ニュース
» 2014年06月23日 08時00分 UPDATE

取り壊される校舎を巨大キャンバスに 最後の思い出づくり、ぺんてるとキヤノンMJがサポート

児童が壁などに描いた絵をポスターにしたり、製作過程をフォトブックで残したりします。

[ねとらぼ]

 ぺんてるとキヤノンマーケティングジャパンは、建て替えや統合により取り壊される小学校の校舎での思い出づくりをサポートする「校舎の思い出プロジェクト」を6月28日にスタートする。児童に校舎の壁などに絵を描いてもらい、大盤ポスターにして学校へ寄贈する。児童自らカメラマンとなって制作過程を撮影し、フォトブックも作成する。

画像

 現在、第2次ベビーブームに建築された築25年以上の公立小中学校は約7割あり、文部科学省は施設の老朽化対策を進めている。建て替えには最低2年はかかり、高学年の生徒は通った学校で卒業できないというケースもあるという。そこで両社がそれぞれの得意分野を生かし、最後の思い出づくりをサポートする。

 第1弾として、6月28日に豊島区立池袋第三小学校でイベントを実施。全校児童、保護者、卒業生、近隣住民が校舎の外壁に絵を描く予定だ。これを皮切りに今後、東京都近郊の小学校から順次実施していくとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー