あなたもいっしょに「ゲームやろうぜ!」「ゲームやろうぜ!2006」で一獲千金を目指すための支援企画(2/3 ページ)

» 2005年12月08日 18時51分 公開
[聞き手:今藤弘一,ITmedia]

――どこでもいっしょが、ここまで息の長いシリーズになるとお考えでしたか?

南治 いや、ここまでとは考えていませんでした。「どこでもいっしょ」を出して、その次に何かを考えなければならないと、ほかの企画を考えてスタートしていたんですが、「どこでもいっしょ」の追加ディスクである「こねこもいっしょ」はどうですかと言われまして、それを作成してシリーズがどんどん増えていったわけです。

 あと、グッズもいろいろ出ていますが、発売された当初はそのような展開は考えていなかったんですが、7月に発売したあと、その月末にストラップが発売されたんです。近所のゲーム販売店に行って、実際に売っているのを確かめた記憶があります。いまだとゲーム発売と同時にグッズを販売するというのはよくありますけど、当時はそんなことは全然なくて。

画像 PSP版の「どこでもいっしょ」

――応募して変わったことってありますか。

南治 180度世界は変わりましたね。それまでは仕事が来て、それをこなすという感じでしたが、合格してからはどんなゲームがおもしろいかを自分で考えてそれを作り、その結果についても自分で責任を取ることになりましたし。もちろんゲームは昔から好きで、いろいろなことを考えてはいたんですが、それまでより深く考えるようになりましたね。

――南治さんの考える“ゲーマー”と“クリエイター”の違いってなんでしょう?

南治 どちらも必要な人だと思うんですよ。人によってゲームをプレイするのに向いている人とか、作るのに向いている人がいると思いますし。指向がどちらに行くか、ですね。映画を見る人がすべて映画監督になるわけではありませんので。

――クリエイターになるための資質には何が必要だと思いますか?

南治 そうですね……。ゲームを作っていくのは大変ですので、やっぱり“やる気”なんじゃないでしょうか。作っていく過程は楽しいときもあるんですが、面倒だったりつらいときは多いんですね。1面作るのは楽しくても、製品に向けて8面まで作りましょうとなったときに「もうおれ飽きた」と(笑)。でも、しんどい中でも、よりおもしろくするために新しい仕掛けを考えたりとか、それを積み重ねてようやく製品になるので、ガッツがあって続けていかないとダメなような気がしますね。

 それとゲームのことは、基本的に分かっていた方がいいと思います。自分が楽しみたいと言うより、どう人を楽しませたいかを考えられる方がいいでしょうし。あとは、最近はネット社会で、いろいろな場所でいろいろな言われ方をすることも多いわけですが、そういうのを気にしない方がいいですね。掲示板でたたかれるとへこむんですけど(笑)。

 わたしとしては、なんにしても、新しいことをやっていきたいですね。それ以外に気をつけていることはないんですが……。あ。病気をしないように、健康である必要はあります(笑)。病気すると仕事ができませんからね。

桐田 新しい技術は取り入れていかないとダメでしょうね。プレイステーション 3だろうが、PSPだろうが。

南治 PSPはワイヤレスで使えたり、ネットワークを活用できたりと、おもしろいことができそうな気がするんですけどね。PSPが発売されたのは去年ですが、みんなで買って無線で対戦してみて、これまでと違った体験ができましたね。「リッジレーサーズ」にしても、みんなで持ち寄って遊べるわけじゃないですか。それは新しいなと。

画像

――これからはプレイステーション 3もありますし、技術的にも勉強しなければならないことが多くて大変ですね。

南治 わたしが「ゲームやろうぜ!」で合格したときは、ちょうどプレイステーションで3Dのゲームが出始めた時期で、“ああ、3Dの勉強しなきゃ”と思ったんですが、いまはケータイゲームでも3Dのものがあったりと、当たり前になってきています。情報がいっぱいあるので、3Dを勉強しようと思ったら簡単にできるんですよ。ライブラリもいっぱいありますし、敷居は下がってきています。プレイステーション 3は別だと思いますが、それほど大変なことはないと思います。

 PSPって、ちょっといいハードだなと思っているんですよ。最初のプレイステーションに近いし、ゲームが作りやすくて。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」