ニュース
» 2005年11月14日 00時52分 公開

名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る――高橋名人オンステージGames Japan Festa 2005 in OSAKA(1/2 ページ)

マイドームおおさかにて開催された新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージイベントにはハドソンの高橋名人が登場。トークにジャンケン大会と、おおいに盛り上がりを見せた。

[遠藤学,ITmedia]

 2005年11月12日と13日の2日間にわたり、マイドームおおさかにて開催された、日本テレビゲーム商業組合主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージにはハドソンの高橋名人(以下、名人)が登場した。

photo ハドソンの高橋名人。その登場とともに向けられた多くのカメラにも、笑顔で応じていたのが印象深い

 名人はまず、「今日は何をやろうかなと、かなり悩みました」と切り出す。さまざまなイベントに呼ばれている名人らしい悩みだが、“あること”に気づきその問題は解決したという。その“あること”というのは、ハドソンより2005年12月22日から発売される「ハドソン ベストコレクション」のことだった。

 「ハドソン ベストコレクション」は、「ボンバーマン」や「スターソルジャー」など、ハドソンの名作を2〜4本収録したゲームボーイアドバンス用ソフトで、現在のところ第6弾までの発売が決定している。基本的にはファミコン版をそのまま移植しているが、2P用のコントローラーを使ったテクニックは使用できないとのこと。

 その後は、実際に「ハドソン ベストコレクション」のゲーム画面を見ながらトークが展開。「ボンバーマン」と「ボンバーマンII」を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.1」については、「『ボンバーマン』は名前に関して言えば、非常に悲しいオチのあるタイトルなんです」とコメント。

 その理由として、「『ボンバーマン』はもともと、パソコン用として発売された『爆弾男』というタイトルなんですが、当時はこれを海外で発売しようという話がありました。それで、向こうで出す時の名前をどうしようかと考えていたら、“『爆弾男』だから、そのまま翻訳して『ボンバーマン』で出そう”という感じになったんです。でも、直前になって悲しい事故、空港での爆弾テロがありまして……そんな時にゲームで“ボンバー”はまずいだろう、ということで『ボンバーマン』にはしなかったんです。ただ、1985年にファミコン版として移植を行う際にも同様の話が出まして。この時も『爆弾男』でいくか『ボンバーマン』にするかで悩んでいたんですけど、今度は“皇居にロケット弾がとんでいく”という事件が起きた。日本人として“爆弾”はまずいだろう、という話になり『ボンバーマン』になったんです」といったエピソードを披露してくれた。

photo 昨日の広井王子氏のトークショウ同様に、多くのファンがステージに集結。名人の話をひと言も逃すまいと耳を傾けていた

 また、「ロードランナー」と「チャンピオンシップ ロードランナー」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.2」では、「『チャンピオンシップ ロードランナー』はオレが名人となる前、つまりハドソンの高橋としてデビューした(ユーザーの前に顔を出した)作品です。1985年2月に銀座で行われた祭りの時で、“『ロードランナー』は売れたんだけど、『チャンピオンシップ ロードランナー』はかなり難しいから、子どもに受け入れられるのか”と不安だったころ。じゃあ実演しましょうよ、って言われてイベントを行ったんです」と、名人となる前の仕事ぶりを語る。

 その後は「チャンピオンシップ ロードランナー」を名人自らがプレイ。ステージの途中で、「この後、失敗するかもしれない」と言いながらもしっかりとクリアするなど、華麗なプレイが健在であることを見せてくれた。ちなみに祭りにて行われたイベントに関しては、「3回連続で失敗して帰ろうかと思った。結局は4回目で成功したから良かったけど、あの時に帰っていたら今は名人ではなかったかもしれない」といった話も聞くことができた。

photo 弱気な発言をしながらもしっかりとステージをクリアした名人。話をしながらプレイする、その集中力もすごかった

 続けてステージでは、「チャレンジャー」と「迷宮組曲」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.3」、「ナッツ&ミルク」、「バイナリィランド」、「サラダの国のトマト姫」の3本を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.4」の解説が行われた。

photo 「迷宮組曲」の連射測定機能を持つタイトル画面を使い、連射を披露する名人
次ページは、伝説の16連射よ再び?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」