石段と百ます計算と「ドンキーコングJR.の算数遊び」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/2 ページ)

» 2005年08月24日 17時51分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

百ます計算とDSトレーニングと算数遊び

 再び、百ます計算の話に戻るが、陰山校長とは別の観点から、百ます計算を推薦しているのが、東北大学医学部の川島隆太教授である。

 川島教授の説では、複雑な計算をじっくり解くよりも、百ます計算のように単純な計算を数多くこなしていくほうが、脳の前頭前野が活性化されて良いらしい。

画像 「ドンキーコングJR.の算数遊び」では、1ケタ同士の掛け算もできる。足し算は2ケタ〜6ケタ

 「ドンキーコングJR.の算数遊び」でも、ケタの小さな足し算、引き算を行なうことで、百ます計算と同様の効果が得られるのではないだろうか?

 もっとも、短時間で数多くの問題をこなす百ます計算とは違い、「算数遊び」では1問ごとにJR.を動かして、つり下げられたチェーンを上り下りさせなければならない。

 百ます計算と同じ効果が得られるかどうかは、ちょっとわからない。

 ただ、このゲームでは、筆算の形式で問題を解いていく。

 つまり、大きな数同士の計算も、各ケタごとに分割して計算することになる。

 したがって、大きな数を計算するほうが、むしろ百ます計算に近い形になっているのかもしれない。

画像 6ケタ+6ケタの足し算も、1ケタの足し算6回に分割できる。1問ごとに、簡単な計算を6回繰り返すことになるわけだ

 川島教授といえば、くもん出版から発売されている「脳を鍛える大人のドリル」シリーズの著者。

 また、ニンテンドーDSの「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」(DSトレーニング)を監修した人物としてもおなじみだろう。

 DSトレーニングの前にも、セガトイズの「脳力トレーナー」を手がけ、これもヒットさせている。

JR.がいちいちチェーンを上り下りする理由とは?

 「ドンキーコングJR.の算数遊び」の惜しいところは、ちょっとゲームが単調な点。

 「ドンキーコング」や「ドンキーコングJR.」は、バラエティに富んだ面構成が魅力だった。

 それらと比べてしまうと、「ドンキーコングJR.の算数遊び」、特に計算練習モードは、どうしても単調さが目についてしまう。

画像 CALCULATEモードでは、1〜9の数字と+−×÷を使って、ドンキーコングの示した数を早く作ったほうが勝ち。記号の取り合いが盛り上がり、EXERCISEモードより評価が高い

 また、数字を選ぶときに、いちいちドンキーコングJR.を、それぞれのケタに対応するチェーンのところまで移動させ、チェーンを上り下りさせなければならないのも気になる。

 目の前に1〜0を並べておくほうが早いと思うのだが、なぜJR.はこういう、手間のかかる方法で計算をするのだろうか?

 歩いたり、体を動かしたりすることで、脳が活性化すると一般に言われている。

 これには「神経細胞が刺激される」「ドーパミンが出る」「ストレスが解消される」など、複数の理由が考えられている。

 もしかしたらJR.は、1回1回歩いてチェーンを上り下りすることで、脳を活性化させて、計算に役立てようとしたのではないだろうか。

 その論理でいけば、石段の上り下りで日々鍛えられた尾道の人は、すごく賢いことになる。

 尾道は、町じゅう、坂と石段だらけ。

 海と山に挟まれた土地なので、急斜面に市街地が発展したのだ。

 景色はきれいなのだが、いざ歩くとなると、どこへ行くにも坂ばかりなので、けっこうつらい。

画像 大林宣彦監督の映画「転校生」で、小林聡美さんと尾美としのりさんが転がり落ちた、御袖天満宮の石段。尾道の市街地には、こんな石段がいたるところにある

 土堂小学校の前にも急な石段があって、ここを上らないと学校には行けない。

 これだけきつい道を毎日通っていれば、脳の神経細胞もさぞかし刺激されることだろう。

 実際、尾道にはときどき、不思議な能力を持つ人が現れる。

 ラベンダーの香りをかぐだけでタイムトリップできる高校生とか、突然神様になってしまう中学生とか。

 ホリエモンさんも本当は、そんな尾道の優秀な人材を発掘するために、広島6区からの出馬を決めたのかもしれない。

 ドンキーコングJR.も、脳を鍛えるために、あえてチェーンを上り下りしながら計算をしていったのだ。

 間違いない。

画像 土堂小学校の正門前から見える景色がこれ。きれいな海が正面に見えて、眺めているだけでアルファ波が出そう

 もっとも、もし本当に石段の上り下りが脳を鍛えるのであれば、陰山校長が赴任するより前から、土堂小学校はもっと話題になっていたはずだと思うが。

画像 千光寺山の展望台から眺めた景色。あちこちに残る古いお寺や、海の向こうの島々とも相まって、尾道という町には独特の景色が展開されている。映画の舞台によく使われるのもうなずける
(C)1983 Nintendo

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news055.jpg ガチ“別人級”……凄腕メイク術駆使したビフォアフが「日本の頂点」と話題、“フォロワー数580万人”の美容系インフルエンサー
  4. /nl/articles/2405/18/news003.jpg 0歳娘がはじめて歩けた瞬間、パパの顔を見て…… 号泣必至の“表情としぐさ”に「やったねえ!すごいねえ!」「かわいくて涙が」
  5. /nl/articles/2405/15/news106.jpg 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  6. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  7. /nl/articles/2405/18/news023.jpg 死んだはずのスズメバチ、お尻をよく見てみると…… 「亡者の執念発動してますね」「だから怖いんだよな」油断できない生命力におののく声
  8. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
  9. /nl/articles/2405/17/news026.jpg トリミングでシーズーを「ハムスターにしてください」とお願いしたら…… インパクト大の完成形に「可愛いーーー」「なんて愛おしい鼻毛カール」
  10. /nl/articles/2405/17/news022.jpg 妻が作ったキャラ弁にフランス人夫と3歳娘が大爆笑! 「怖い」と言われた完成形に「蓋開けた瞬間w」「一緒に笑っちゃいました」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評