向きに社会と関わろうとする主人公は、行く先々で居場所のなさや疎外感に悩みつつ、“フツウ”ではない自分が大人になれるのかといった葛藤を繰り返しますが、その姿は青年期の普遍的なドラマ性を帯びています。


棚園正一 学校へ行けなかった僕と9人の友だち フツウ 不登校 学校 漫画 双葉社 棚園正一さん(撮影・佐藤アクロス)

 自分が周りより幼く、周りは大人だと感じながら、自分も“フツウ”であらねばならないという思いが頭から離れない主人公。大人と子どものはざまで不安定に揺れながら、大人になるとはどういうことなのかと自問を繰り返していきます。

 いつしか、学校に行けないころから心の支えだった「漫画を描けること」も、苦しい気持ちが先に立つように。漫画家になることが人生の意味だと思い込んでいただけではないかと思い悩みながら、“フツウ”でないことへの焦燥感に駆られる主人公ですが、学校で学ぶ学問のように、正解と不正解だけで構成されているわけではないのが人生です。

久々に登校した学校では、周りと合わせようと気を揉む時間

 “フツウ”という概念も相対的なものでしかないことに徐々に気付いていくのは、おかれた場所ではなく、分かり合える友達の存在があってこそ。前作で描かれた鳥山さんとの運命的な出会いのようにドラマティックではないありふれた人付き合いを通じて主人公が気付き、人生は誰1つ同じものはないのだから悩みも迷いも受け入れて自分なりの人生を歩んでいこうと視界が開けていく様子は、ぼんやりとした生きづらさを覚える方にとってヒントになる考え方なのかもしれません。

ありふれた人付き合いから気付きを得ていく主人公
棚園正一「学校へ行けなかった僕と9人の友だち」双葉社

(C) 棚園正一/双葉社

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. /nl/articles/2205/28/news020.jpg 「トップガン」はなぜ「トップガン」なのか? 「トップガン マーヴェリック」でオタクが悲鳴を上げ歓喜した理由
  3. /nl/articles/2205/28/news071.jpg 幸せそうな顔だ! 久慈暁子、結婚発表後初のインスタ更新で夫・渡邊雄太見守る観戦中の笑顔ショット公開
  4. /nl/articles/2205/27/news130.jpg 鳥居みゆき、キャンプを楽しむ1枚に青白い顔 “ホラー風”ショットに「全く知らずに見たら怖すぎる」
  5. /nl/articles/2205/27/news012.jpg 利害が一致した柴犬&子猫コンビ “ごはん”のときだけ息が合う姿に「見事なシンクロw」「笑っちゃいました」の声
  6. /nl/articles/2205/28/news068.jpg 胃がんステージ4のバレー代表・藤井直伸、清水邦広&福澤達哉と再会ショット つらい治療の中で「最高の薬です!」
  7. /nl/articles/1809/23/news019.jpg 炊飯器いっぱいに炊けまくった米…! 「5.5合炊いて」が生んだ悲劇に「全米が泣いた」「笑いすぎてしんどい」
  8. /nl/articles/2205/28/news065.jpg 漫画家急病でセクシーな女性がサツマイモの画に 「単行本では必ず修正します」
  9. /nl/articles/2205/27/news033.jpg 禍々しい136体の妖怪像が話題 学芸員が「なんのために作れられたのか不明」「類例は見つからず」という造形物が謎すぎる
  10. /nl/articles/2205/28/news063.jpg ともさかりえ、「キンキーブーツ」応援で“一方的な攻撃”受ける 根拠もないうわさで「金田一の頃も苦しめられた」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響