ニュース
» 2015年07月27日 14時03分 UPDATE

調布市の小型機墜落事故について市長がコメント 再発防止策が構築されるまで自家用機の発着自粛を要請

同市はこれまでも安全対策の徹底と自家用飛行機の使用削減を強く要請していたとし、遺憾の意を表明。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 7月26日、調布飛行場から離陸した自家用飛行機が住宅街に墜落した事故について、長友貴樹調布市市長がコメントを発表しました。以前から飛行場の管理者である東京都に対して、自家用飛行機の使用削減の要請などを行っていたとしたうえで、遺憾の意を表明しています。


画像

 今回事故を起こした自家用飛行機は離陸から2分後、午前11時ちょうどに富士見町の住宅地に墜落。住宅3棟、自動車2台が燃え、付近の住宅にも被害が及びました。3人(うち住民1人)が死亡し、5人がけがをしたと報じられています(関連記事)。

 この事故について市長は、これまでも調布飛行場の管理者である東京都に対して、安全対策の徹底・自家用飛行機の使用削減を強く要請してきたと訴えています。「今回のような事故が起こったことは誠に遺憾」であるとし、事故原因が明らかになり再発防止策が構築されるまで、自家用飛行機の発着自粛を強く要請するとしています。

 被害者に対しては、飛行場の安全な利用を求める立場として「今回の事故を大変重く受けとめるとともに、事故でお亡くなりになった方のご冥福をこころよりお祈り申し上げます」とコメント。市としてできるかぎりの支援を行うとしています。

画像 調布市市長がコメント

マッハ・キショ松

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう