「スプラトゥーン3」が「不慣れな人に敗北のストレスを感じさせない」ことを徹底していてすごいなーと思った話今日書きたいことはこれくらい(1/3 ページ)

対戦ゲームに共通する問題。

» 2022年09月17日 20時00分 公開
[しんざきねとらぼ]

 こんにちは、しんざきです。「エイムが苦手でも多少は戦える気がする」という、非常に甘えた理由でバケツを使っています。精進いたしますのでご勘弁ください。

 はじめにこの記事の趣旨なのですが、

  • 対人戦ゲームにおける「負けたときのストレス」がなぜ問題になるのか
  • なぜ、初心者が「スプラトゥーン3」を遊んでいると「敗北のストレス」が希釈されるのか、初心者目線での感想
  • 「ナワバトラー」がおまけゲームとしては想像以上に良くできている件について

 以上となります。よろしくお願いします。

ライター:しんざき

しんざき プロフィール

SE、ケーナ奏者、キャベツ太郎ソムリエ、三児の父。ダライアス外伝をこよなく愛する横シューターであり、今でも度々鯨ルートに挑んではシャコのばらまき弾にブチ切れている。好きなイーアルカンフーの敵キャラはタオ。

Twitter:@shinzaki


 

対戦ゲームにおける「敗北時のストレス」問題

 皆さん、対人要素のあるゲームって遊びますか? 格ゲーやらデジタルカードゲームやらFPSやら音ゲーやらティンクルスタースプライツやらウォーロイドやら、まあ対人ゲームって言っても古今東西いろいろありますよね。

 しんざきも、かつて「キン肉マンマッスルタッグマッチ」でウォーズマン対策に血道を上げていたころからこっち、格ゲーを中心に対人戦はかなりの回数こなしているんですが、対人戦がCPU戦と一番違うところって、当たり前のようですが「負けたら悔しい」ってところだと思うんですよ。

 より正確に言うと、「敗北時のストレスがCPU戦よりも大きい」というべきでしょうか。

 画面の向こうに自分と同じゲーマーがいる。そのゲーマーとの勝負に、力比べに負けた。自分よりも相手の方が強かった。自分のミスを、自分の敗北を知っている人間が、画面の向こうに、あるいはWebの向こうに存在する。

 その事実だけでも床をゴロゴロ転がってしまうくらい悔しいですよね。もちろんCPUに負けても悔しいことは悔しいのですが、「人」に負けたということによる悔しさ、敗北時のストレスというものは格別なものだと思います。

 もちろん、「悔しいからこそ勝てたらうれしい」「勝ちたいから練習する」「勝ちたいからうまくなる、強くなる」というのは、ある程度やり込んでくるとむしろ「対戦ゲーの醍醐味(だいごみ)」となっていきますし、そのプロセスを良循環として消化できる人もたくさんいます。

 対戦ゲーがうまい人というのは、大体「敗北時のストレス」との付き合い方、向き合い方もうまいです。「負けた悔しさを強くなるモチベーションに振り向けることができる」って、強くなるための必須要件の一つですよね。

 とはいえ、この「敗北時のストレス」をうまく扱えず、そのゲームを早い段階でやめてしまう人、というのも数限りなくいるわけです。「全然勝てないから面白くなくてやめた」って話、よく聞きますよね? しんざきの身近でも、「〇〇ってゲーム全然勝てないからやめた」って言葉を聞く機会は多いです。

 世の中、みんながみんなバトル漫画の主人公スピリッツを持っているわけでもなし、「ゲームでまでストレスと付き合いたくない」というのはある意味当然であって、仕方ないことだと思うんですよ。「もっとやり込めば面白くなってくるのに」といっても、やり込むまでにストレスを感じっぱなしなのだとしたら、他にもっと面白いことはあるんだからそっちにいくよ、ってなっちゃいますよね。

 そういう意味で、特にゲームの入りはじめ、初心者のころの「負けたときのストレス」をどう軽減するか、というのはいろんなタイトルで共通の課題になっているんじゃないか、と想像するわけです。

 理想的なのは、「最初のうちはあんまり悔しくないんだけど、対戦に慣れて面白さが分かってきたころ、ほどよく悔しさを感じられるようになる」というデザインでしょうか。最初のハードルは低く、慣れてくると悔しさをモチベーションにできるように、というのは、一つの理想的な良循環でもあります。

 

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」