ニュース
» 2021年12月29日 10時00分 公開

【寄稿】「ElecHead」という傑作 人生を削って作品を磨き上げるということ

年末にかこつけて、編集部員が好きなことを書く特別企画。ここでは副編集長・池谷がこの間遊んで感動したインディーゲーム「ElecHead」について、池谷の個人noteから転載します。

[池谷勇人,ねとらぼ]

※この記事はねとらぼ副編集長・池谷が個人的に参加しているnote「ゲームライターマガジン【基本無料版】」から転載したものです(→元のエントリは10月30日に掲載したもの)。


 なんの気なしに遊んだ「ElecHead」Steam / itch.io)がめちゃくちゃ面白かった!!!

 いやーすごかった。スタッフロールが流れはじめた瞬間、心の中では椅子から立ち上がって拍手してました。深夜でなかったら、多分ホントに立ち上がって拍手していたと思う。

ElecHead ※12月28日現在、Steamでは980円→882円に、itch.ioでは9.99USD→8.99USDに値下げ中です

 たった一つのギミックを限界まで掘り下げ尽くして、さらにその向こう側まで見せたうえで、やれること全部やったら一番気持ちいいところでスパッと終わる。ゲームスタートからエンディングまで、一時たりともダレる瞬間がなく、トップスピードのまま走りきった。

 ゲーム開発者から絶賛されているというのも納得で、ゲームを作っている人、あるいは一瞬でも「ゲームを作ってみたい」と思ったことがある人なら少なからず「やられた!」「これがやりたかった!」と悶絶するんじゃないか。誇張抜きで本当にそれくらい完成された作品だと思います(僕は悶絶した)。


1行で説明できちゃうルール

 ゲーム内容は、「勝手に通電しちゃうロボットになって、いろんな仕掛けをクリアしていく」――以上!


 一応、中盤で「頭を飛ばす」というアクションが解禁されるので大きなギミックは実質2つなんだけど、とにかく、

  • 触っている場所には強制的に通電してしまう
  • 主人公は頭だけ飛ばして分離することができる

 ――という、たったこれだけの要素で、これほどのアハ体験と満足感を成立させていることに最後まで驚かされっぱなしだった。

ElecHead 例えばここ、「田」の形の足場は通電しているときしか出現しないんだけど、そうすると一緒に壁もできてしまって進めなくなる。どうする?

 ごく簡単な仕掛けから始まり、次はそれよりちょっと難しい問題、その次は少し発想の転換が必要な応用問題……と、次々出てくるパズルは全て「勝手に通電しちゃう」という共通ルールを下敷きにしつつ、どれ一つとして同じものがない。しかも常に新しいことをちょっとずつ求めてくるので、毎回新鮮な「解けた!」という快感が最後まで続く。

 冷静に考えると、他のゲームでもよく見る「スイッチのオンオフ」を「勝手に通電しちゃう」に置き換えただけなんだけど、「スイッチのオンオフが思い通りにならない」というだけでこれだけの遊びを生み出せるものかと感動してしまった。レベルデザインもすばらしく、アイデアに溺れることなく、「勝手に通電しちゃう」というギミックでやれることの全てをこの1本でやりきっている。


「開発期間5年」の重み

 ところでこのゲーム、最初に世に出たのは2016年なんですよね。「日本ゲーム大賞 2016」のアマチュア部門で、このとき既に優秀賞をもらってる。

 受賞コメントによると、この時点で開発期間3カ月だったらしいんですが、実際にリリースされたのは2021年。この規模のゲームで開発期間5年というのはかなり長い方で、失礼ながらTwitterで開発中の動画が流れてくるたびに、「そういえばまだ出てなかったんだ」くらいの感じでボーッと眺めていたりした(本当に失礼)。


 しかしいざ遊んでみて、「そりゃ5年かかるわ!!!」と、過去の自分の頬をひっぱたきたくなった。この5年間がなかったら、恐らくここまでのゲームにはなっていなかっただろうなと思う。

 あらためて当時の動画を見てみると、初期バージョンの時点で既にゲームの骨格部分はほぼ出来上がってるんですよね。その気になれば、多分2年目くらいの時点でエイッとリリースしちゃうこともできたはず。だけどそうはしなかった。

