ニュース
» 2008年08月22日 16時19分 UPDATE

ねとらぼ:紙の絵本を“デジタル化” 音を付けたりアニメ化できる「えほんスタジオ」

紙の絵本をスキャナで取り込んで“デジタル絵本”を作り、効果音を付けたりアニメにできるソフトを、河合楽器が発売する。

[ITmedia]
画像 アニメ演出作成画面

 手持ちの紙の絵本を“デジタル絵本”に――河合楽器製作所は、絵本をスキャナで取り込み、効果音や動きを付けて楽しめるソフト「親子でわくわく えほんスタジオ」(1万5750円)を9月24日に発売する。

 紙の絵本をスキャンするかデジタルカメラで撮影し、画像としてPCに取り込むと、PC上でページをめくるようにして読むことができる。

 BGMや効果音を付ける機能もあり、雷のシーンで雷鳴をとどろかせたり、犬のイラストをクリックすると「ワンワン」と吠えたり――と場面を盛り上げることができる。BGMは165曲、効果音は304種類から選べる。

 音声を吹き込むこともでき、録音した朗読音声を、絵本をめくりながら再生するといったことが可能だ。


画像 アニメ効果を付けられる
画像 ソフトのパッケージ

 絵本のイラストにアニメ効果を付け、動画にできる機能を備えた。主人公のイラストをジャンプさせたり、ズームしたり、絵本の特定のシーンに雨や雪が降らせるなど、50以上の効果を組み合わせ、絵本を“動かす”ことができる。

 できあがった“絵本動画”をDVDに書き込んでテレビで視聴したり、絵本の画像を印刷してぬり絵に使うといった活用法もある。作ったデジタル絵本は、家庭内で私的に利用する限り、著作権法上問題ないとしている。

 2〜4歳の子どもを持つ親などを対象に販売し、初年度は3000本の販売を見込む。

関連キーワード

絵本 | アニメ | ねとらぼ | アニメ化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう