ニュース
» 2017年05月15日 20時00分 UPDATE

2体でルークを見つけられる? ブルーマップの結合を再現できる「BB-8」と「R2-D2」のプラネタリウムが発売

「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のワンシーンをお部屋で。

[宮原れい,ねとらぼ]

 セガトイズは、映画「スター・ウォーズ」に登場するキャラクター「BB-8」と「R2-D2」の家庭用プラネタリウムを発売。さらに2体を合体投影することで「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のワンシーン、“ブルーマップの結合”を再現できます。


スター・ウォーズ プラネタリウム HOMESTAR BB-8 R2-D2 劇中のシーンを家庭で体験……!

 行方不明になっていたルーク・スカイウォーカーの居場所を示す宇宙地図「ブルーマップ」。同作中ではBB-8とR2-D2がそれぞれ示す地図を重ね合わせることで判明する、物語のキーとなっていましたが、そのシーンをそのまま自宅の部屋で再現することができます。


スター・ウォーズ プラネタリウム HOMESTAR BB-8 R2-D2 「HOMESTAR BB-8」

 プラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し、東京から見える四季の夜空を再現。約1万個の星が見える光学式プラネタリウムで、カラー原版として「ブルーマップ」を含めた「ミレニアムファルコン」や「辺境の星ジャクー」など、キャラクターによって違う4種類のシーンが投影できます。

 家庭用プラネタリウム「HOMESTAR BB-8」「HOMESTAR R2-D2」はどちらも7月27日発売で、価格は6980円(税別)。単4アルカリ電池3個で連続4時間使用でき、キャラクターの頭が360度回転して投影位置を調整できる他、15分のタイマー機能も付いています。


スター・ウォーズ プラネタリウム HOMESTAR BB-8 R2-D2 「HOMESTAR R2-D2」

(C)&TM Lucasfilm ltd.

(宮原れい)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう