ニュース
» 2021年06月12日 19時00分 公開

渋谷に1億円のポーカールーム誕生! YouTuber・世界のヨコサワとひろきが「日本にクリーンなポーカーを広めたい」理由(2/4 ページ)

[Kikka,ねとらぼ]

参加費100万円、優勝賞金8億円超――世界最高レベルで賞金が高額なポーカー世界大会

――お2人がポーカーを始めたきっかけは何だったのですか。

ヒロキ僕の場合は、大学生のときにネットで「WSOP(ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー)」という大会に関する記事を読んだのがきっかけです。参加費は1万ドル(約108万円)で、優勝したら800万ドル(8億円超)と書いてあって、めちゃくちゃ衝撃を受けました。

 もともとボードゲームが大好きで、大学時代にはそういうゲームを作る会社で働いていたりもしたのですが、ポーカーの動画を見たり、ネットで情報を調べたりしていくうちにどんどん「ポーカーってすごくかっこいい!」となっていって。当時僕が住んでいた部屋の床に麻雀マットを敷いて、ボードゲーム仲間とプレイしたのが最初です。


世界のヨコサワ ひろき そうた POKER ポーカー, ひろきさんが初めてポーカーをプレイしたときの様子(画像提供:ひろきさん)

 記念すべき1プレイ目の写真が残っているんですが、見てわかる通りルールもめちゃくちゃだし、チップの置き方も間違っているんですけど、でもなんか楽しかったんですよ。それで、「これはちゃんと覚えなきゃいけない!」と、アミューズメントポーカーで初心者講習を受けて。そこからどっぷりはまっていきました。

ヨコサワ僕は20歳のときに友人に教えてもらったのがきっかけなんですが、ルールを覚えた日に「ポーカーやるために生きてきたような気がする」と思ったんですよね。

 最初はめちゃくちゃなルールでプレイしていたし、役もよくわかっていなかったんですが、「AJPC(全日本ポーカー選手権)」に出場して速攻で敗退したことを契機に、はじめの1年は週8でアミューズメントポーカーに通っていました。

ひろき週は7日しかないんじゃない(笑)。

ヨコサワ1日2軒はしごしていたりしたから、ちゃんと週8!

ひろき週8でポーカーして、週8でご飯食べちゃうからこんなになっちゃったんだよ(笑)。

ヨコサワ確かに週8で食べてたけど、そのときはめちゃくちゃ痩せてた……(笑)。 


世界のヨコサワ ひろき そうた POKER ポーカー,

――その後、ヨコサワさんは21歳でWPT(ワールドポーカーツアー)のメインイベントにて日本人初の優勝を果たすなど、世界中から一気に注目を集めました。ひろきさんとの出会いもそのころですか。

ひろきWPT優勝の半年後ぐらいですね。僕がたまたま「ヨコサワWPT優勝」の記事を読んでいて、顔を知っていたからアミューズメントポーカーで声をかけたんですけれども、実は僕、その記事を読んだときに「コイツとは将来何かある」って直感したんですよ(笑)。

ヨコサワひろきの直感って結構当たるよね(笑)。確かにWPTでの優勝はメディア出演や人前に出る機会が増えるきっかけになりました。ひろきのポーカーとのタームポイントはどこ?

ひろき僕はやっぱりWSOPの日本人最高位になったときだね。WSOPに衝撃を受けてポーカーを始めて、そのWSOPで結果を出せたというのは運命だと思っちゃいました。その反動で会社を辞めて、お店まで出してしまったんですけれども(笑)。

――WPTといえば、ヨコサワさんが優勝者だけに与えられるブレスレットを紛失したと聞いたんですが、あれは本当になくしちゃったんですか。それとも演出ですか。

ヨコサワ演出じゃないです! その辺に適当に放っておいたらなくなってしまいました(笑)。ていうか、世界のヨコサワチャンネル、ほぼ演出なしのガチですよ。最初に投稿した動画「全財産10万円?カジノで倍にしないと海外から帰れま10!」なんて、ひろきが「朝マック食べに行こう」って訪ねてきたから外出したら、そのままドイツに連れて行かれましたからね(笑)。

全財産10万円?カジノで倍にしないと海外から帰れま10!

――「世界のヨコサワ」チャンネルはどのような成り立ちでスタートしたんですか?

ヨコサワ当初ひろきはIT企業に勤めながら、フリーランスの動画編集者の仕事をやっていたんです。だから「YouTubeやろうよ」ってお互いにノリで言い始めたんですけれども。

ひろき当時は昼に会社で仕事をして、夜は動画編集をやって、また朝から仕事に行ってとすごく忙しくしていたから、僕は正直そんなに乗り気ではなかったんですけど、動画をやろうって話になった2、3日後にはヨコサワとドイツに行ってましたね。

ヨコサワ僕らもともとめちゃくちゃフットワークが軽いんですよ(笑)。でも、ノリで始めたチャンネルということもあって、初期は動画は撮ったけどお蔵入りになった企画が多かったですね。面白い動画じゃないとひろきの編集意欲がわかないみたいで。


世界のヨコサワ ひろき そうた POKER ポーカー,

――今もひろきさんが主体で動画編集をしているんですか。

ひろき現在は会社の中のチームでクリエイトしていますが、企画・重要部分の編集・全体の手直し・サムネイル・タイトル付けは今でも僕がやるようにしています。ちなみに中盤からチャンネルにも出演している、そうたが実はめちゃくちゃ編集センスを持っていて。多分そうたは本物の天才だと思います。

ヨコサワそうだよね。最初は一視聴者だったし、動画のことも何もわからないピュアな青年だったんですが、びっくりするぐらい育っちゃって。本当にうれしいし、かわいいです。今はイケメンになっちゃいましたけれど、すごく努力家だし、欠かせない仲間ですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」