ニュース
» 2012年06月12日 11時21分 UPDATE

シンガポールのベイエリアに人工の大樹がにょきにょき

特に朝夕のシルエットが美しい。ちょっとシンガポール行ってくる!

[ITmedia]

 まるで巨木が枝を広げたようなフォルムが印象的な施設が、シンガポールにオープンしようとしています。

画像 「Gardens by the Bay」のスーパーツリー。観光の目玉となることでしょう

 スーパーツリーと呼ばれるもので、「Gardens by the Bay」内の本物の木々の中に建っています。ツリー周辺には飲食店などが並ぶ予定で、イベントも催されるようです。

 「Gardens by the Bay」は、シンガポール政府が約10億ドルの巨費を投じて建設している自然公園で、船を乗せたような形で有名なマリーナ・ベイ・サンズよりほど近い場所に建設が進められています。エリア内には13万株の草花を見ることができるフラワードームやビオトープなどを用意。2015年にはすべての施設が完成する予定ですが、ひとまず6月29日にフラワードームを含む一部施設をオープンする運びとなりました。なお、施設はマリーナ・サウス、マリーナ・イースト、マリーナ・セントラル(マリーナ・センター)の3つで構成されており、6月29日にオープンするのはマリーナ・サウスのみだそうです。

画像

画像

画像

画像

画像

関連キーワード

シンガポール | 政府 | 観光


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう