ウォルピスカーターが初著書『自分の声をチカラにする』 “高音出したい系男子”が歌い続けるためのポリシーとは(2/3 ページ)

» 2022年02月07日 18時00分 公開
[斉藤賢弘ねとらぼ]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

他アーティストとの共同作業は「濃密な勉強」の機会

―― 周囲にはいい影響になっているかと(笑)。ウォルピスさんは「歌ってみた」に加えて、はるまきごはん(※3)さんや、はりーP(※4)さんはじめ多くのボカロPから楽曲提供を受ける機会もあります。「共同作業」についてはどう考えていますか?

※3 2014年から活動。作詞作曲のみならず、自身のチーム「スタジオごはん」でアニメーションMVも制作しており、ウォルピスカーターには後述の「雨子」や「1%」といった楽曲を提供している。

※4 2011年から活動。「ぼくらのレットイットビー」「EARTH DAY」などの代表曲を持ち、ウォルピスカーターには「晴天前夜」「泥中に咲く」などの楽曲を提供。“針原翼”名義では3人組ユニット「空白ごっこ」のメンバーとして活動している。

ウォルピス 僕にできないことをやってもらっているっていうのが一番大きいですね。共同作業となると、楽曲やムービー、イラスト制作をやってくれる人が大勢一緒に仕事をしてくれるわけじゃないですか。

 僕自身は歌を録っているだけなのでそんなに変わってないんですけど、ひとつの作品をいろんな方向からアイデアや手を入れて作り上げていくというのは贅沢でお得な気がしますね(笑)。

―― はるまきごはんさんやはりーPさんたちに加えて、多くのクリエイターがウォルピスさんと関わってくるわけですが、自分の中にはない要素に「面白い」「楽しいな」といった感情を抱いたりしますか?

ウォルピス 非常に多いですね。僕はひとりで作業する仕事が多くて、閉じこもって作業をしていると「自分の持っている経験値の切り売り」「今まで蓄積してきたノウハウをちょっとずつ削って出している」みたいな状態にどんどん陥っていくんですよ。最終的にゼロになってしまうというか。

 そこにボカロPさんたちからのデモが届くと、僕の中にない音楽の引き出しとか歌のインスピレーションが新しく加わっていく感じがしますね。

 自分にとっては「面白い」「楽しい」というよりは、「勉強になるな」という部分が一番大きいかなと思います。普段はうまい歌を聴くとすごくへこむ(笑)から人の音楽を全然聴かない分、共同制作などを通じてインスピレーションを得られる機会は貴重なので、その中でなるべく濃密な勉強をしようと思っています。

―― 今まで発表してきた楽曲で一番衝撃を受けたものは何でしょうか?

ウォルピス 何だろうなぁ……? はるまきごはんさんに書いてもらった「雨子」という作品があるんですけど、これがとんでもない楽曲だったんですよね。もうどう歌ったらいいのか分からないぐらいに高難度で。

 オクターブが異なるボーカルが両方メインとして楽曲の中に存在しているんですけど、最終的にその処理へ行き着くまでにすごく時間がかかりました。まず上のキーで録って、「なんか合わないな」って消して、今度は下のキーで録ってやっぱり消して……というのを何度も繰り返したので、あれはかなり「うっ!」ってなりましたね。

―― 自分の中でも達成感があった?

ウォルピス めちゃめちゃありました! 高いボーカルがまずあって、それを支えるようにオクターブ下のボーカルを添えるのがわりと定石なんですけど、そのお約束をぶっ壊して、上のオクターブも下のオクターブも両方前面に出しちゃおうっていう結論にたどり着けたのはすごい収穫だったなと思います。

―― そのときの経験がその後の楽曲に生きてきたことも?

ウォルピス あります。「定石を無視しよう」っていう気持ちが芽生えたのは明確にそこからなので。

 それこそボーカルだけじゃなくて、歌詞なども文法にとらわれずに書いてみようとか。日本語の文章としてみたら意味不明で支離滅裂だけど、メロディーに乗せればそんなこと気にならないよね、ある種の王道から外れてもいいんだっていうのが分かりましたし。かなり広い範囲で何かと応用が利く考え方だなと。

―― その「収穫」が一番生きた楽曲が気になります。

ウォルピス 「シ・シ・シ」という楽曲の歌詞が、かなり定石を外そうっていうところに注力したものになっています。文法も滅茶苦茶ですし、使われてる単語も「面白いからこれでいいや」ぐらいの気持ちで書いているので、ここが多分色濃く影響を受けたのかなと思います。

歌は「もうやめられない」存在に

―― 10年前から比べて歌い手が活躍する場もだいぶ広がったように感じます。ウォルピスさんの中で、歌い手活動に対して抱く思いに変化はありましたか?

