わんぷりに猫組コンビ「ニャンダフルプリキュア」登場 子どもから大人まで心をつかむ「猫キュア」の歴史(1/2 ページ)

公式には犬組が「わんだふるぷりきゅあ」(ひらがな)、猫組は「ニャンダフルプリキュア」(カタカナ)のようですね。

» 2024年06月27日 18時00分 公開
[kasumiねとらぼ]

 2024年6月、「わんだふるぷりきゅあ!」にキュアニャミー、キュアリリアンの猫組コンビ「ニャンダフルプリキュア」が加入しました。ようやくの加わったこの2人、今後の活躍が楽しみですね。

 プリキュアシリーズには他にもたくさんの魅力的な「猫キュア」が登場してきました。その歴史を振り返ってみましょう。

プリキュア 4人そろった「わんだふるぷりきゅあ!」

kasumi プロフィール

プリキュア好きの会社員。2児の父。視聴率などさまざまなデータからプリキュアを考察する「プリキュアの数字ブログ」を執筆中。2016年4月1日に公開した記事「娘が、プリキュアに追いついた日」は、プリキュアを通じた父娘のやりとりが多くの人の感動を呼び、多数のネットメディアに取り上げられた。


4人そろった「わんだふるぷりきゅあ!」

 2024年6月9日放送の第19話「キュアリリアン、誕生!」で、ついに4人目「キュアリリアン」が初変身しました。変身したのは「猫屋敷まゆ」。引っ込み思案のまゆちゃんの飼い猫「ユキ」への強い思いからの初変身は心打たれるものがありました。

プリキュア 4人目「キュアリリアン」は猫屋敷まゆが変身する

 これで「わんだふるぷりきゅあ!」もようやく4人のプリキュアがそろいました。キュアリリアンは初期からビジュアルが公開されていたため、早く変身しないのかとヤキモキしていた人も多かったかと思います。

 この6月9日(第19話)でのキュアリリアン加入は「初期ビジュアルから公開されているプリキュア」の加入としては、最も遅い追加キュアとなりました(これまでは「ひろがるスカイ!プリキュア」(2023年)のキュアバタフライの6月4日)。

 「トロピカル〜ジュ!プリキュア」(2021年)の追加キュア「キュアラメール」は17話、「デリシャスパーティプリキュア」(2022年)の「キュアフィナーレ」は第18話で追加となったことを思うと、第19話でのリリアンの加入は、ほぼ「追加プリキュア」と同じ時期の加入となっています(つまりリリアンは「初期プリキュアの加入が遅い」というよりも「追加プリキュアが最初から公開されている」感じですね)。

プリキュア ネコのユキが変身する3人目「キュアニャミー」

 春にオールスターズ映画がなくなったことにより早期に無理に加入させる必要もなくなり、加入までの人間関係をじっくりと描くこともできるため、わんぷりでも猫屋敷まゆと猫のユキの関係性が濃密に描かれた上での2人の初変身は大きなカタルシスとなりました。

「猫組」の人気が高い

 「わんだふるぷりきゅあ!」は4人のプリキュアが、飼い主とペットのコンビで犬組(「わんだふるぷりきゅあ」=キュアワンダフル、キュアフレンディ)と猫組(「ニャンダフルプリキュア」=キュアニャミー、キュアリリアン)に分けられ、犬組は明るく元気なコンビ、猫組はお姉さんコンビとなっています。

プリキュア わんぷりは犬組と猫組に分けられる(出典:Amazon.co.jp

 新しく追加されたニャミー、リリアンの猫組コンビ、「ニャンダフルプリキュア」は、子どもたちにも大人気となっているようで、2人の変身アイテム「シャイニーキャッツパクト」は東京玩具人形協同組合が運営する「おもちゃ情報net.」の、女の子おもちゃの週間ランキングで発売から4週連続で1位を獲得。さらに一部店舗やネット通販でも品切れで一時期入手が困難になるなど大好評となっているようです。

プリキュア 大人気となっているシャイニーキャッツパクト(出典:Amazon.co.jp

 また「猫組」は、ニャミー、リリアンともに初変身時はX(Twitter)のトレンドで1位となり、数多くのファンアートが描かれるなど大人にも大人気に。猫が変身したり猫をモチーフとしたりといった、いわゆる「猫キュア」はやはり人気が高いようです。

児童誌の表紙を飾ったキュアマカロン

 「キラキラ☆プリキュアアラモード」(2017年)に登場した、高校生「琴爪ゆかり」が変身する猫キュア「キュアマカロン」も当時の子ども人気はすさまじいものがありました。

プリキュア 子どもに大人気だったキュアマカロン(出典:Amazon.co.jp

 お姉さんプリキュア、ミステリアスな雰囲気、ロングヘア、紫色、強いといった子どもたちに人気の出る要素を多く兼ね備えたキュアマカロンは、当時の子どもたちをとりこにしました。

 そのあまりの人気っぷりに、当時の児童誌では、キュアマカロンがキュアホイップと一緒に大きく表紙を飾ることとなるのです。

プリキュア 児童誌でキュアホイップと表紙を飾るキュアマカロン(出典:Amazon.co.jp

 4人目のプリキュアが主人公と一緒にならんで表紙を飾るのは異例なことです。

 子ども人気の高い追加プリキュア「キュアパルフェ」が登場した後でも、ホイップ、パルフェ、マカロンの3人で児童誌の表紙に大きく登場することもあり、キュアマカロンの当時の子ども人気のすごさがうかがえます。

 「キラキラ☆プリキュアアラモード」のプロデューサー神木優氏も当時のインタビューで「数字としてここまで跳ね返ってきたのは驚きだった」とキュアマカロンの人気について語っています。

プリキュア 追加キュア(キュアパルフェ)登場後もキュアマカロンが表紙に(出典:Amazon.co.jp

 そして、この「ミステリアスなお姉さん猫キュア」、キュアマカロンは子どもだけでなく大人にも人気が高く、プリキュア専門ショップ「プリティストア」で発売されたキュアマカロンのグッズは軒並み売り切れが続きました。

 余談ですがこのキュアマカロンとコンビを組むことが多かった犬をモチーフとした「キュアショコラ」は子どもたちはもちろん、当時の大人のお姉さま方にも大人気となっていました。マカロンとショコラの関係性は当時の大人のプリキュアファンにも注目の的となり、後に「ヒーリングっどプリキュア」のキュアグレース役を演じる声優の悠木碧さんも、このキュアショコラにハマっていたことはプリキュアファンの間でも有名なお話となっています。

プリキュア キュアショコラとキュアマカロンの関係性も話題に(出典:Amazon.co.jp
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  2. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  3. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  4. /nl/articles/2407/19/news021.jpg 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2407/18/news032.jpg ヤマト運輸から届いた“予告状”に7万いいね 逆怪盗キッドという発想に「オモロすぎる」「センス良すぎて笑ったwww」
  6. /nl/articles/2407/14/news001.jpg 「結局、ホテルの布団はキレイにしたほうがいい?」 ホテル従業員の回答を覚えておきたい
  7. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  8. /nl/articles/2407/17/news033.jpg 「保育園の先生に褒められまくってる」 息子のために義母が作ってくれたズボンが「センスある」「かわいい」と大人気
  9. /nl/articles/2407/19/news133.jpg そういうことか……! 道で見つけた“JPEG画像”みたいなフタ → 意味が分かると笑っちゃう例えに「うまいww」「センス良すぎ」
  10. /nl/articles/2407/18/news161.jpg 「笑ったww」「とんでもねぇ」 AIの指示通りにメイクしてみたら……? 衝撃すぎる仕上がりに爆笑「1周まわって芸術」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」