ニュース
» 2005年07月19日 20時16分 公開

おもちゃ業界も“脳活性化”ブーム?――「東京おもちゃショー2005」開催(1/3 ページ)

業界関係者を招いての、日本玩具協会主催による「東京おもちゃショー2005」が、東京ビックサイトにて開催された。カードやフィギュア、体感ゲームや脳活性化商品まで、多岐にわたるおもちゃを注目メーカーブースごとに紹介する。

[遠藤学,ITmedia]

 日本玩具協会主催による「東京おもちゃショー2005」が、東京ビックサイトにて開催された。おもちゃショーは2005年の秋冬商戦を占う見本市で、流通をはじめとした業界関係者のみを招待して行われるイベント。

photo

 今回は注目メーカーブースの様子と、個人的に興味をひかれたおもちゃを中心に紹介しようと思う。これから発売される商品はもちろん、中にはすでに発売中のものもあるので、しっかりとチェックしてもらいたい。

バンダイ

photo

 「機動戦士ガンダムSEED」関連のグッズを中心に、「仮面ライダー響鬼」、「魔法戦隊マジレンジャー」といったヒーローものから、「創聖のアクエリオン」や「交響詩篇 エウレカセブン」などのゲームにも縁の深いものまで幅広く出展していた。

 中でも注目したいのが、2005年11月下旬に発売を予定している「ドラゴンボールZ バトル体感かめはめ波〜おめぇとフュージョン〜」だ。これは“体感”という言葉が示す通り、自分が動いてゲームを進めていくタイプのコンテンツで、「孫悟空」となってかめはめ波や元気玉を操り敵を倒していくというもの。

 誰もが一度は出せるはずと挑戦したであろう(思いこみ)“か〜め〜は〜め〜はぁー!”を現実のものとしてくれる魅力的なアイテムだ。

photo プレイの様子はこのような感じ。思わず声が出てしまいそう……

 他にも、近年コンシューマゲームでも注目されている“脳活性”に役立ちそうなゲームとして瞬間決着ゲーム「Simpei(シンペイ)」が出展されていた。

 「シンペイ」は2人用のゲームで、ゲーム盤が上の世界と下の世界という2つに分かれているのが特徴だ。プレーヤーは、コマを交互に置いていき、どちらかの世界で3個1列に並べたら勝ちというルールで、相手のコマをはさむと、そのコマをほかのマスに飛ばすことができる。

 また、盤面には最大で4つまでしか置けないというルールが採用されているので、一瞬の判断が勝敗を分ける、まさに“瞬間決着”ゲームとなっている。なお、こちらは2005年7月23日発売予定で、価格は2625円(税込)。

photo 素早く、しっかりと考えなければならないため、ものの数分とは言え、緊張感あふれるゲームが楽しめる

コナミ

photo

 「メルヘヴン」や「極上生徒会」、さらには「ランブルローズ」といったコンシューマゲームとして発売されているコンテンツを中心に、「テニスの王子様」や「遊戯王」、さらには2005年6月に発売されたばかりの「アイシールド21」のトレーディングカードなどが出展されていた。

photo 2005年にプロジェクトがスタートした「極上生徒会」だが、関連グッズもこれだけ発売予定など、すでに高い人気を誇る

 また、コナミブースの特徴としてはフィギュアが多いことも挙げられる。こちらには即日完売となるなど人気の高い「魔法先生ネギま!」や、ゲームのユーザーからも要望が高かったという「ランブルローズ」の12センチメートルフィギュア。

photo Kフェスにて限定販売された「魔法先生ネギま!」のフィギュメイト・イベント限定バージョン(手前のもの)は即日完売だったとのこと

 劇場公開されている、コナミ発のヒーロードラマ「スペクター」のフィギュアとマスクや、実車を細部にわたり精巧に再現した「絶版名車コレクション」シリーズなどが展示されていた。

photo 「スペクター」グッズ。フィギュアの精巧さもさることながら、一見するとダークヒーローを思わせるマスクが格好いい

 ほかにも、コナミ体感ゲームシリーズの最新作として「マリンバ天国」や「絶体絶命でんぢゃらずじーさん パーティーじゃっ!全員集合!!」などが出展。

 「マリンバ天国」は子ども向けの音ゲーといった感じで、かわいくてポップな全8キャラクターが、プレイに応じて踊ってくれる。楽器には店頭で遊びやすい「マリンバ」をモチーフとしたものが用意されており、曲も「森のくまさん」から「マツケンサンバII」まで、多岐にわたる全20曲が用意されている。なお、こちらは2005年9月15日発売予定で、価格は7329円(税込)。

photo

 一方の「絶体絶命でんぢゃらずじーさん パーティーじゃっ!全員集合!!」は、すでに発売されている「絶体絶命でんぢゃらずじーさん ミニゲームで対決じゃっ!」の続編として制作された体験ゲーム。「ミニゲームで対決じゃっ!」は手で、「パーティーじゃっ!全員集合!!」は足でプレイするという違いがある。

 ゲーム自体は、「反射神経」、「スタミナ」、「スピード」など、あらゆる能力を必要とする全23種類が用意されており、テレビ東京「おはスタ」や月刊コロコロコミックなどでメディアミックス展開されていることから、店頭も含めての連動企画(パスワードを探すというもの)も用意されているとのことだ。こちらは2005年11月17日発売予定で、価格は7329円(税込)。

photo

次ページは、はなわも登場!トミーブース

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる