ニュース
» 2017年06月06日 16時37分 UPDATE

レッドブル・エアレース、室屋選手優勝レースを画像で振り返る 天使のはしごとレース飛行機の共演も

レッドブル、翼を授ける。

[Kikka,Ryo Tajima,ねとらぼ]

 6月4日から5日まで千葉県・海浜幕張公園で行われたレッドブル・エアレース千葉2017関連記事)。その最大の見どころである試合の様子を画像で振り返ります。


レッドブル・エアレース 室屋義秀選手が優勝を決めたフライトのゴール

 最高時速370キロの機体を操り、全長約4キロのコースに設置された高さ25メートルのエアゲートの間を縫うように飛行するエアレースは、“空のF1”とも称される競技。規定の飛行順と方法でゲートを通過し、ゴールまでのタイムを競います。


レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース 機体を大きく傾けての飛行

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

 レースのスタートを意味するスモークが機体から発せられると、会場からは「スモークオン!」の大歓声。選手たちはゲートへの進入角度や接触、重力加速度が10Gを超える時間が0.6秒以上の場合などに減点もしくは、DNF(Did Not Finish・フライトが無効になる失格)が課せられるという非常に厳しいルールの中、異次元の飛行テクニックを披露。タイムが発表される度に大きな拍手が贈られました。


レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

レッドブル・エアレース

 幕張会場は風の影響を受けやすく、今大会では減点やDNFが相次ぎました。室屋選手もラウンド・オブ・8で、エアゲートの水平不通過(インコレクト・レベル)による2秒のペナルティが課せられたもののギリギリで競り勝ち、ラウンド・オブ・4では立て直しに成功。1番滑走という不利な条件の中、「スーパーラップは狙わずノーペナルティーで行く」という作戦が功を奏し、サンディエゴ大会からの連続Vを成し遂げました。

 室屋選手は現在シリーズ総合ランキングでトップ。会見では「365日、つまらぬことの積み重ねが大切。ポイントのことはあまり考えずに、いいレースをしていきたい」と語り、今後のさらなる活躍を予感させました。初のシリーズ総合優勝まで、Go!! Yoshi!!!

(文・Kikka/撮影・Ryo Tajima

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう