「学校で見た」「おばあちゃん家にあった」 実は90年の歴史、玄関先でよく見る“例のマット”の今を聞く(1/3 ページ)

昔ながらの超ロングセラー屋外マット。

» 2024年03月17日 11時15分 公開
[ねとらぼ]

「学校やおばあちゃんの家にあった、この懐かしいマットの名前は『タンポポマット』」――清掃道具の老舗メーカー「テラモト」がX(Twitter)でアピールした投稿が2万件を超えるいいねを集めて話題になった。みんながどこかで見たことがあるけど、商品名もメーカー名も分からないという現状を打破したいという狙いでの投稿。ねとらぼ編集部はその現状を聞いた。

 確かに見たことはあっても「あの泥とか落とすマット」や「たわしマット」などと呼ばれることが多い「タンポポマット」は、テラモトが実施したアンケートでも「タンポポマット」と知っていたのはおよそ9%ほどで、「泥落としマット」が46%、「たわしマット」が34%という結果だった。恥ずかしながら筆者も知らなかった。

タンポポマット 靴底の土砂、雪を金属ワイヤーとブラシできれいに落とせるのが特長。でも、なんでタンポポ?

「タンポポマット」の歴史

 「タンポポマット」の歴史は古い。戦前、テラモト創業者である寺本信一郎氏が奉公先で見かけた輸入品のマットから着想を得て販売権を取得、「ワイヤーマット」(昭和2年・1928年)を発売したのが始まりだった。泥汚れをもっとよく落とす方法を試行錯誤した結果、創業者の生まれ故郷・和歌山県の名産品である棕櫚(シュロ)の繊維を加工して棒状にしたブラシをスチール製の枠と網目に編み込んだ「新案マット」(昭和7年・1932年)を発売した。その後、戦時下の資源不足から鉄線を使用したマットの製造ができなくなったが、戦後まもなく踏まれ続けるブラシの耐久性を向上&除塵能力維持の観点から改良を行った結果、「タンポポマット」(昭和26年・1951年)が誕生した。

タンポポマット タンポポマットがある風景

 「タンポポマット」は靴底の土砂や雪を金属ワイヤーとブラシで綺麗に落とせるとして人気商品に。当時は舗装されていない道路も多く、建物に入る前に靴底の土砂を落とせると重宝した。また、土足のままであがる洋風建築が増えていったという時代背景もあり、全国に普及していく。しかし、時代が進むにつれて求められるニーズも変化し、タンポポマットを利用する機会は減ってしまったという。それでも愛用者は多く、現在でも建設現場や農場、降雪地域で活躍している。

タンポポマット 生活に溶け込んだタンポポマット。気が付くとあなたのすぐそばに

なんで「タンポポマット」?

 ちなみに、「タンポポマット」の名前の由来は、「日本中の道端にきれいな花を咲かせるタンポポのようにこのマットも日本各地で愛され、花開くように」との願いを込めて名付けられた。また、「タンポポのように踏まれてもへこたれない」という商品の丈夫さをPRする狙いも込めた。ただし、タンポポマットのデザインは変わっていないが、特にタンポポに由来したものではないという。

 テラモトはねとらぼ編集部の取材に利用者は減っているとはいえ、「お声がけいただける限り、(タンポポマットの)製造を続けていく所存です」と販売を継続していくことを明言している。なお、ネットでも購入可能。現在は360×600、450×750、600×900のサイズで展開しており、3300円から8030円で販売されている。

 テラモトでは靴裏の土砂を落とすマットはタンポポマット以降樹脂製になり、タンポポマットをプラスチックのフレームにした「テラマットダイヤ」や、除塵効果の高いすべてプラスチック製の「テラロイヤルマット」、サイズを自在に組み立てられるユニット式の「ナイロンブラッシュ」など用意している。

 また、デザイン性に優れた生活用品ペット用品も取り扱っている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/15/news019.jpg 4カ月赤ちゃん、おねむのひとり言が止まらず…… 心とけそうなおしゃべりに「とてつもなく可愛すぎる!」「ウルウルした」
  2. /nl/articles/2404/15/news020.jpg 1歳妹が11歳姉に髪を結んでもらうやさしい光景が160万再生 喜ぶ妹のノリノリのリアクションに「可愛すぎて息できない」「ねぇね髪の毛結ぶの上手」
  3. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  4. /nl/articles/2404/14/news013.jpg 海岸を歩いていたら「めっちゃ緑のヨコエビがおって草」 作りものと見まごうほどの色合いに「ガチャの景品みたい」と驚きの声
  5. /nl/articles/2404/11/news165.jpg 遊び疲れた子猫を寝かしつけてみた 絵本のような光景に「きゃーあ」「可愛すぎて変な声出た!」
  6. /nl/articles/2404/15/news014.jpg 100均大好き起業ママが「考えた人天才すぎる」と思わず興奮 ダイソー&キャンドゥの優秀アイテム5選が参考になりすぎる
  7. /nl/articles/2404/15/news103.jpg 「ケンタッキー」新アプリ、不具合や使いづらさに不満殺到…… 全面的刷新も「酷すぎる」「歴史に名を残すレベル」
  8. /nl/articles/2404/15/news038.jpg ダイソーの材料を“くっつけるだけ”で作れる、高見え「カフェコーナー」 今流行りのジャパンディな風合いに「天才的に美しい」「まねする!」
  9. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  10. /nl/articles/2404/15/news021.jpg 下っ腹に合わせて購入したGUデニムで50代女性に悲劇→機転を利かせたコーデに称賛!! 「笑って楽しんで60代、70代を迎えたい!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」