ニュース
» 2011年04月07日 19時40分 UPDATE

Kinectを外科手術に活用 カナダの医療チームが導入

カナダの医療チームが手術現場にKinectを導入した。執刀医は手術中に無菌領域を離れずにMRIやCTスキャンの画像を確認できる。

[ITmedia]

 カナダのトロント大学の研修医とサニーブルック・ヘルス・サイエンス・センターのがん外科医からなる医療チームが、Xbox 360用モーションコントローラ「Kinect」を手術現場に導入した。執刀医は何にも触れずにジェスチャーだけで患者の画像を確認できるため、作業負担を減らせるという。

 がんなどの外科手術では、執刀医がMRIやCTスキャンの画像を確認しなければならないことがあるが、そのためには無菌領域の外にあるコンピュータ機器を操作しなければならない。このため執刀医はたいてい、無菌領域の外にいる助手に機器の操作を指示している。

 同チームのシステムは、Kinectを使って執刀医の動きをトレース。身振り手振りでMRIやCTスキャン画像を操作したり、拡大・縮小したりできるようにした。執刀医は無菌領域を離れず、機器に触れることなく、自ら直接画像を操作可能だ。

ky_kinect_0407_1.jpgky_kinect_0407_2.jpg

 システムを開発したのはトロント大学の外科研修医マット・ストリックランド氏とメカトロニクスエンジニアのジェイミー・トレメーン氏、コンピュータエンジニアのグレッグ・ブリッグリー氏の3氏。この技術をあらゆるタイプの手術に活用する取り組みを進めるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!