ニュース
» 2011年06月08日 19時40分 UPDATE

iSpaceship?:Apple、宇宙船っぽい新オフィスを計画

スティーブ・ジョブズ氏が、Appleの新オフィス計画を披露した。「着陸した宇宙船のようだ」という。

[ITmedia]

 米Appleのスティーブ・ジョブズCEOが、宇宙船のようなApple新オフィス計画を披露した。

 同氏は米カリフォルニア州クパチーノの市議会に出席し、議員らに新オフィス計画を説明した。巨大な建物に、1万2000人の社員を収容するという。


ah_apple.jpg 市議会に出席したスティーブ・ジョブズ氏
ah_apple2.jpg 左側の緑の部分が現オフィス。右側が新オフィス

 新オフィスは現本社と同じクパチーノに置き、2015年に移る。用地は既に取得済みだ。オフィスはドーナツ型をしており、真ん中に中庭がある。「着陸した宇宙船のようだ」と同氏は言う。

ah_apple3.jpgah_apple4.jpg
ah_apple5.jpgah_apple6.jpg

 環境にも配慮し、キャンパス内の緑地は現在総面積の20%だが、新オフィスでは80%に増やす。駐車場はほとんど地下に置く。敷地内の木も3700本から6000本に増やす。また天然ガス発電機を主な電源に使うという。

関連キーワード

Apple | スティーブ・ジョブズ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!