ニュース
» 2023年12月16日 11時30分 公開

事故死した息子夫婦のカフェを「オラたちでやるべな」 老夫婦の第二の人生を描いたマンガに「号泣」「親の声を聞きたくなった」と感動の嵐(1/2 ページ)

2010年、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品になった『かへ』。

[ねとらぼ]

 事故で息子を失った老夫婦の第二の人生を描いたマンガ『かへ』が「号泣」「親の声を聞きたくなった」とX(旧Twitter)で話題になり、約6.4万いいねを獲得しています。

 『かへ』は原作・藤井慶さん、作画・平井志さんによる作品。2007年にマッグガーデン社より短編集として発売された他、文化庁メディア芸術祭審査員推薦作品(2010年)に選ばれた後、全3章構成の作品としてフランスで出版されています。

 物語の始まりは、漁師のおじいさん・源次郎が、妻のおばあさん・トメの営む食堂「蟹江食堂」で仕事終わりの朝食を食べるシーンから。2人のあいだには漁師の仕事を継がず、夢を追って20年前に上京した龍太という息子がいるのですが、ある日、交通事故で夫婦ともに亡くなってしまいます。

 龍太が最期に残した言葉は「子どもと店をたのむ」。息子が経営していた「Cafe Crab Creek」がどんな店だったのか一目見ようと鍵を開けたとき、事情を知らずに店外で待っていた客たちが入店。そもそもカフェというものを知らず、周囲に「“かへ”ってなんだべ?」と聞いてしまう源次郎も、たちまち埋まった客席を見て「息子の店はこげにも大事にされていたんじゃのう……」と気付きます。

 そして、トメが気付いたのは「Cafe Crab Creek」が若い人向けのオシャレなつくりながらも、龍太や源次郎、トメにとって思い出深い蟹江食堂のような内装を取り入れていること。老夫婦は「あいつのかへ、オラたちでやるべな」と決意し、亡くなった息子夫婦に代わって、東京でカフェを経営しながら孫を育てる第二の人生を始めるのでした―――。

 「朝から嗚咽(おえつ)漏らして泣いた」「めっちゃ静かに涙こぼれた……演出と表現力と画力凄すぎて……」と感動の声が寄せられる本作について原作者・藤井慶さんにお話を伺いました。

――― 「漫画界におけるカンヌ」とも言われる「アングレーム国際漫画祭2013」で受賞するなど、高い評価を受ける本作。制作のきっかけなどはございますか?

 ふと浮かんだアイデアを書き起こすうちに、登場人物がつぶさに浮かんできて、それを作画の平井志さんが丁寧に描いてくれました。

――― 本作の制作で特に力を入れたところは?

 意識せずとも、親が子に、子が親にそれぞれ影響を与えあって生きていることが伝えたかったです。それがたとえ亡くなった後だったとしても。

――― 原作者としてこの作品への思い入れや、ご自身の中で気に入っているポイントはありますか?

 平井志さんの魂のこもった作画ですね。源次郎やトメのシワのひとつひとつに人生を感じます。

――― 読者へのメッセージをお願いします

 この物語を読んで、ご家族のことに思いをはせてもらえたらうれしいです。一言優しい言葉をかけるとか、電話をするとか。

 それから、平井志さんとのコンビでフランスで発売されていた『終恋(ついこい)』が逆輸入されて、日本でも発売されました。70代でそれぞれ連れ合いを亡くした2人が、初恋のような純粋な恋をするお話です。もしよろしければお読みください。

制作協力:藤井慶さん

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
本記事は制作段階でChatGPT等の生成系AIサービスを利用していますが、文責は編集部に帰属します。

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  6. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  9. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」