ニュース
» 2005年09月18日 15時52分 公開

タッチペンで魔方陣を描いて敵を倒せ――ロストマジック東京ゲームショウ2005――タイトーブース

この冬発売予定のニンテンドーDSソフト「ロストマジック」は、タッチペンならではの操作感を生かしたソフト。プレーヤーは魔道士となり、魔方陣を描いて魔法を飛ばしたり、魔物を指示して敵を倒していくアクションRPGだ。

[今藤弘一,ITmedia]
画像 ロストマジックの展示コーナー

 東京ゲームショウに展示されていたのは、チュートリアルバージョン。キャラクター「トリスティア」から、自分の動かし方や魔方陣の描き方、魔物の操作方法を教えてもらうことで、ゲームのシステムが分かるようになっている。

画像 基本的に、上画面に場面進行やクリア条件、自キャラのステータスが表示される。下画面はフィールド画面。そこでキャラ操作や魔物との戦闘を行い、クエストが進行していく

 まずは魔法の出し方から。Lボタンを押すとフィールド画面に魔方陣が表示される。そこにタッチペンで「ルーン」を描いてLボタンを放せば、魔法を唱えたことになる。唱えた魔法は、再びタッチペンで飛ばす場所を指定すると発動するようになっている。

 TGSバージョンでは、使えるルーンは4つ。炎、水、地、光だ。上画面にルーンが表示されるので、魔方陣の中に同じように描けば、魔法を唱えたことになる。現状では、魔方陣を大きく描いても小さく描いても効果は変わらないが、描き方によるダメージの与え方を変えるかどうするか、検討中とのことだ。

画像 必ずしも例題通りに描く必要はないみたい。何となく「Λ」の形をしていれば魔法は唱えられた。これは「炎のルーン」

 ルーンの描き方を覚えたら、さっそく魔物との戦闘だ。炎のルーンを描き、フィールドの場所をタッチして魔法を発動。炎が現れた。なるほど。

 どうやら、魔法を使ったおかげで魔物が現れてしまった、とトリスティア先生。今度は「S」の形の「水のルーン」を教えてもらう。そして、出てきた魔物と炎と水で戦うことに。炎攻撃や水攻撃を使うと、敵がたまにやけどしたり、凍ったりすることがある。なお、自キャラクターの移動方法は、十字キーを使うことになる。

画像 上画面に使えるルーンが表示される。左から炎、水、地、光。地のルーンは、地面から岩を出現させて、敵に対しての壁を作ったり、進路をふさいで攻撃するもの。光のルーンでは、自分の体力を回復することができる
画像 このほか、魔物を操って敵を倒すこともできる。味方となる魔物をどうやって手に入れるかはまだ秘密。ちなみにキャラクターの上に表示されているのはヒットポイントの目安

 何となく最初に覚えた炎のルーンが書きやすいこともあって、そればっかり使っていた。チュートリアルも中盤に進んだところで、今度は「ダブルーン」をトリスティアから教わった。

 ダブルーンとは、2つのルーンを組み合わせて使うというもの。「マナ」(いわゆるマジックポイント)の消費量は多くなるが、強力な魔法が唱えられる。ダブルーンを使うためには、Lボタンを押して魔方陣を表示させた状態で、1つのルーンを書いたあと、その上からもう一度ルーンを書くようになる。書いたあとLボタンを放すと詠唱終了。あとはタッチペンで位置を指定して飛ばすだけだ。

画像 光のルーンを描いたあと、炎のルーンを描くと「魔法大爆発」が発動。このほか、地のルーンを描いて水のルーンを描くと水の柱、光のルーンを2回書くといなずまを呼び出すことができる

 ダブルーンだが、その組み合わせによってはかなりの数の魔法が唱えられる。今は4つしかルーンが公開されていないが、画面を見ると分かるように、まだ「?」として明かされていないルーンが存在するようだ。聞いたところ、仕様上は300を超える魔法が使えるとのこと。ただし、どれくらいの数にするのかは、これもまた検討中。

 ダブルーンを覚えたところでもう一度戦闘になるのだが、だんだんと敵の数が増える上、強い敵も出てきたりして、ルーンを書くのに必死になる。気付いたらやられて死んでしまいました……。負けちゃったところでデモプレイは終了。

画像 ええすいません負けてしまいました

 でも、魔方陣を描いて敵と戦うというのは結構おもしろかった。「鋼の錬金術師」などを見て「ああいう戦い方をしてみたいなー」と思っている人は結構多いだろうし。ただ、筆者の率直な感想で言うと、自キャラを十字キーで操作するのはちょっと面倒かも。タッチペンでドラッグするなどして方向移動できれば、もっといいような気もします。今回はニンテンドーDSが固定されていたからいいけど、実際に遊ぶときは左手で持って、右手で素早く魔方陣を書く、というのがプレイシーンになりそうだから。ともあれどのようなソフトになるのか、期待してます!

画像

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  3. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  4. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  5. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  6. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  8. /nl/articles/2208/14/news008.jpg 人間に育てられた保護カラスに、野生のカラスが近づき…… 友だちになれそうな2羽の出会いにドキドキする
  9. /nl/articles/2208/14/news028.jpg 3年ぶりの夏コミだー! 台風を吹き飛ばすコスプレ旋風、100回目の開催を彩るコスプレイヤーさんを全力レポート
  10. /nl/articles/2208/13/news063.jpg 「猫が無事で良かった」「世界一バカバカしい事故」 駐車場からバックで出ようとした女性ドライバーが車外へ →盛大にやらかす

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい