連載
» 2015年01月14日 00時15分 公開

「Runtastic for docomo」の限界を感じた4週間(4)やせる(?)アプリ、試します

トレーニングアプリ「Runtastic」を4週間使い続けた。途中風邪を引いたし、クリスマスや正月といったイベントもあった。それでもかなり歩いたのに……残酷な腹が待っていた。

[小林誠,ITmedia]

 トレーニング特化型アプリ「Runtastic」を使い始めて4週間が経過し、私の腹はどうなったか? はっきり言うとゆるんだままで太った。筆者の体重は82キロから様々なダイエットを駆使して77キロ台まで減り、79キロ前後で安定していたが、Runtastic4週目で完全にリバウンド。82キロを再び超え始める日も出てきた。最後の記事では失敗の原因を考えてみよう。

(左)結局、いろいろやってみたがダイエットは失敗となった。(右)4週目にも新記録を出していたのだが……

Runtasticでダイエットが失敗した原因は……「食事」

 「Runtastic」(筆者の場合は「Runtastic for docomo」)を4週間使ってきて感じたことは以下の通り。

Runtastic for docomoのまとめ

良い点

  • さまざまな運動の記録が可能
  • 複数のアプリを一括管理
  • 操作はシンプル

悪い点

  • 食事の記録がない
  • 筋トレのモチベーションが上がらない
  • ポイントがいつまでも取得できない
  • 中断したときに気付かない
  • 自動的に記録されないので忘れる
  • 英語の音声が無駄

 分かってはいたが良くも悪くも「Runtastic」は運動する人のためのアプリだ。トレーニングの記録に関しては、シンプルで分かりやすく、使いやすいと感じた。とくに筆者の場合、ウォーキングが中心だが、歩いたルートや歩行ペースの確認は便利。

 スクワットをはじめとした筋トレのアプリのデータも、PCサイトで一括管理しており、豊富なデータはトレーニングが好きな人ならありがたく感じるだろう。

(左)ウォーキング後に自分のペースを確認できるのは便利。(右)運動が好きな人なら他の人のコースを参考にしてトレーニングも可能
PCサイトの管理機能は非常に優秀だが、筆者のレベルでは使いこなせない……

 だがダイエットの場合、食事の管理こそ非常に大事。運動をすると余計に腹が減り、逆効果ではと思うこともしばしばある。

 せめて簡単な食事の記録機能くらいあればよいのだが。もちろん読者の皆さんは食事管理のアプリを別にインストールすればよいが、複数のアプリを使っていると面倒になる可能性も。

 また筋トレアプリは「オマケ」の感じがしてならない。もちろん工夫はある。トレーニングの回数を複数に分け、インターバルの時間も十分に設ける、タップすればすぐにトレーニングを続行できるなど。しかし「Runtastic GPS ランニング&ウォーキング」と比べると、わざわざこのアプリでなければ、という理由がない。

 とくに「Runtastic for docomo」の場合、トレーニング量によって「ドコモポイントがもらえる」というのも大きなメリットだが、現在のところ対応しているトレーニングはランニングとサイクリングだけで、ウォーキングや筋トレは無関係。モチベーションはまったく上がらない。

(左)スクワットのアプリ。筋トレのアプリはこのようにシンプルだ。(右)スマホを利用して回数を計測する腕立て伏せといった、工夫はある

 またウォーキング時も、店に立ち寄ったり、地下を歩いたりすると記録が中断することがある。それに気付かないばかりか、手動で再開しないといけないので、忘れたまま歩き続けることが多発。これに気付いたときのグッタリ感が凄まじい。「今まで歩いたの無駄かよ〜」と嘆くことになる。

 またアプリを起動しないと記録されないので、忘れていることも多い。このあたりは筆者が最近ウェアラブルギアを試しているので、それに慣れてしまい、いちいちアプリを起動するのが面倒になってきたというのもある。

 加えて、トレーニング時に英語の音声が流れるが、ハッキリ言って邪魔だ。周りに人がいるときはドキッとするし、音量を下げるか、マナーモードにしてしまう(このせいでウォーキングの記録が停止しても気付かないわけで)ので、なくてよい。

 ひとつひとつは些細なことだが、バタバタと忙しい年末年始に重なり、トレーニング、ダイエットは挫折、失敗したと言ってよいだろう。

 ただし年も明け、しばらくは大きなイベントもないはず。読者がダイエットをやり直す、あるいは正月太りの解消に始めるというのであれば、これからしばらくは「Runtastic」を続けやすいのではないだろうか。

4週目の初日(左)と最終日(中)。これでも太ってきたことが分かるが、1週目の初日の写真(右)も見てみると、かなりリバウンドしたことが分かる

 なおアプリを使ったダイエットはこれでひとまず終了。次回からダイエットと並んで現代人の悩み事である「快適な睡眠」を求めて、さまざまなテストを行っていくので、そちらも引き続き読んでいただければ幸いだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」