ニュース
» 2005年05月20日 18時42分 公開

「絶対に“すばらしい体験”のできるタイトルが登場します」――J・アラード氏インタビュー (3/3)

[聞き手:平澤寿康、今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

ITmedia 「Xbox Live アーケード」など、Microsoftはカジュアルゲームユーザー向けのサービスをいろいろ展開されていますが、そういったユーザーがカジュアルゲームを楽しむために高性能なゲーム機を買うというのはほとんどないと思います。Xbox 360をカジュアルゲームユーザーにも売っていくために、どういった方策を考えていますか?

J・アラード Xbox Live アーケードというサービスは、Xbox本体を売ろうと思って展開しているわけではありません。家庭にXboxが1台あって、その家族の中で、ゲームにはそれほど興味はないものの、カジュアルなゲームは楽しみたい、という人を取り込みたいのです。

 つまり、本体を売りたいということではなく、ゲームプレーヤーを増やしたいのです。それによって、そういったユーザーが、Xboxに親しみを持ってくれればいいのです。

 また、Xbox 360には、音楽や、映画、写真、テレビなどを取り込んで利用できるようになっています。こちらも、そういった機能に興味のあるユーザーにアピールするためのものです。

 特に、デジタルエンターテインメントに興味がある人にとっては、Xbox 360はベストな選択であるとも思っています。Xbox 360には、「Windows Media Center Edition 2005」に接続する機能が用意されていますし、USBポートにデジタルカメラやデジタル携帯プレーヤーなどを接続して、保存されているデータを活用できます。

 さらにレアが開発しているソフトにも、カジュアルゲームユーザー向けのものが含まれています。そのあたりも東京ゲームショウで紹介できると思います。

ITmedia 日本では、Windows Media Center Edition 2005はほとんど普及していません。そこで、Xbox 360の発売にあわせて、Windows Media Center Editionの新バージョンを発売するといったことはありますか?

J・アラード Windows Media Centerがらみの機能を成功させるためには、Xbox 360側でも、Windows Media Center Edition 2005側でも、まだまだやるべきことがあります。

 パソコンと家電を組み合わせてマルチメディアデータを利用するというソリューションで、まだ成功した例はほとんどありません。しかし、私たちはなんとか成功させたいと思っています。そのために、Windows Media Center Editionのチームと一緒になって、成功するものを作り上げていきたいと思います。

ITmedia Windows Media Center Extenderを搭載するよりも、Windows Media Connectに対応させた方が、特に日本ではユーザーに喜ばれると思いますが

J・アラード Xbox 360では、Windows Media Connectを利用してWindows XPマシンに保存されている音楽や動画、静止画といったデータにアクセスして利用できるようになっています。しかし、経験として、Windows Media Connectを利用した場合には、Windows Media Center Extenderよりもリッチな機能は提供できないと考えます。

ITmedia Xbox 360で、これまでのゲーム機にはない“すばらしい体験”ができるようになるとこれまでおっしゃっていて、その具体例として、「Project Gotham Racing 3」を利用した、25万人のユーザーが参加する世界規模のレース大会の実施というものをXbox Breafingで提案されました。

 しかし、今回Microsoftブースに展示されているXbox 360向けタイトルを見る限りでは、これまでのゲームと全く変わっていないものばかりです。Project Gotham Racing 3の例以外で、“すばらしい体験”として、どういったものを考えていますか?

J・アラード まず初めに言っておきたいことは、私たちはE3のためにゲームをデザインしているわけではありません。最終的に出荷するためにデザインしているのです。今回展示しているのは、どの程度開発が進んでいるのか、ということを見せているだけなのです。

 2001年に「Halo」を展示したときには、評価は最低でした。あんなもの売れるはずがないとも言われました。しかしそれから数年経って、今では非常に高い評価を得ています。

 今回は、オンラインタイプのタイトルを全く見せていません。日本からは、水口さんや坂口さん、岡本さんがデザインしたファーストパーティのタイトルが登場します。スクウェア・エニックスのタイトルも登場してきます。

 海外からは、Perfect Dark Zeroというファーストパーソンシューターが登場します。Electronic Artsはスポーツ系のタイトルが次世代レベルに進化します。しかも、サードパーティのパブリッシャーも、まだまだ隠しているものがたくさんあります。ですから、絶対に“すばらしい体験”のできるタイトルが登場してきます。

画像 J.アラード氏は、日本市場のこともしっかり考えてくれている。彼がいれば、間違った方向に進むことはないだろう
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる