ニュース
» 2018年01月24日 20時47分 公開

東京スカパラダイス、ニューシングルのイラストを差し替え 「どこかで見たことのある絵柄」と一部で物議

イラストレーター、ハシヅメユウヤさんのイラストを起用したことで物議をかもしていました。

[ねとらぼ]

 「どこかで見たことのあるような絵柄」と一部で批判の声があがっていた、東京スカパラダイスオーケストラのニューシングル「ちえのわ feat.峯田和伸」(2月21日発売予定)について、公式サイトは1月23日、アートワークを変更したと発表しました。



 当初発表されていたジャケットは、イラストレーターのハシヅメユウヤさんによるもの。藤子・F・不二雄風の絵柄で、ヘッドフォンを着けて涙を流す女性の横顔が描かれていました。ハシヅメユウヤさんは以前から同様の絵柄の作品を多く発表していますが、今回ジャケットに使用されたことで、あらためて「藤子・F・不二雄プロに許可は取っているのか」「パロディーの域を越えている」など疑問視する声があがっていました。


東京スカパラダイスオーケストラ アートワーク変更 ハシヅメユウヤ 変更前のジャケット(Amazon.co.jpより)

 公式サイトではアートワーク変更の理由について特に言及していませんが、新しいジャケットではハシヅメユウヤさんのイラストは使われておらず、赤と白の地色に、平仮名で「ちえのわ」とだけ書かれたシンプルなものになっています。


東京スカパラダイスオーケストラ アートワーク変更 ハシヅメユウヤ東京スカパラダイスオーケストラ アートワーク変更 ハシヅメユウヤ 変更後のジャケット(左がCD+DVD版、右がCD ONLY版)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう