ニュース
» 2016年11月25日 12時34分 UPDATE

仙台市で「ポケモンGO」をプレイしながら走行していた市営バスが衝突事故 宮城交通に運行業務を委託

回送中で、負傷者は発生しませんでした。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 仙台市で市営バスのドライバーが「Pokemon GO」(ポケモンGO)をプレイしながら走行し、街路樹と衝突する事故が起きていたことが発表されました


画像 「ポケモンGO」をしながら走行していた市営バスが衝突事故

 事故が発生したのは、10月18日午後6時半ごろ。43歳の男性乗務員が「ポケモンGO」のゲーム画面に気を取られ前方確認を怠ったことから、市営バスは街路樹に衝突。バス、街路樹ともに破損しましたが、回送中で負傷者は発生しませんでした。

 11月24日、東北運輸局宮城運輸支局は、乗務員が所属する東仙台営業所に臨時監査を実施。仙台市交通局は運転中の携帯電話の操作が道路交通法で禁止されていることを踏まえ「事故を起こしたことは、市民の皆さまの信頼を裏切る行為であり、深く反省するとともに心よりお詫び申し上げます」と謝罪。至急、再発防止策をまとめる方針を明らかにしています。

 同営業所の運行業務を受託していた宮城交通も謝罪のコメントを発表し「全社を挙げて再発防止に取り組んでまいります」としています。


画像 運行業務を受託していた宮城交通も謝罪

マッハ・キショ松

関連キーワード

仙台 | 事故 | 宮城県 | 謝罪 | ポケモンGO


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー