「ここでしか手に入らない」と書かれていたのに…… 角川「くじ引き堂」への不満訴える投稿に注目集まる 運営元と弁護士の見解は(1/4 ページ)

KADOKAWAが運営するオンラインくじサービス「くじ引き堂」の対応が物議を醸しています。

» 2024年02月16日 10時50分 公開
[Tomoねとらぼ]

 「ここでしか手に入らないオリジナルグッズ」と書かれていたのに――オンラインくじでゲームのグッズを購入後、同じグッズが海外で個別販売されたとして不満を訴える投稿に共感が集まっています。購入者やくじの運営元、弁護士に取材しました。

購入者が注意喚起を投稿したくじ引き堂の「コーヒートーク オンラインくじ」(画像はプレスリリースから)

日本ではランダム販売、海外では個別に購入可能

 注目を集めたのは、KADOKAWAが運営するオンラインくじサービス「くじ引き堂」で、インドネシア発のゲーム「コーヒートーク」のくじを購入したりん(@ringokun552)さんの投稿。X(Twitter)に「今後このような販売方法が無くなる事を願い」と注意喚起として投稿すると、200万回以上閲覧されました。

 くじ引き堂では、アニメやゲームのグッズをくじ形式でランダム販売しています。りんさんが同サービスで購入したのは、ゲーム「コーヒートーク」のアクリルスタンドなどのグッズが当たる「コーヒートーク オンラインくじ」(1回770円)で、2023年11月30日から2024年1月4日にかけて販売されました。

 くじの販売が終了した後の2024年1月9日、「コーヒートーク」パブリッシャーの公式SNSで、通販サイト「あみあみ」の海外サイトで同作のグッズの予約が始まったことが告知されました。グッズは(くじ引き堂運営元である)KADOKAWAブランドでの販売となっており、「コーヒートーク オンラインくじ」S〜C賞のうち、B賞以外がラインアップされています(S賞とA賞は選択して購入可能で、C賞は全種セット)。また日本からは注文できないようになっています。

 くじ引き堂のWebサイトには「ここでしか手に入らないオリジナルグッズ」とのうたい文句があり、また「コーヒートーク オンラインくじ」のプレスリリースでも「ここでしか手に入らない素敵なグッズが目白押し!」と記載されています。「ここでしか手に入らない」と記載されているにもかかわらず、海外サイトで販売されたことについて、りんさんがくじ引き堂に問い合わせると「日本国内ではここでしか手に入らないため問題はない」との回答だったといいます。

「ここでしか手に入らないオリジナルグッズ」の記載(くじ引き堂公式サイトから)
プレスリリースの記載

 りんさんは「中継代行サービスもあり個人輸入がしやすくなっている中、国内向けにのみ搾取するような形式での販売をしてくじ終了後に国外通販を後出しする悪質さは日本の消費者の足元を見ているとしか思えません」とXで訴え、消費者センターに報告したとも述べています。

 りんさんの投稿には「すごいショック」「こっちは欲しいグッズのため払いたくない外れ分のお金も払ってるのに……」「なんで海外には好きなように買わせて日本ではランダムなんだよ!」と海外との販売方法の違いへの不満を訴える声や、他の作品のグッズでも同様のケースがあったという声、「日本国内ではここでしか手に入らないなら分かりやすいように説明が必要」と景品表示法上の問題があるのではという声も見られました。

購入者「だまされたと感じた」

 ねとらぼ編集部では、りんさん、またりんさんの注意喚起の投稿に協力したAさん(匿名希望)にお話を聞きました。

 りんさんはXの投稿に踏み切ったことについて、「今回の件についてくじ引き堂にメールにて問い合わせたが、回答に納得できなかった」「今後同様の方法で販売を行うことを危惧した」ことを理由として挙げました。

 海外向けにグッズが個別販売されると知ったとき、りんさんは「国内のファンは確率で当たるかも分からない賞品のために少なくない金額を掛けているのにもかかわらず、海外向けには定価で好きな賞品を選んで購入ができることに対してとても不公平だと感じた」といいます。また、くじ引き堂のホームページ内には「ここでしか手に入らない」とあったため、だまされたと感じたそうです。

 Xで寄せられた、過去にも同様のケースがあったというコメントを見て「改善する気がないと感じた」というりんさん。今後は、「事前に海外で発売するという旨を記載するか、国内でも海外でも平等に受注販売をするようにしてほしい」と改善を望んでいると話しました。

あみあみの海外向けサイトにはくじ引き堂の「コーヒートーク」のグッズと同じアクリルスタンドなどが並んでいる(あみあみWebサイトから)
くじ引き堂の景品(プレスリリースから)

