ニュース
» 2014年07月08日 09時22分 UPDATE

1台で揚げ・炒め・煮込みができるティファールの自動調理器「アクティフライ」日本上陸

世界で700万台の販売実績をもつ自動調理器が、日本の料理向けに機能を強化して発売。

[ねとらぼ]

 揚げる、炒める、煮込むといった多彩な料理が1台で自動調理できるティファールの調理器「アクティフライ」を、今秋に国内でグループセブ ジャパンが発売する。

画像

 アクティフライには、食材をムラなく加熱する「熱風循環調理」と、パドルの回転で食材をムラなく混ぜ合わせる「自動かく拌(はん)調理」の機能が備わっている。3つの自動調理モードのどれかを選ぶことで、事前に設定された調理温度・パドル回転数で1つ1つの料理を最適に調理。世界で700万台の販売実績をもち、このたび日本で普段よく食べられる料理に合わせて機能をさらに強化したものが販売される。

画像 アクティフライ。1台で、揚げ・炒め・煮込みなどが自動調理できるぞ

画像 調理イメージ

 「揚げる」モードは2段階の温度と回転で調理し、とんかつや唐揚げなどカラッと揚げたい料理に使用。「炒める」モードは常に高速で回転し、焼きそばやチャーハンなど炒めたい料理に適している。「煮込み、その他」モードでは高温でゆっくり回転。キーマカレーやビーフストロガノフといったゆっくり火を通す料理に使用する。

 また最大99%もオイルカットするなど、少ない油で調理できるので揚げものがヘルシーに作れる。中は取り出せて使いやすいセラミックコーティングのフライパンになっており、調理の様子が一目でいる透明ぶたが付属。ほかにも操作の見やすい液晶パネルなど、料理にうれしい機能はさまざまだ。

 和洋中や肉・魚・野菜料理、サイド・おやつに至るまで31レシピを含んだオリジナルレシピブックも付いて、希望小売価格は4万7037円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう