「Odama」見参。「Charge」&「Rush the Gate」!任天堂ブース

任天堂ブースの一角に試遊台が設置されていた「Odama」(大玉)。ピンボールにシューティングの要素とストラテジーの要素を組み合わせたようなゲームだ。

» 2005年05月20日 20時26分 公開
[今藤弘一,ITmedia]

 試遊台コーナーの上にある垂れ幕には「Yoot Saito's Odama」の文字が。Yoot Saito氏とは斉藤由多加氏のこと。そう、現在ゲームボーイアドバンスでも発売されている「Tower」シリーズや、「シーマン」シリーズで有名なゲームクリエイターだ。Odamaのコンセプトは「一将功成りて万骨枯る」だという。

画像 甲冑のイラストをバックに「Yoot Saito's Odama」の文字が

 Odamaは2004年のE3でも展示され、「Best Of E3 2004」のベストオリジナルゲーム部門にもノミネートされるほど人気だったソフトだ。筆者は残念ながら昨年のE3に参加していなかったので、昨年バージョンのOhdamaを触る機会がなかったのだが、大地にうごめく足軽の群衆と、大きな石玉をモチーフにしたピンボールがなんとも印象的で、見た瞬間に試遊台の列へ並んでいた。

画像 今年のE3でもかなりの人が列をなし、熱心にプレイしていた

 2005年バージョンでは、平地、山道、城内の3ステージを選んでプレイ可能。LRボタンでピンボールのバーを動かし、ボールを門に当てて破壊したら、釣り鐘を持つ足軽に指示を与えて、門へ突入させるわけだ。

画像 プレイできるのはこの3ステージ
画像 初めてプレイする人のために、ルールも表示されるようになっていた。7分間試遊可能

 基本的にはピンボールなので、ボールが落ちてきたら左右のバーで跳ね返し、門に当てたり周りの障害物に当てればいいのだが、問題なのはフィールドの中に「人」がいること。これを押しつぶして自陣の将兵を倒してしまうと、鐘がなかなかゴールに入らない。

 加えて、このゲームには音声入力機能があり、マイクを通して言葉を入力することで将兵に指示を出さないと、釣り鐘は門へ突入しない。このため、コントローラーには「マリオパーティ6」と同じ「ニンテンドーゲームキューブマイク」が備え付けられていた。

 ただしこれはピンボールゲーム。マイクのボタンを押すために、片方の手をコントローラーから外すことはできない。このためXボタンを押すと、音声が入力できるようになっていた。

画像 兵士に指示を出しつつ、門を破壊して突入させる

 さて、ここでお気づきの読者もいると思うが、E3はアメリカでの開催。もちろん言葉は英語だ。指示として用意されている「Rush the Gate」(門に突入しろ)、「Go back」(さがれ)、「Right」「Left」(右、左)、「Charge」といった言葉は、英語で話さなければならない。

 ここでジャパニーズイングリッシュの出番なのだが、発音が悪いのか、いくらしゃべっても足軽は言うことを聞いてくれない……。いろいろ悩んでいるうちに、気づいたらボールをロストしていた。

 さあ再挑戦だ、と思っていたところに係の人から「時間です」という暖かいお言葉をいただく。後ろを見たら長い列ができていたので、諦めて次の人に変わりました……。

画像 ボールをロストしてしまった。「殿、我が方は負けましたぞ」というフキダシが悲しい

 しかしこのゲームは非常にユニークで楽しかった。日本語を理解してくれればうまく指示も出せて面クリできたはずなのにと悔しむことさんざん。もう少しプレイしていたいと思わせるゲームだ。日本語版での発売を期待したい。

画像 試遊台の近くにおいてあった釣り鐘。斉藤氏が連載するほぼ日刊イトイ新聞によると、富山県高岡市にある老舗の釣り鐘製作所で作ってもらったそうだ。左には「任天道」の文字があり、その創始者である「山内景虎」の名前も

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/19/news095.jpg ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  2. /nl/articles/2407/22/news027.jpg スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  3. /nl/articles/2407/22/news048.jpg 宿題にイラつく9歳長男→部屋から出てきたら…… “まさかの気分転換”に「すばらしい」「いずれ大成するでござる」
  4. /nl/articles/2407/20/news002.jpg 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. /nl/articles/2407/19/news171.jpg 「なに目指してんねんw」 ギャップが激しい“JAL職員の理想と現実”が160万再生! 「おもろい」「意外すぎ」と反響続々
  6. /nl/articles/2407/19/news096.jpg ママが寝ている横で……? 赤ちゃんによる早朝の“秘密の遊び”に39万いいね「かわいい」「良い子すぎる」
  7. /nl/articles/2407/21/news008.jpg 大雨の直前、迷子の子猫を急きょ保護→家に連れ帰ったら…… 大胆なギャップに「大笑いしました」「これからが楽しみ」
  8. /nl/articles/2407/18/news017.jpg 知っていると一目置かれる“旅館浴衣のキレイな着方”に「これ知りたかった!」「わかりやすい」 一級着付け技能士が解説
  9. /nl/articles/2407/22/news115.jpg 橋本環奈「立ち直れそうにない」トラブルにいたわりの声続出 「絶望感ハンパない」「ほんとに号泣案件」
  10. /nl/articles/2407/20/news074.jpg もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」