レビュー
» 2005年08月26日 12時00分 公開

かわいくて異色の「スター・ウォーズ」ゲー、登場――レゴ スター・ウォーズ(1/3 ページ)

「スター・ウォーズ」がお好きな方はぜひ読んでください。もちろんレゴブロックが好きな方も読んでください。好きでなくても読んでください。レゴが描くスター・ウォーズの、軽快なアクションゲームをご紹介します。

[仗 桐安,ITmedia]
画像

「スター・ウォーズ」とは

 などと銘打つ必要がないのではないかと思うくらいのメジャータイトルである「スター・ウォーズ」。1977年にジョージ・ルーカスによって製作された「スター・ウォーズ」(※のちに「エピソード4 新たなる希望」というサブタイトルが付いた)から実に28年の歳月を経て、この夏いよいよシリーズ最終章とも言われている「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」が公開された。

 それに合わせる形で数えきれないほどのスター・ウォーズ関連商品が販売され、映画館内での売れ行きもなかなか好調なようだ。そんな旬のスター・ウォーズ新3部作をまとめて体験できるゲームが7月に登場した。しかしそれはただのスター・ウォーズゲームではない。レゴブロックの世界で再現された「レゴ スター・ウォーズ」という作品なのだ。

画像

画像

 スター・ウォーズは今まで何度もゲーム化されている映画である。しかもあらゆる切り口で、例えばシューティングを中心にエピソード4〜エピソード6の旧3部作を描いたものや、ジャンゴ・フェットに焦点をあてたもの、ポッドレースを再現したレースゲーム、果てはオンラインゲームなど枚挙にいとまがない。

 そんな数々のスター・ウォーズゲームのなかでも本作はかなり異彩を放っている。キャラクターや乗り物、オブジェまでもが全て可愛らしいレゴブロックなのである。そんなレゴ スター・ウォーズを遅まきながらプレイしてみたので、率直にレポートしていこうと思う。

画像

ライトセイバーを振り回せ!

 まずキャラクターのレゴりっぷりを見て「リアルな『スター・ウォーズ』がいいんだもん!」と抵抗感を持つ生粋の「スター・ウォーズ」ファンの方もいらっしゃるかもしれない。しかし実際にプレイしてみると、なかなかどうしてしっかりと「スター・ウォーズ」しているので驚くことになるだろう。もちろんライトセイバーやその他の効果音も映画のそれをちゃんと再現しているし、オープニングのあの音楽と下から流れてくる導入文章もそのまんまだ。

 最初にゲームを始めるといきなり「クワイ=ガン・ジン」と若き日の「オビ=ワン・ケノービ」が眼前に登場。まずは□ボタンを押してみたら、自キャラであるクワイ=ガン・ジンがオビ=ワンをライトセイバーで斬りつけた。特に説明書を読まなくても、直感的に操作が分かるのはさすが、というところだ。

 セーブは、最初にセーブするファイルを選ぶ以外は特にセーブポイントはない。基本的にオートセーブで、画面中央にヨーダのマークが出ているときはセーブしているということになる。

画像

画像

 最初にいる場所はデクスターズ・ダイナー。そこでひと通りヒントなどを読み、いざプレイ! エピソード1のステージからストーリーの流れに沿ってステージをクリアしていく。

 基本的には美麗な3DCGで表現された空間を突き進み、敵をなぎ倒し、時にはちょっとした謎解きに取り組み、目的地にたどり着けばクリア。各エピソードごとに5〜6のステージがあり、中にはポッドレースやシューティングシーンのステージもある。全体的にグラフィックのクオリティは申し分なし。音楽もしっかりスター・ウォーズしていて気分は否が応にも盛り上がる。

 メインのアクションステージに関して言えば、とにかく簡単で軽快。取扱説明書の冒頭が「ご両親へ(笑)」と題して「子供のプレイを見て、親御さんも手を出したくなるかもしれません」という内容が書かれていることから小さな子供が遊ぶことを前提に作られているのだと思われる。だからだろうか、いくら敵にやられてライフがなくなって死んでも、その場で無限に再生するという仕様になっている。

 また、全ての攻撃はほぼ□ボタン連打か○ボタンでジャンプして□ボタンでOK。そのアクションっぷりと敵の壊れっぷりには爽快感があるし、セイバーでブラスターのビームを跳ね返すなどの動きはファンも納得の出来ではあるが、歯応えのあるアクションアドベンチャーを期待すると肩透かしをくらってしまうかもしれない。

 とにかくガシガシ倒してガシガシ進む、そんな単純明快な楽しさが味わえる本作。オビ=ワンになってブィンブィンと暴れていると気分はもうジェダイだ。

画像

画像
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する