ニュース
» 2021年08月12日 11時30分 公開

『連ちゃんパパ』作者が描く「あだち充を漫画家にした男」の豪快エピソード! 『あだち勉物語』ありま猛インタビュー(1/3 ページ)

昭和の漫画業界はすさまじかった……!

[しげる,ねとらぼ]

 パチンコを題材に、ほんわかした絵柄でギャンブル中毒をシビアに描き、2020年のネット上で大いに話題になった怪作『連ちゃんパパ』。その作者であるありま猛さんは、漫画家あだち充さんの兄であり自身も漫画家だったあだち勉さんの弟子であり、そして赤塚不二夫さんのフジオ・プロに所属して腕を磨いたという、昭和漫画史の証人でもありました。

 そのありまさんの新作が、『あだち勉物語 〜あだち充を漫画家にした男〜』。サンデーうぇぶりで連載され、このほど第1巻が発売となりました。かつて発売された、あだち勉さんを描いた漫画『あだち充物語』になぞらえたタイトルから分かる通り、この作品はありまさんの記憶にあるあだち勉さんの破天荒なエピソード、そしてフジオ・プロをはじめとする当時の漫画家や編集者たちの姿をコミカルに描いた群像劇です。

 というわけで、この単行本発売に際してありまさんへのインタビューを再び敢行! 破天荒ながら漫画好き以外にはなかなか伝わってこなかったあだち勉さんの人となりを、あらためて語ってもらいました。一体「あだち充の兄」は、どのような人物だったのでしょうか……。


インタビューがきっかけで世に出た『あだち勉物語』

――『あだち勉物語』が始まるまでの経緯を、あらためて教えてください。

ありま 勉さんが亡くなった後も、勉さんを知っている人たちで集まって定期的に飲んでいたんです。だいたいみんな昔のフジオ・プロのアシスタントとかなんですけど、「俺もあのいたずらをやられた」とかそんな話ばっかりしていて。つまみがいらないくらい勉さんの話だけで間が保つ(笑)。そういう話をしてる時に、誰かに「これ、漫画にしたらどう?」って言われたんです。

――そこがこの作品の原点だったわけですね。

ありま そうです。それじゃあ……とどんな漫画にしようか考えてみて、最初の2話分くらいのネームを作ってみたんですよ。その頃に『連ちゃんパパ』がネットで話題になって、ねとらぼさんがインタビューに来て、そこでぽろっと勉さんの話が出たことで今回の連載に結びついたんです。棚からぼたもちというか(笑)。

――あのインタビューでも話題になっていましたが、漫画を読むと改めて勉さんの破天荒さがよく分かります。しかし、『あだち勉物語』に描いてあることってどこまで実話なんでしょうか……?

ありま ほぼ実話です。そのままでは漫画にならないから脚色も多少はしてますが、例えば3話に出てくる牛乳のいたずら(牛乳と嘘をついて原稿修正用のホワイトを水で薄めたものを他人に飲ませる)とかは実際にやってましたね。あれ、トキワ荘の人たちの間では定番のいたずらだったようで。勉さんはそれは知らなかったみたいだけど、赤塚先生はいたずらだって分かってて飲んだんじゃないかな。

これ、実際にやったそうです

――すごい……。

「迷惑な人」あだち勉とギャンブル

――早くも強烈なエピソードの数々ですが、勉さんってどんな人だったんですか?

ありま 一言で言うと「迷惑な人」ですね! 人が困るのが大好きだから理屈をこねて他人を困らせるし、相手がうろたえればうろたえるほどうれしいんだけど、特に困らないで平気だと逆にむくれちゃう。

 あと、寂しがりやでもありました。そのへんは赤塚先生にも似ていたと思います。赤塚先生もいざとなるとシャイな人で、テレビの取材を受けたりすると照れ屋だからお酒を飲んでから行ってました。「緊張してしゃべれない」と言ってましたけど。だから赤塚先生と勉さんはウマが合ったんだと思います。

いたずら大好き!
そして実は寂しがりや……

――お酒といえば、勉さんはお酒はどうだったんでしょうか?

ありま それが、赤塚先生と知り合うまでは全然飲まなかったんですよ。どうやらお父さんがけっこう飲む人で、何があったのかは知らないですが、それを反面教師にして飲まなかったようです。その後赤塚先生と知り合ってからは飲むようになって、「俺は自分で下戸って言う奴のことは信じねえ」とか言ってました。

――へー! 意外ですね。

ありま だから『あだち勉物語』の1巻のあたりの時点では、本当は全然飲んでないんですよ。酒も飲まずによくあんな馬鹿騒ぎができるもんだなと思いますけど(笑)。その後、充さんのマネジャーをやるようになってからは、もう朝起きたら飲んでるような感じでした。編集者と飲みに行ったりという用事もあって、「飲まないわけにはいかない」って言ってました。

――お酒以外の遊びも、ありま先生はいろいろと勉さんに教えられたりしたんでしょうか?

ありま 教えてもらうというより、逃げられないんですよ。「必ず来い」「いくらお前が独立して単行本を出そうが偉くなろうが、師匠は俺だ」「選んだお前が悪い」っていう理屈ですから。だからもう、いろんなところに引きずり回されました。やっぱり麻雀が一番多かったですね。フジオ・プロで麻雀を広めたのも勉さんだし、1人でフリーの雀荘行ったりしてましたよ。夜中に緞帳張ってやってるような、ヤミの雀荘とかも付き合わされましたね。

フジオ・プロに麻雀を広めたのは勉さんだった

――おお、それはまたアンダーグラウンドな……。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  2. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  3. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  4. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  5. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news178.jpg 杉浦太陽、俳優の弟たちと旧自宅のバルコニーを大改装 劇的リフォームも「なんか見た事あるなこの光景…」
  10. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声