ニュース
» 2011年04月26日 07時00分 UPDATE

エジプトの英雄になったGoogle幹部、長期休暇取り貧困との闘いへ

エジプトの反政府デモに参加して治安当局に拘束されたGoogle幹部が、同社を一時離れることにした。貧困や教育の問題に取り組むためだ。

[ITmedia]

 エジプトで英雄になったGoogle幹部ワエル・ゴニム氏が、同社を一時離れることを明らかにした。貧困と闘うとしている。

 ゴニム氏はエジプト出身のGoogleの中東地域担当マーケティング責任者。同国で1月に同国で起きた反政府デモに参加し、一時治安当局に拘束され、10日あまり後に解放された。同氏はこの出来事で英雄として注目されるようになり、Time誌の「世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた

 同氏は4月24日、長期休暇を取ってテクノロジー系のNGO(非政府組織)を立ち上げると自身のTwitterで明らかにした。貧困と闘い、教育を振興するためとしている。Twitterでは、シリアなど中東地域で起きている反体制デモに呼応した世界的な抗議運動を行う意向も示している。

関連キーワード

エジプト | Google | 貧困 | 反政府 | Twitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう