黒幕は誰? 桜木に届いたメールに注目する視聴者 ドラマ「ドラゴン桜」東大模試の裏で展開される学園売却計画クイズDEドラマ(1/4 ページ)

どっちの展開も気になってまいりました。

» 2021年06月08日 21時24分 公開
[宮澤諒ねとらぼ]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 テレビドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)第7話が6月6日に放送されました。東大模試に挑むことになった東大専科ですが、桜木から「この模試で合格見込みがないと判断されたものは、東大専科をやめてもらう」との厳しい言葉を浴びせられ、天野や早瀬らはプレッシャーを感じてしまうことに。さらに、ドラマの最後では暗躍する坂本&米山サイドにも急展開がありました。

クイズDEドラマ

4月期のドラマから毎話クイズを出題。問題は初級から上級まで全部で3問あるので、放送を思い出しながらチャレンジしてみてください。




 ※以下、ネタバレあり

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ 模試会場に大量の弁当を持ち込んでいた小杉と原(画像はドラマ「ドラゴン桜」公式Instagramから)

ドラマ「ドラゴン桜」あらすじ

 東大受験のために避けては通れない東大模試。受験日まであまり日もない中、桜木は次なる講師として英語担当の由利杏奈(ゆりやんレトリィバァさん)を呼びます。“ぼそぼそシャドーイング”や“適当ものまね”などを駆使して英語力を養っていく専科メンバーですが、早瀬はこのままでは勉強が間に合わず専科を追い出されるのではないかと思い悩むことに。天野も、あの藤井からリスニングの力を褒められるという稀有(けう)な体験をしますが、余裕がないのか藤井を置いて無言で歩き去ってしまいます。

 模試当日も、瀬戸ですら冷静に試験問題に向かう中、早瀬と天野はパニック状態に。天野は、トイレで偶然耳にした自分の英会話動画を聞いているという受験生の言葉により自信を取り戻し、英語の試験ではいつもの実力を発揮できましたが、早瀬は一人焦り続け、リスニング中は「メモを取らずに聞くことに集中する」という授業でのアドバイスすら思い出せないような状態に。

 完全に自信をなくしてしまった早瀬でしたが、岩井と小橋の不良コンビや専科メンバーから励まされ、桜木からは「小杉は小杉、お前はお前だ」「絶対、東大に合格してやる。その覚悟が持てれば周りなんて気になんねえ。幸せになりたかったら、お前は覚悟を決めろ」と背中を押してもらったことで笑顔が復活。一喜一憂しやすいところがある早瀬ですが、熱しやすいところは受験に向いているのかもしれません。

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ なんだかんだしっかりした考えを持っている2人(画像はドラマ「ドラゴン桜」公式Instagramから)

 模試の結果は、早瀬をはじめ、天野、瀬戸、岩崎がE判定だったものの、「合格見込みがないと判断された」わけではないとの理由から専科をクビになる話はなかったことに。藤井はD判定という結果に悔し涙を流しますが、天野と仲直りし、なんだかんだ専科の結束が固まるいい機会となりました。

 一方、東大専科から5人以上の合格者が出れば、理事長代行はクビとなり、高原教頭が理事に昇格することになるという先代理事長のたくらみを知った桜木。しかし、その裏では坂本と米山、そして桜木が信頼を置く弁護士の岸本が先代理事長と机を囲み、学園売却に向けて話を進めているのでした。

 ネットでは、坂本たちの黒幕説で盛り上がる中、桜木のスマホに届いた「龍海学園売却計画について」と題したメールに注目する人も。送られてきたメールアドレスに含まれている「entoacglaf」という文字列を入れ替えると、坂本が社長を務めるIT企業「FALCON GATE」になるという声があり、本当は桜木側の人間なのではとの意見も強まっているようです。

ドラマ「ドラゴン桜」まとめ

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ ↑こちらをクリック

「ドラゴン桜」クイズ初級

ドラゴン桜 阿部寛 長澤まさみ 高橋海人 南沙良 平手友梨奈 加藤清史郎 鈴鹿央士 志田彩良 細田佳央太 ドラマ

問題:英語講師の由利杏奈を演じていたのは誰?(答えは次のページ

A:ゆりやんレトリィバァ
B:バービー
C:渡辺直美

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」