名人とともにハドソンの名作タイトルを振り返る――高橋名人オンステージGames Japan Festa 2005 in OSAKA(1/2 ページ)

マイドームおおさかにて開催された新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージイベントにはハドソンの高橋名人が登場。トークにジャンケン大会と、おおいに盛り上がりを見せた。

» 2005年11月14日 00時52分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 2005年11月12日と13日の2日間にわたり、マイドームおおさかにて開催された、日本テレビゲーム商業組合主催による新作ソフトの試遊イベント「Games Japan Festa 2005 in OSAKA」。2日目の最後のステージにはハドソンの高橋名人(以下、名人)が登場した。

photo ハドソンの高橋名人。その登場とともに向けられた多くのカメラにも、笑顔で応じていたのが印象深い

 名人はまず、「今日は何をやろうかなと、かなり悩みました」と切り出す。さまざまなイベントに呼ばれている名人らしい悩みだが、“あること”に気づきその問題は解決したという。その“あること”というのは、ハドソンより2005年12月22日から発売される「ハドソン ベストコレクション」のことだった。

 「ハドソン ベストコレクション」は、「ボンバーマン」や「スターソルジャー」など、ハドソンの名作を2〜4本収録したゲームボーイアドバンス用ソフトで、現在のところ第6弾までの発売が決定している。基本的にはファミコン版をそのまま移植しているが、2P用のコントローラーを使ったテクニックは使用できないとのこと。

 その後は、実際に「ハドソン ベストコレクション」のゲーム画面を見ながらトークが展開。「ボンバーマン」と「ボンバーマンII」を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.1」については、「『ボンバーマン』は名前に関して言えば、非常に悲しいオチのあるタイトルなんです」とコメント。

 その理由として、「『ボンバーマン』はもともと、パソコン用として発売された『爆弾男』というタイトルなんですが、当時はこれを海外で発売しようという話がありました。それで、向こうで出す時の名前をどうしようかと考えていたら、“『爆弾男』だから、そのまま翻訳して『ボンバーマン』で出そう”という感じになったんです。でも、直前になって悲しい事故、空港での爆弾テロがありまして……そんな時にゲームで“ボンバー”はまずいだろう、ということで『ボンバーマン』にはしなかったんです。ただ、1985年にファミコン版として移植を行う際にも同様の話が出まして。この時も『爆弾男』でいくか『ボンバーマン』にするかで悩んでいたんですけど、今度は“皇居にロケット弾がとんでいく”という事件が起きた。日本人として“爆弾”はまずいだろう、という話になり『ボンバーマン』になったんです」といったエピソードを披露してくれた。

photo 昨日の広井王子氏のトークショウ同様に、多くのファンがステージに集結。名人の話をひと言も逃すまいと耳を傾けていた

 また、「ロードランナー」と「チャンピオンシップ ロードランナー」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.2」では、「『チャンピオンシップ ロードランナー』はオレが名人となる前、つまりハドソンの高橋としてデビューした(ユーザーの前に顔を出した)作品です。1985年2月に銀座で行われた祭りの時で、“『ロードランナー』は売れたんだけど、『チャンピオンシップ ロードランナー』はかなり難しいから、子どもに受け入れられるのか”と不安だったころ。じゃあ実演しましょうよ、って言われてイベントを行ったんです」と、名人となる前の仕事ぶりを語る。

 その後は「チャンピオンシップ ロードランナー」を名人自らがプレイ。ステージの途中で、「この後、失敗するかもしれない」と言いながらもしっかりとクリアするなど、華麗なプレイが健在であることを見せてくれた。ちなみに祭りにて行われたイベントに関しては、「3回連続で失敗して帰ろうかと思った。結局は4回目で成功したから良かったけど、あの時に帰っていたら今は名人ではなかったかもしれない」といった話も聞くことができた。

photo 弱気な発言をしながらもしっかりとステージをクリアした名人。話をしながらプレイする、その集中力もすごかった

 続けてステージでは、「チャレンジャー」と「迷宮組曲」が収録された「ハドソン ベストコレクションVol.3」、「ナッツ&ミルク」、「バイナリィランド」、「サラダの国のトマト姫」の3本を収録した「ハドソン ベストコレクションVol.4」の解説が行われた。

photo 「迷宮組曲」の連射測定機能を持つタイトル画面を使い、連射を披露する名人
次ページは、伝説の16連射よ再び?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」