「絶対に“すばらしい体験”のできるタイトルが登場します」――J・アラード氏インタビュー(1/3 ページ)

「Xbox Live」やXNAを担当するだけでなく、技術的な部分にまで造詣の深いJ・アラード氏。アラード氏のインタビューはいつも非常に楽しいのだが、ここE3 2005の会場でも興味深い話を聞くことができた。

» 2005年05月20日 18時42分 公開
[聞き手:平澤寿康、今藤弘一,ITmedia]
画像 ソフトウェアからハードウェアまで、幅広い知識を持つJ.アラード氏。氏とのインタビューはいつも楽しいひとときだ

ITmedia ソニーのプレイステーション 3のスペックが発表され、任天堂のRevolutionの概要も一部発表されました。それらについてどのような感想をお持ちでしょうか?

J・アラード 私は、TVゲーム業界にとって、非常にエキサイティングなタイミングに入ったと考えています。我々は、TVゲームを楽しむユーザー数を増やしたいと考えています。

 そのため、同様のハードウェアが登場してくることは非常によいことであると思います。ただ、ソニーが発表したシステムの内容に関しては、やや大げさな部分もあって、誤解を生む部分があるのではないかと感じています。

ITmedia 誤解を生むというのは、どういった点でしょうか?

J・アラード ゲームシステムにおいて、ハードウェアが占める割合はそれほど大きくないと思っています。プレイステーション 3は、ハードウェアは非常に高度で洗練されたものだと思います。

 しかし、そのハードウェアを活かすのはソフトウェアであり、オンラインサービスなども含めたサービスです。つまり、ハードウェア、ソフトウェア、サービスの3つが揃ってこそ、システム全体が力を発揮するのです。そして、Xbox 360では、ハードウェア、ソフトウェア、サービスともにソニーを打倒できると考えています。

ITmedia 任天堂がRevolutionで行おうと思っているネットワークサービスは、「Xbox Live」のサービスと比べてどこが違うと思われますか?

J・アラード 任天堂が行おうとしているネットワークサービスがどういったものなのか、詳細な情報はありませんので、どこが違うかはわかりません。

 しかし、オンラインがこれからのゲームにとって大切になるということは私たちと同じビジョンですので、そのビジョンを共有してくれるというのはエキサイティングなことだと思いますし、それを携帯ゲーム機にまで広げようとしているという部分もすばらしいことだと思います。

ITmedia ただ、方向性の違いはあると思うのですが?

J・アラード それは経験だと思います。私たちは、ネットワークサービスに関しての経験があります。そのため、オンラインコミュニティをどうやって構築していくか、ということに関してのノウハウがあります。

 任天堂は、まずマルチプレーヤーの段階からはじめて、オンラインコミュニティという部分までは踏み込まないのではないかと思います。それに対して我々は、グローバルなオンラインコミュニティを形成する仕組みもありますし、ボイスチャットやビデオチャットも可能ですし、マーケットプレイスのようなものもあります。そのあたりが違いではないでしょうか。

ITmedia これまでXbox Liveは、クローズドのネットワークサービスとして提供されてきましたが、スクウェア・エニックスの参入によって、Xbox Liveだけでなく、スクウェア・エニックスのネットワークサービスである「PlayOnline」という別のサービスにも接続されることになります。このように、他のネットワークサービスとのジョイントといったことは、今後も新たに追加されていくのでしょうか?

J・アラード Xbox Liveというのは、我々がプラットフォームを用意することで、全てのパブリッシャーにネットワークサービスを簡単に使ってもらおうというコンセプトで始まりました。

 しかし、Electronic Artsやスクウェア・エニックスは、深いネットワークの経験がありますし、自分たちでネットワークインフラも構築していますし、セキュリティの意識も十分に高いものを持っています。そのため、そういったパブリッシャーとは、パートナーシップという形でやっていきたいと思います。

 我々のインフラを利用した方がベストという場合には我々のものを、パブリッシャー独自のインフラを利用した方がベストという場合にはそちらを利用する、という形になるわけです。

 また、他社のインフラを利用したネットワークサービスを利用する場合でも、Xbox Liveの無料会員である「Xbox Live Silver」レベルであれば、MicrosoftにXbox Liveの利用料を払わずに、パブリッシャー側の課金のみを払えば利用できるようになります。この方式はMMORPGなどで有利な方式になると思います。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  2. /nl/articles/2407/08/news120.jpg 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  3. /nl/articles/2407/10/news171.jpg パパが押入れに作った秘密基地、4年後には…… 次第に2人娘に奪われていく過程に「最高」「コレは欲しい」 秘密基地の現在は?
  4. /nl/articles/2407/12/news027.jpg 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  5. /nl/articles/2407/12/news151.jpg カインズの家電が使用中に発火…… 「ただちに使用中止」呼びかけ、約1万5000台回収 「心よりお詫び」
  6. /nl/articles/2407/12/news021.jpg お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  7. /nl/articles/2407/11/news032.jpg 「考えた人天才やろ」 ある地下鉄のホームドアに書かれた“マジで助かる表示”に「全駅でやるべき」など絶賛の声
  8. /nl/articles/2407/13/news076.jpg 大谷翔平の妻・真美子さん、レアな“動画登場”にネット歓喜 ドジャース夫人会の女子会に反響「溶け込んでる」「素敵な時間」
  9. /nl/articles/2407/12/news116.jpg GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  10. /nl/articles/2407/11/news117.jpg 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「鬼すぎない?」 大正製薬の広告が“性差別”と物議…… 男女の“非対称性”に「昭和かな?」「時代にあってない」
  2. ヤマト運輸のLINEに「ありがとニャン」と返信したら…… “意外な機能”に「知らなかった」と驚き
  3. “性被害”描くも監督発言が物議の映画、公式サイトから“削除された一文”に「なぜ」「あまりにも……」
  4. イヌワシが捕えて飛ぶのはまさかの…… 自然の厳しさと営みに感動する姿が660万件表示「こんな鮮明に見えるのは初めて」
  5. 大好きな新聞屋さんに会えた柴犬、喜びを爆発させるが…… 切なすぎるお別れに「大好きがあふれてる」「帰りたくなくなっちゃいますね」
  6. 「爆笑した」 スイカを切ったら驚きの光景が……! 自信満々に収穫した夫婦を悲しみと失望がおそう
  7. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  9. 「ロンハー」有吉弘行のヤジに指摘の声「酷かった」「凄く悲しい言葉」 42歳タレントが涙浮かべる
  10. 東京の用水路にアマゾン川の生き物が大量発生だと……? “いてはいけないヤツ”の捕獲に衝撃「想像以上にヤバかった」「ホンマに罪深い」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」