ニュース
» 2017年06月02日 19時00分 UPDATE

あのキャラに花束を:本当に怖くておいしい友食いのお話 『人魚姫のごめんねごはん』エラ姫の憂鬱

今日もまた、大好きなお友達を食べてしまった……。

[たまごまご,ねとらぼ]

 おいしいものを食べると、人間は幸せになるようにできています。けれども人魚姫のごめんねごはんは、食べれば食べるほど悲しみに満ちていくマンガ。今回は涙にくれながら友達を食べる人魚姫エラ姫をご紹介。


画像 『人魚姫のごめんねごはん』(原作:野田宏/作画:若松卓宏) 白い部分と黒い部分の比較がホラー

 1話目が公開されたとき、ネットでの反響は絶大で、瞬く間に2万7000RTされました。「面白いからこれちょっと見てよ!」って言いたくなる、インパクトがある。

 海の底のお魚たちの王国。人魚姫のエラは、お友達である魚たちと仲良く暮らしていました。リトルなマーメイドでアンダーのシー。それはそれは幸せでした。

 ある日、カツオの鰹男がいなくなってしまいました。釣られてしまったのです。魚たちは口々に言いました。「お別れくらい言いたかったね」「誰にも弔われぬとはさぞ無念でござろう……」


画像 彼女の目の前にいるのは、いつも仲良く遊んでいた友達の屍(カツオのたたき)(P15)

 エラは、せめて鰹男を弔いたいと願います。陸上の料理屋に行くと、そこにはたたきになった鰹男の姿が……あな悲しや、手を合わせるエラ姫。食べようとしない彼女に、何も知らないとなりのおじさんは、言いました。

「これじゃあ釣られたカツオも、成仏できねぇな」

野蛮で冷酷な人間の所業……ッ!

 弔いたい。その一心で、カツオのたたきにエラ姫、箸をすすめる。口に入れる。その瞬間、電撃が走りました。いいお味ですーー!!


画像 鰹男、あなたこんなに、おいしかったのね(P20)

 エラの口は人間の形で「魚を食べる」ようにはできています。この1ページだけ見ると、普通の人間のグルメ漫画のよう。

 問題は、仲間の魚たちと情愛を交わしてきたこと。飼っていた鶏やブタを食べるのと、だいぶ違う。意思疎通し、会話をし、一緒に友情を育んできた相手を、彼女は食べている。

 友食い(「共食い」ではない)です。魚が人間的な考え方をしている分、どうにもカニバリズムを想起させられて、ギョッとしてしまう。


画像 お友達、食べちゃった!!(P27)

 1話のエラは「お友達を食べてしまった」ことへの恐怖心と、おいしく感じた罪悪感に押しつぶされます。

 2話では、かつてエラが片想いをしていた(重要)マグロの鮪郎が、その場で解体(殺魚!)され、極上の寿司に。「こいつは、姉さんに食われるために生まれてきたのかもな」という、すしざんまい的な顔の職人の言葉が、刺さる。そんなこと言われたら、食べるしかないじゃない!(涙)

弔う人魚姫様

 アイヌの人々は鮭を「神の魚(カムイ・チェプ)」と呼び、捕まえたときは身体を全て捨てることなく、大切に食しました。敬意と感謝です。ならば丁寧に調理された友達の魚たちも、敬意を払っておいしくいただくのなら、罰当たりじゃないでしょう?

 いやいや待てよ、じゃあぼくら人間は家族や友達が亡くなったら、礼儀を払って食べるのか。そういう地方も世界にはあるかもしれないけど、ちょっと考えたくない。

 エラ姫の食は加速。一度食べてしまった禁断の果実=仲間の肉の魅力に、もうあらがえない。だんだん「食べたい」気持ちが先走りはじめる。まるで、血の味を知ってしまったクマのよう。


画像 ごめんねみんな、ごめんね……(おいしかった)(P109)

 次第に、周りの友達がみんな食べ物に見えてしまうようになります。

 注目したいのは、タラの鱈淵くんに「一番ヤバい奴」と言われたり、マタギの千代バァさん(人間)に「ケダモノを感じる娘」と称されていること。ひょっとして、エラ姫の中には残虐な何かが最初からあったんだろうか?

ポンコツ姫エラ

 エラの本来の性格は、明るくて純粋で、ものすごくポンコツ。記憶喪失になったとき、彼女はなぜか選挙に立候補し、当選してたりします。なんでだ。やっぱカリスマがあるのか?


画像 『ごめんねごはん』1巻の中でもトップクラスの迷シーン(P125)

 何もかも忘れて振り切って人間になれれば、思いっきりおいしいお魚食べられるのにね。でもあなたは、魚でも人でもないんだ。

 彼女が1つ絶対変わらないのは、魚への冒涜(ぼうとく)を許さない姿勢。魚たちは幸せなことに(?)、魚を愛する人々に丁寧に料理され、おいしく食べられています。だからこそ、魚への向き合い方が失礼な人のことは、許さない。

 そもそも海の中も弱肉強食。マグロなんかはイカとかサンマとかを食べています。だからひょっとしたら、「弔い」という真意を説明をすれば、彼女は海の仲間にも認められるんじゃないかな。エラの血肉となって、友達がいっぱい生きているのですし。ただし距離は置かれるかもしれない。

 なお1巻最後で「釣り」に誘われるという過酷な試練が。自分の手で仲間を殺すのは、ちょっと!

 ごめんねと言いながら、いいお味の魚を食べ続け、苦しみがつもっていく彼女の葛藤は続く。踊り食いとか生け作りとか見たら、彼女のメンタルどうなっちゃうんだろう。



(C)Hiroshi Noda・Takahiro Wakamatsu 2017

たまごまご


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー