まとめ
» 2014年09月22日 07時00分 公開

新iPhoneで情報収集するのなら外せない定番ニュースアプリ5選毎日お世話になってます

ニュースアプリは定番アプリがたくさん! しかしもはや1社の記事を読むだけ、というのは時代遅れだ。多くの記事を効率的に集め、読める、そんな定番アプリ5本をご紹介。

[小林誠,ITmedia]

 最近のニュースアプリの定番といえば、異なる提供元から記事を収集してまとめて読めるキュレーション型だ。これはSmartNewsとGunosyが2大サービス。ただ似たり寄ったりで、被っている記事や量も多いので読んでいるだけ、で終わることも……。もっと自分らしい見方、使い方ができるアプリも含めて、活用したいニュースアプリ5本を決めてみた。

1位:オフライン時でも記事が読めるのが便利な「SmartNews」

 2位の「Gunosy」とニュースアプリの双璧。オフライン時でも「Smart」モードなら記事の文章を読めるのが便利で、電車で移動中に通信が途切れがち、といったときもストレスなく読める。購読チャンネル数や通知回数ではGunosyに劣るものの、筆者の場合、電池消費を抑えるために通信を切ることも多いので利用頻度が多く、1位はこちらとした。

2位:圧倒的な情報量で追随を許さない王者「Gunosy」

 当初はSNSの情報から自分向けの記事を収集することで人気に。今ではパズドラのような人気ゲームの攻略情報のまとめサイトまで扱う購読可能媒体数の多さで魅力のアプリ。電波圏外時の対策が弱いが、1日4回の通知や、メールアドレスを登録すれば1日に2回メールで推薦記事を配信する機能があり、話題の記事の読み忘れを防ぐことができる。

3位:話題の出来事のSNS上の反応が分かる「NewsPicks」

 SNSとの連携がもっとも効果的なニュースアプリではないだろうか。最新のテクノロジー、ビジネス分野のニュースと著名人のSNSのコメントが同時に確認できる。また各媒体の有料情報も月1500円の定期購読で同時に得られる。ゴシップ記事を廃し、仕事に使える情報を得られ、さらにSNSによる様々な見方でニュースを多角的に考えられる。

4位:朝刊のようにニュースをチェックする「Yahoo!ニュース」

 地域設定をすることで、自分の地域のニュースを自動的に配信し、天気予報も表示してくれるなど、朝刊のように朝起きたら見たくなる。また「Yahoo!ニュース BUSINESS」というアプリもあり、ビジネス向けの硬い記事が集まる。こちらはキーワードを追加して記事を収集する機能もあるので、自分に必要な分野の記事を効率よく読める。

5位:気になるキーワードで記事を集める「ニュース!」

 あらかじめ気になるキーワードを登録しておくことで、関連した記事を収集できるアプリ。定番というか、この手の数多くあるアプリの代表として取り上げた。他のアプリではキーワードで収集する機能は有料の場合もあるが、本アプリは無料でいくつも登録可能。また非常にシンプルなデザインなので、他のニュースアプリのUIが鬱陶しいと感じたら使ってみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」