ウォルピス 個人の話をすると、僕は2014〜2015年前後からからずっと、「高い声を出したい」っていうのを看板として掲げていて、そこから変わっていないです。

 「歌を誰かに聴いてほしい」という思いももちろんありますけど、それ以上に「僕が高い声を出して、その音源を僕が聴きたい」「あわよくばもっと高い声が出せるようになりたい」って点で自己完結してずっとやってますね。僕が楽しみたいという気持ちが一番なので。

 これからも時代に合ったやり方を探しつつ、高い声をどんどん出していければなと思います。

―― 「高い声を出したい」という点に全くブレはない、と。最後の質問ですが、Ado(※5)さんがあるインタビューで「昔から大好き」「原曲を本当に大事にしている」とウォルピスさんを称賛していまして……。

※5 2017年に歌い手活動を開始。2020年10月にはユニバーサルミュージックからデビューするとともに、ボカロPのsyudou作詞作曲の「うっせぇわ」を歌って大ヒットに。2022年1月には1stアルバム「狂言」を発表した。

ウォルピス わぁ、うれしい!

―― ウォルピスさんも著書の最後で、次世代の存在を意識する発言をしていましたが、今後どのような活動を目指しているかについてうかがえますか?

ウォルピス これは僕のポリシーみたいな部分なんですが「いい意味でなるべく頑張らないようにしたいな」と思ってます(笑)。

 僕も年を取っていく中で、はやりの曲をガンガン歌って時勢にどんどん乗っかってグイグイやっていくっていうのは非常にシンドい。若い人がエネルギッシュで、パワーもタフネスもある分、こちらはなるべく落ち着いたポジションを目指していきたいとずっと思ってます。

―― 「年を取っていく」とコメントしていましたが、ウォルピスさんの年齢でそこまで冷静に先を見据えていることに驚いています。そんなスタンスになったのはいつからでしょうか?

ウォルピス どうだろう……。

―― 「もっと上に行くぞ!」と考えるのが普通なのかなと思ったりもしました。

ウォルピス 明確にいつからというのは分からないんですけど、上を目指そうとした時期は間違いなくありました。ただ、「世の中って歌うまい人いっぱいいるな」とも気付きまして(笑)。

 その群雄割拠の中、自分が強烈な個性でもって駆け抜けられるかって真剣に考えたときに、自分にはまだまだ足りないものが多すぎて、かつ時間も限られているなって。

 でもそれをマイナスに捉えるのではなく、じゃあどうやってポジティブに生かしていくかってところで、自分を保つべくそこに行き着いたんだと思います。

―― よく分かりました。ウォルピスさんにとって「歌」はどのようなものなんでしょうか?

ウォルピス 歌というものは「生涯の趣味」だと思っています。それぐらいのめり込んでいますし、歌うことに関して他では感じられないくらいの喜びや楽しみを見つけてしまっているから、もうやめられない状態になっているんですね。

 高い声を出すボーカリストの方はたくさんいらっしゃいますけど、「高い声を出したい」って言っているボーカリストは僕以外に見たことがない。なので、オンリーワンとしてこの「高音出したい系男子」という看板を背負っていきたいと思っています。

他人の歌を研究するウォルピスカーター 他人の歌を研究しているウォルピスカーターさんのイメージ (C)docco

プレゼントキャンペーン

 ねとらぼエンタの公式YouTubeをチャンネル登録&公式Twitterをフォローし、プレゼント企画を告知するツイートをRTしてくださった方の中から抽選で3名に、ウォルピスカーターさんサイン入り『自分の声をチカラにする』をプレゼントします!

自著『自分の声をチカラにする』へサインするウォルピスカーター

(1)ねとらぼエンタ公式Twitterアカウント(@itm_nlabenta)をフォロー

(2)告知ツイートをRTで応募完了


注意事項

  • 締切期限は2月14日正午
  • 当選者には編集部からDMでご連絡します。DMが解放されていない場合には当選無効となりますのでご注意ください
  • いただいた個人情報はプレゼントの発送のみに使用し、送付後は速やかに処分します
  • ご応募完了時点で、アイティメディアのプライバシーポリシーへご同意いただいたものと致します。応募前に必ずご確認ください


フォトギャラリー

ウォルピスカーターの著書『自分の声をチカラにする』 ウォルピスカーター 他人の歌を研究するウォルピスカーター 自著『自分の声をチカラにする』へサインするウォルピスカーター

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  7. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  8. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」