ニュース
» 2005年07月19日 20時16分 公開

おもちゃ業界も“脳活性化”ブーム?――「東京おもちゃショー2005」開催(3/3 ページ)

[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

エポック

photo

 ブースの正面写真からも分かる通り、TBS系で放映中の「関口宏の東京フレンドパークII」の体感ゲーム「東京フレンドパークIIスペシャル!フレンドパークへみんなでいこう!!」が出展されていた。本作はテレビ同様に「ウォールクラッシュ」や「フラッシュザウルス」が楽しめ、最大で4人までの対戦も可能となっている。

photo 「そばの出前持ち」に挑戦中

 ほかにも、2006年に向けて盛り上がるを見せるサッカーのアイテムとして、「スーパーサッカーデラックススタジアム サッカー日本代表チームモデル」が出展されており、こちらに対応している精巧な専用人形なども用意されていた。

photo

 また、“肌を触れあうゲーム”と、何とも大胆なキャッチコピーが掲げられていた「ビートでタッチ!」が展示。本製品はマシンの指示通りに、相手をタッチ&スクラッチする「タッチゲーム」や、マシンの出した3つの音を正確にまねる「ダンシングゲーム」など5つのモードが用意された新感覚のタッチゲームとなっている。

photo

セガトイズ

photo

 小学生低学年に人気の高い「甲虫王者ムシキング」関連のグッズを中心に、家庭用星空投影機ホームスターといった、すでに“おもちゃの領域を超えているのでは?”といったアイテムまで幅広く出展。

photo

 中でも注目は、テレビなしでも楽しめて、つなげればみんなで楽しめる「アドバンス ピコ・ビーナ」(2005年8月6日発売予定、税込価格13440円)だ。本製品は名前からも分かる通り、同社から発売されていた「ピコ」の進化したアイテムをして発売される。

 また、対応ソフトは、東北大学川島教授監修の「家族みんなの脳力トレーナー(仮)」や「ポケットモンスター アドバンスジェネレーション ポケモンすうじバトル!!」といった教養ソフトから、「甲虫王者ムシキング〜森の民の伝説〜」や「ふたりはプリキュア Max Heart」といったものまで豊富に用意されている。

photo

photo

こんなものもありました

 各社ブースを簡単にレポートしてきたが、いかがだったろうか。ここからは会場内で見つけた個人的に注目のおもちゃを2つほど紹介してみたいと思う。まずは写真を見てもらいたい。

photo 謎の飛行物体を見つけ、瞬間的に撮影したらこうなりました

 “空を飛ぶ何か(丸わかりだが……)”を発見した記者はすぐさま現場に急行した。そこにあったのは「R/C 空とぶ ドラえもん」(2005年7月23日発売予定、税込価格5754円)。ボタン1つで2段タケコプターを装着したドラえもんが、最大10メートルまで上昇・下降するというアイテムだ。

photo 発売元はエポック。ただし、エポックブースでは飛んでいる姿を発見できなかったので、こちらで紹介させていただいた

 “ドラえもんが空を飛ぶ”、何気ないことだが、これまで実現されていなかった分、感動も大きい。その証拠に、飛ばしたいという来場者が殺到し、充電が追いついてなかったほどだ。

 ちなみに空に飛ばすということで、壊れやすいのではないかと心配する人も多いと思うが、会場では壁にぶつかろうが、10メートルの高さから地面にたたきつけられようが、壊れてはいなかった。もちろん何度も繰り返せば壊れるだろうが、それなりに頑強に作られているようだ。

 続いて紹介するのはゲーム機なしで、テレビにつなげるだけでプレイできるプラグアンドプレイ TVシリーズとして出展されていた「スターウォーズ」、「ディズニー」、「バットマン」、「スパイダーマン」の4タイトル。

photo

 体感ゲームも同様の環境でプレイできるが、こちらは体を動かさずにプレイ、つまり通常のゲームと同じようにプレイできるのが特徴だ。今回出展されていた4タイトルは海外もののコンテンツではあるが、日本でも人気の強いものばかり。

 たまには違う楽しみ方を求めて、こういったアイテムを活用してみてはいかがだろうか。ちなみに4タイトルともに2005年8月発売予定となっている。


 カードやフィギュアといったものはもちろんだが、近年流行している“脳を活性させる”アイテムや、体感ゲームが多数展示されていたのが興味深かった今年のおもちゃショー。変わりゆくおもちゃの在り方とともに、「人生ゲーム」などの定番ボードゲームに変わらないことへの安心を感じたようにも思う。

 イベント自体は、最初にも述べたように業界関係者のみを招待なので、残念ながら一般の方は参加できないが、これまでに紹介したおもちゃに少しでも興味を持っていただければ幸いだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」