ニュース
» 2021年06月14日 19時45分 公開

いま劇場でもっとも輝いている“衝撃作” 「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」レヴュー(1/2 ページ)

一瞬のキラめきを、一瞬にしないために。

[将来の終わり,ねとらぼ]

つかぬことを伺いますが この近くに鉄道線路はないでしょうか?

数日前すぐ近くで汽笛の音を聞いたのですが どう歩いても線路が見つかりません。

ぼくの乗る汽車はもう発ってしまったのか それともまだ来ないのか……

(演劇実験室「天井桟敷」『身毒丸』より)

 「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」が今現在、劇場でもっとも輝いている映画だろうことは間違いない。テレビシリーズの放映開始から約3年、同作は、表現手法の最先端を脇目も振らずに爆走しながら、音と動きを届けるというアニメーション本来の歓びに満ちている。シリーズの予備知識は必要ない。2021年に公開された劇場アニメとして、間違いなく時代に名を残す衝撃作だ。

 寮制の学園、日々ひそかに行われる「レヴュー」という名の決闘、物理法則を無視する不可思議な舞台装置、他の少女アニメと一線を画する変身バンク……。「セーラームーン」シリーズの主要スタッフであった幾原邦彦・榎戸洋司を始めとする制作集団・ビーパパスによって世に放たれたカルトアニメ、「少女革命ウテナ」からの影響を想起せざるを得ない舞台設定、絢爛な演出、さまざまなセリフ。

 「少女☆歌劇 レヴュースタァライト」のテレビシリーズ、その総集編となる映画版「再生産総集編 ロンド・ロンド・ロンド」から感じられたのは、新しい物語というよりは先駆者となる作品群からの強い影響とそのミックスアップ、およびそのアップデートだった。「ああ、このキャラはウテナでいえばこれに当たる」「テロップの使い方がそのままエヴァンゲリオンの『DEATH』だな」と、一歩引いたところから見ることのできる作品だった。

 特に「ウテナ」については、古川知宏監督が幾原邦彦を師と仰ぎ「輪るピングドラム」「ユリ熊嵐」に参加、「BROTHERS CONFLICT ブラザーズコンフリクト」「ココロコネクト」などで共同絵コンテを寄せていることからも、その多大な影響が感じ取れた。

 それが本作、具体的にいえば「ロンド・ロンド・ロンド」のエンドパート、“ワイルドスクリーンバロック”の存在が明かされてより、シリーズのこれまでの檻を大きく踏み越えることになる。

キリンが繰り返し唱える「ワイルドスクリーンバロック」(「劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト」予告編より
過激な編集が話題を呼んだ総集編映画「ロンド・ロンド・ロンド」

 舞台少女たちに迫る、グロテスクな(演出上の)死、学園からの卒業を目前とした物語。主人公・愛城華恋にとっては望む星を手にしてしまったあとの物語が始まることになる。学園の中で目指していた“スタァ”の物語が終わり、もはや役者を決めるオーディションとしてのレヴューは行われない。本作で続くのは、彼女たちの人生の物語である。

 実際のレヴュー演出面については、とても文章で例えられるものではない。キリンが幾度となく唱える“ワイルドスクリーンバロック”。その元ネタになっているであろう“ワイドスクリーン・バロック”とは、SF小説においてある種の転換点をもたらすためにブライアン・W・オールディスが提唱した概念。要するに並行世界・時間移動・宇宙規模の事件・仮想理論等、とにかくアイデアを詰め込みに詰め込んだ、情報密度が桁違いの作品を指す言葉である。

 本来は『パラドックス・メン』のみを形容する言葉だったが、ベイリー『禅銃<ゼン・ガン>』をはじめ、次第にジャンルとしてみなされるようになった。その言葉に恥じることなく、本作のレヴューシーンはテレビシリーズとは比べものにならないほどの奇想・アイデア・躍動感にあふれており、劇場にて目と耳で感じることそれ自体に強い歓びが待ち受けている。

 それを支えているのは、よりはっきりと示された彼女たちのキャラクターの描き込みである。

古川 「『レヴュースタァライトって何?』」といったら、この9人なんですよ。9人を愛でて、愛してもらうために、全セクションが奉仕したいなというふうには思っていました。

テレビ版放送終了時の古川知宏監督インタビュー/「WHAT’s IN? tokyo」より

 テレビシリーズでの各舞台少女は、一部を除き主に華恋との対立構造をもとに描かれていた。「このまま埋もれていられない」星見純那の必死さ、「再演を止めるわけには行かない」大場ななの嘆き、「2人でスタァとなる」ことを認められない天堂真矢、「華恋と運命の舞台に立つ」ことを決めきれない神楽ひかり。

 しかし今回、彼女たちはそれぞれ自分の人生とより真正面から向き合うことになる。夢を諦め、妥協することが成長か。置かれた場所で咲くことが幸せか。好敵手をこのままにしておいて良いのか。卒業は誰しもにとって、自分にとってなにが必要で、そうでないかを決める時だ。

 心の内を叫び、胸の渇望を謳い、自身の本当の目的に気付く。少女たちそれぞれの行く先に思いをはせられるのは、これまで彼女たちの感情が、それこそレヴューのなかで示されてきたからに他ならない。

 その中で華恋だけが、何も持っていないことに気づいてしまう。「神楽ひかりと運命の舞台に立つ」という彼女の人生の目的は、すでに達成されているからだ。

 他の少女たちに目的を与えることとなった華恋だけが陥った空白を、彼女もまた埋めなければならない。若さの持つ弱さはその不安定さであり、同時にその強さは未来への可能性、言い換えれば何も決まっていないところである。「再生讃美曲」で、“ああ 私たちは何者でもない 夜明け前のほんのひととき”と謳われるように。

「再生讃美曲」(movie ver.)リリックビデオ

 自分が何をしたいのか、これからどうなっていきたいのかを決める。文字にしてしまえば、本作の2時間の内容は全てそれだけで終わってしまう。ただ、これは誰しもの人生にとって根源的かつ、答えのない問いである。だからこそ共感を持たせながら、舞台装置を使った心象風景を、アイデアの続く限りいくらでも膨らませることができる。

 もちろんその中で、影響を受けた作品からの引用も忘れていない。メタファーとしての線路と駅に庵野秀明・寺山修司イズムを感じさせ、各レヴューには元ネタとなる絵画を用意し、世界観を補強している。それぞれの舞台を強固に演出しつつも、某大作映画をそのまま強引に引用してしまうあたりは、古川監督ならではの茶目っ気といったところだろうか。

 本作が「“劇場”でしか味わえない{歌劇}体験」というキャッチコピーに恥じることのない大傑作であることは疑いようがない。昨年(2020年)から映画業界にとって不遇の年が続いているが、劇場で見ることができて本当に良かったと、心の底から感謝したい。

将来の終わり

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/20/news011.jpg 飼い主の指をしゃぶりたい保護子猫、大声で激おこ→「満足です……Zzz」 別猫のようなビフォーアフターがかわいい
  2. /nl/articles/2201/20/news094.jpg 「今日もぐんぐんグルトは買えませんでした」 “雪に埋もれた自販機”を1カ月間観測し続けた道民に注目集まる
  3. /nl/articles/1902/28/news005.jpg 「お前やってることは法律に引っかかってんだよ!」 コインハイブ事件、神奈川県警がすごむ取り調べ音声を入手
  4. /nl/articles/2201/20/news012.jpg 守りたい小さな背中の保護子猫が、5カ月後…… ずんぐりむっくりに成長したビフォーアフターに感動
  5. /nl/articles/2201/20/news010.jpg 「猫はコタツで丸くなるんですか?」「いいえ、雪道を猛ダッシュします」 兄姉犬と元気に散歩する猫がかわいい
  6. /nl/articles/2201/19/news025.jpg 「ペレットはお付けしますか?」 ハンバーグの注文でよく分からず「食後で」頼んでしまう4コマがシュール
  7. /nl/articles/2201/20/news154.jpg 「2人ともスタイルが流石!」「現役可愛い」 高島礼子&とよた真帆、デパ地下で遭遇した“50代美女”ショットに反響
  8. /nl/articles/2201/19/news024.jpg 昔出会った不思議な小学生、10数年前ぶりに家を訪れ「ゾクリッ」 実話怪談漫画の結末が不気味
  9. /nl/articles/2201/20/news079.jpg 3日ぶりに再会した子猫とハスキー、愛が爆発し…… 熱烈歓迎がとまらない子猫と諦めて受け入れるワンコが尊い
  10. /nl/articles/2201/20/news026.jpg 【漫画】「男の子の双子です」と言うと……「お家ボロボロにされるわよぉ」 アドバイスに戦慄するママに体験談集まる

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」