 Aさんはりんさんと同じく「コーヒートーク オンラインくじ」を購入し、くじ引き堂の対応に不満を持ったとしています。Aさんがこの件をXに投稿したことをきっかけにりんさんから連絡を受け、消費者センターへの報告方法や、注意喚起の投稿の内容などを助言したそうです。

 コーヒートークはグッズ展開が少なく、また海外から個人輸入するしかなかったという事情があり、Aさんは当初、ランダム形式での販売に対する不満はあったものの、「(日本で)グッズが買えるだけありがたい」と納得し、また「日本でしか買えない」と認識して購入していたと話しています。

 しかし海外向けに選んで買える形で販売が行われることを知り、裏切られたような気分になったといいます。「最初から分かっていれば、やや手間がかかっても個人輸入ですべてのグッズを1点ずつそろえたのに……と、とても残念でした」とAさんは語ります。

 例えばA賞のアクリルスタンドは9/100の当選確率でさらに13種の中から抽選が行われます。「お金をかけても手に入らず、国内アニメのように引く人がたくさんいるというわけでもないので、交換のあてもない人のほうが多かったでしょうし『せっかくのグッズ化だけどくじ(ランダム)だから買わない』という選択をした人もいたと思うので、この方法で誰が幸せになれたのかと、本当にやりきれない気持ちです」(Aさん)

※くじ引き堂では、例えば「S賞が当たったらその中から好きなものを選べる」という販売形式もありますが、「コーヒートーク オンラインくじ」は完全にランダムでした

 Aさんは、「個人的には日本と海外で販売方法が異なるというのはある程度仕方がない面があると思っています」としつつも、「ここでしか買えないくじ引き堂オリジナルグッズ」としてPRしたものを、販売期間が終了した後に別の販路でよりよい条件で販売したことを問題に感じているといいます。

 あみあみでの海外向け販売は日本への発送はありませんが、Aさんにとっては、輸入代行などを利用して海外から購入するのは、当選確率9%のアクリルスタンドを13種くじでコンプリートするより「低いハードル」だといいます。「輸入代行なんかやったことないし自分はくじでいい、という感覚の方もいると思います。『輸入代行のような手間を踏んででも選んで買う』と『ハードルと感じるので不確定でもくじで買う』の選択肢が事前に開示され、ユーザー側で選択できるのが公平な取引ではないかと考えます」(Aさん)

くじ引き堂のアクリルスタンド(くじ引き堂Webサイトから)
海外向けに販売されている同じアクリルスタンド。日本には配送しないと記載されている(あみあみのWebサイトから)

 くじ引き堂に望むことについて、「希望者に返金した上で、あみあみでの通販を日本も対象内にして仕切りなおしてほしいというのが本音です」とAさん。「ここでしか手に入らない」とのPR文言について不当表示ではないかとくじ引き堂に問い合わせたところ、国内ではここだけなので問題はないといった返答があったといいます。「せめて『国内ではここだけ』の表記に改め、欲しい人が欲しい商品を常識的な金額で手に入れられるようなシステムになるといいなと思います」とAさんは語っています。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/21/news011.jpg 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. /nl/articles/2404/21/news005.jpg 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  3. /nl/articles/2404/22/news028.jpg 0歳双子を19時15分に寝かせ続けたママ→1年後…… メリットだらけの挑戦記録に「偉い&すごい!」「寝る子は育つ、その通りですね」
  4. /nl/articles/2404/16/news027.jpg 中古軽自動車をキャンピングカー仕様にして日本一周するカップル 車内で料理中、思わぬアクシデントが…… その後の姿に「すごい」「尊敬します」
  5. /nl/articles/2404/22/news122.jpg 「あの頃の橋本環奈すぎる」21歳の無名アイドル、幼少期ショット公開で再びどよめき「凄い完成してる」「美少女の片鱗が見えすぎてる」
  6. /nl/articles/2404/21/news013.jpg 【今日の計算】「101×99」を計算せよ
  7. /nl/articles/2404/22/news026.jpg ご機嫌でルンルンステップを踏む柴犬、それをパパがまねすると…… ルンルンはひとりで楽しみたい派の塩対応に「めっちゃ可愛い」と100万表示
  8. /nl/articles/2308/31/news023.jpg 庭の草刈り中に小さな卵を発見、孵化させてみたら…… 命の誕生の記録に「すごい可愛い!」「すてきな家族」
  9. /nl/articles/2404/21/news029.jpg 飼い主を引っかいてしまった黒猫“自分の犯した過ち”に気が付いて…… いつもと違う行動に「反省してるのが分かる〜!」と190万再生
  10. /nl/articles/2404/22/news020.jpg 「飼い主ビビる」猫たちに猫草をあげたら……“ちがうもの”を食う1匹の姿が182万表示! 予想外の展開に「ちょっww」「狂気を見た」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」