ElecHead 初期バージョンの「ElecHead」
ElecHead 完成版はタイトル画面すらチュートリアルになっている(ジャンプと左右移動を覚えないと進めない)

 実際に完成したゲームと見比べてみると、完成版は本当に限界まで情報を削ぎ落としたデザインになっているのに対して、初期バージョンは画面構成もレベルデザインもまだまだごちゃっとしているのがよく分かる(完成版は文字や余計な装飾を全部取っ払って、レベルデザインだけでルールや行き先などが全部分かるようになっている)。初期バージョンでは最初から使える「頭を飛ばす」というアクションを、完成版では途中からアンロックするようにしたのもうまい。

ElecHead あとで気付いたんだけど、「壁キック」も初期バージョンにはあったけど完成版では削られている。

 んで、初期バージョンの動画と、「開発期間5年」という事実を見て思ったのは、

 「それだけ時間をかけて磨き続けたらそりゃ面白くなるわ!」

 という納得感が2割くらい。それから、

 「そうは言うけど本当にこれを5年間作り続けられるか!!???」

 という驚きと恐怖が8割くらい。

 いや、そりゃ作り続ければいいものにはなるだろうけど、ましてや個人制作のインディーゲーム、発売延期になっても延びた分の制作費を会社が出してくれるわけでもない。作り続けるのは作者の自由でも、同時にそれには多大な犠牲が伴うわけですよ。時間とかお金とか、あと人生とか。


 インディーゲーム、たまにこういう「人生を削って作り込んじゃったゲーム」に出くわすんですけど(確か洞窟物語も開発期間5年だったはず)、なんというか、才能ある人がその人生の一部を費やしてまで磨き上げてくれた作品を享受していると、ひたすらもう「ありがてえ……ありがてえ……」としか思えなくなってしまうんですわ……圧倒的感謝……!


最高のタイミングで終わってくれる潔さ

 それともう一つ、このゲームの美点として「やれること全部やったら一番気持ちいいところでスパッと終わる」という潔さにもぜひ触れておきたい。作者のツイートによると、最初は10ステージあったのを削って今のボリュームにしたそうで、これは間違いなく英断だったと思う。


 どんなに面白いゲームでも、必要以上に長く続ければどうしても水増し感が出てきてしまう。「あとちょっと短ければ最高の体験のまま追われたのに……」というゲームも多い中、「今ここで終わってくれたら最高」というまさにそのタイミングで終わってくれるのカッコよすぎでしょ!?? 道中が面白いゲームはいっぱい浮かぶけど、その勢いのまま最後まで走りきれるゲーム、あるいは最後をキレイに畳めるゲームというのは本当に少なくて、面白いゲームが面白いまま終わってくれると思わず「ヨッシャ!」とガッツポーズしたくなってしまう。

 ところで僕の本業はWebニュースの記者(どっちかというと編集寄り)なわけですが、これって文章にも言えるんですよね。どんなネタにも適切な文量というのがあって、どれだけ面白い文章を書く人でも、書く内容と文字量が釣り合っていなければダラダラと間延びした記事になってしまう。面白い記事を書くために一番大切なことは、実は「面白い文章を書く」ことではなく、「いらないところを削る」作業だったりする。

 そして文章もまた、時間をかけて推敲すればしただけ良くなっていくんだけど、当然ながら世の中には「締め切り」という邪悪があるわけで、どこかのタイミングで区切りはつけなければならない。もちろん満足いくまで推敲し続けることもできなくはないけど、そうしないのはやっぱり、それに伴う犠牲が大きすぎるから。このゲームを遊んで「やられた!」と悶絶してしまった理由の一つには、そういう「削ることの美しさ」とか、「納得いくまで推敲し続けることの難しさ」とか、普段自分がやりたくてもなかなか実践できていないことを、5000%の濃度でやって見せられたから……というのもある気がします。

 本当に本当に本当に、5年間ピカピカになるまで磨かれ続けた泥団子のような、そんなゲームだと思う。Steamで980円、itchなら9.99USD。煮込んで煮込んでドロドロになるまで圧縮された作者の5年間を、映画1本見るくらいの時間で摂取できるぞ!

 そんなに長いゲームではないので、少しでも興味を持ったら今すぐ遊びましょう。遊んでください。選挙にも行ってください。僕からのお願いです。そんじゃ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」