ニュース
» 2018年01月31日 19時09分 公開

「モンスターハンター:ワールド」国内でも発売3日間で135万本を販売 PS4タイトルでは過去最高の初動を記録

ダウンロード版を含めると200万本を越える勢いと推測されています。

[ねとらぼ]

 ゲーム総合情報メディア『ファミ通』は1月31日、PS4用タイトル「モンスターハンター:ワールド」について、発売からの3日間で累計135万本を販売したと発表しました(国内推計)。これはPS4タイトルとしては過去最高の初動で、累計販売本数でも「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を抜いて歴代1位とのこと。


モンスターハンターワールド 「モンスターハンター:ワールド」パッケージ

 集計期間は1月26日〜28日までの3日間で、ファミ通によれば、限定版と本体同梱版を含む推定販売本数は135万412本。なおダウンロード版の本数は含んでおらず、ダウンロード版も入れれば200万本を越える勢いと推測しています。

 また、同じ週のPS4本体(PS4 Proも含む)の週間販売台数も、前週の4万4910台から3.1倍の14万432台に増加。ハードのけん引にも強く貢献した形となりました。


モンスターハンターワールド 2017年11月〜2018年1月プレイステーション 4 本体週間販売台数推移(国内) ※集計期間:2017年10月30日〜2018年1月28日

 なおカプコンの公式発表によれば、ダウンロード版も含めた全世界での出荷本数は既に500万本を突破したとのこと(関連記事)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう