インタビュー
» 2005年09月22日 14時36分 公開

夏はまだ終わらない――夏を舞台にしたテレビアニメ「ラムネ」声優陣インタビュー(1/2 ページ)

10月より放映開始のテレビアニメ「ラムネ」のアフレコ取材が行われた。本作に出演する声優陣方にその意気込みを語ってもらった。

[ひろいち,ITmedia]

 夏の田舎町を舞台に、主人公・友坂健次と6人のヒロインたちとの交流が描かれるテレビアニメ「ラムネ」。その第1話、第2話のアフレコが都内某スタジオで行われるということで、アフレコ取材を敢行。その様子をお伝えしよう。

 「ラムネ」は人気PCゲームの移植作として、8月25日に発売されたPS2ソフト「ラムネ 〜ガラスびんに映る海〜」を元にアニメ化した作品。ゲーム中のイベントシーンでは、海水浴や花火といった夏の風情がふんだんに盛り込まれているのが特徴だったが、それはテレビアニメにも引き継がれるようだ。ラムネ色をした美しい海や、田舎ならならではの緑生い茂る山々など、どこかノスタルジックな夏の風景が随所に盛り込まれるらしい。「癒しを求める人にはぜひ見てもらいたい」とは、ヒロインの近衛七海を演じる後藤邑子さんの弁。

 物語についても少し触れておこう。

 主人公はラムネ色の海が広がる田舎町に住む高校生・友坂健次。彼には幼少時代から大の仲良しの近衛七海という幼なじみがいる。健次と七海の家は隣同士で、毎日お互いの家を行き来をするような間柄。何をするにもいつも一緒で、学校に行っても「ご夫婦仲がいいね」なんてひやかされるほどの仲良しだ。しかし、2人の距離が近すぎるがゆえにお互いの気持ちを確認したことがなく、その関係はあやふやなまま。そんな2人の関係は果たして……。

 本作の見どころは、なんといっても健次と七海の仲の良さにある。第1話では一緒に畑仕事をしたり、第2話では不可抗力も働くのだが一緒にお風呂に入ってしまう(!!)など、物語の序盤からすでにラブラブ。「2人を演じる谷山さんと後藤さんさえもひやかしてしまう」と友坂鈴夏役の佐藤美佳子さんが語るほど、仲良しの健次と七海だが、恋人同士ではないという。そんな2人のラブラブ具合や、心の移り変わりにぜひ注目して見て欲しい。

友坂健次 -KENJI TOMOSAKA-(声/谷山紀章)

本作の主人公。多少イタズラ好きなところもあるが、基本的にはごく普通の高校生

近衛七海 -NANAMI KONOE-(声/後藤邑子)

健次の隣の家に住む幼なじみ。健次とはいつも一緒に行動している。自家製栽培の野菜が好物

仲里ひかり -HIKARI NAKAZATO-(声/友永朱音)

健次のいとこで、毎年夏になると健次の家に遊びに来る。少々ワガママで気の強い性格

友坂鈴夏 -SUZUKA TOMOSAKA-(声/佐藤美佳子)

健次の妹。活発な性格ながら子供っぽいところもあり、それが元でときおり健次を困らせている

石和多恵 -TAE ISAWA-(声/柳瀬なつみ)

学園の自治会長。他人の仕事も自ら引き受けるほどの世話好き。なぜかいつもジャージ姿でいる

佐倉裕美 -HIROMI SAKURA-(声/田口宏子)

鈴夏の同級生。幼いころに健次と会ったことがあるらしく、健次に憧れ抱いている

鮎川美空 -MISORA AYUKAWA-(声/新谷良子)

一人旅の途中で乗ってきたバイクが壊れ、町に滞在することになった少女。修理代を稼ぐため近衛家の喫茶店で働くことに


癒し効果抜群!? ラムネ声優陣インタビューは次から

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」