インタビュー
» 2005年12月08日 18時51分 公開

あなたもいっしょに「ゲームやろうぜ!」「ゲームやろうぜ!2006」で一獲千金を目指すための支援企画(3/3 ページ)

[聞き手:今藤弘一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

――「ゲームやろうぜ!」を再開されたきっかけはどこにあるのでしょう。

桐田 今後Xbox 360も今年発売されますし、レボリューションも登場します。我々もプレイステーション 3を来年春発売予定ですし。最近、特に日本では、遊びの中におけるゲームの比重が、これまでよりちょっと落ちているように思えます。消費者のゲームに対するイメージ、注目度が落ちているのかもしれません。しかし、先ほど挙げたような次世代機の情報がこれからどんどん発信されていくことによって、業界全体が活性化し、消費者もゲームに目を向けてくれるようになると思います。

 そのときに、ゲーム業界で働きたいと思っている人がどんどん出てきてほしいし、人の流れも活発になっていくのかと思います。これまでもコンソールの世代が変わってきたときには同様のことが起きていますし、いまはいい機会かと。

 ほかのエンターテインメントコンテンツ制作に携わっている人も多いと思いますが、ゲームというのは、いきなりワールドワイドを相手にものづくりができる分野なんです。そういう世界に、若い人に入ってきてほしいと思っています。わたしたちはアメリカにも、ヨーロッパ、アジア各国でも事業を展開していますから、自分が作ったソフトを海外の方が手にする可能性は高いわけです。クリエイターとしての醍醐味を感じてもらえると思いますよ。

 それに、プレイステーション 3になると、これまでのプレイステーション、プレイステーション 2で実現できなかった映像表現が可能になります。演出も含めて、表現方法が広がるわけです。映像系のクリエイターの方に、プレイステーション 3を使ってすばらしい表現をしてもらえるとうれしいですよね。

――「ゲームやろうぜ!2006」の反響はいかがですか。

桐田 社内でも応募したいという人がいましてね(笑)。まあそれはさておいて、以前から一貫して言っているんですが、現在ゲーム業界に籍を置く人に対してだけに、このオーディションに来てほしいと強く思っているわけではありません。学生さんだったり、ゲーム以外のエンターテインメントに携わっている人にこそ、このオーディションに興味を持ってほしいと思っているので、それらの方々がどのような反応を示してくれるのかは興味があります。ただ、来るものは拒まずの姿勢で、過去に契約していて、残念ながら契約を終了してしまった方からも、「もう一度応募していい?」ということを言われたこともあります。

画像

――最近の若い人がゲーム業界に入ってこないので厳しい、とも桐田さんはおっしゃっていましたね。

桐田 ここ10年を見ても、クリエイターの顔が変わっていないですしね。

南治 それはわたしにとっても厳しい言葉ですね。うちの会社も、1年に1歳ずつ平均年齢が上がるんですよ(笑)。

桐田 目立つクリエイターが世に出てない、と言うのが一番の寂しいところですね。若い人が入ってきていないわけではないんですが、それら若い人が活躍できる場所が少なくなっているんじゃないか、という思いはあります。

南治 大作指向だと、若い人に任せにくくなる部分もありますしね。

桐田 新しいものを生み出すときには、新しい人、新しい才能が必要だと思うんですが、会社は“企業”なので、向こう3年とか、5年といったロードマップが決まっているわけです。そのプロジェクト中の一員として新しい人がジョインすることが基本になりますし、新人をメインに全く新しいものを立ち上げようとしてもリスクがありますから、任せることに踏み切れない、ということはあるでしょうね。しかし、若い人が活躍できる場所を提供しないとおもしろいものは生まれないだろう、と。

 ですので今回の「ゲームやろうぜ!2006」では、経験に限らずあなたの才能をベースに一緒にものを作りませんか、としているわけです。就職という雇用形態ではないので、こちらから「これを作ってください」というわけではありません。それには、作る側にもリスクはもちろんありますが、成功した暁には、サラリーマンでいるときの報酬よりも、もっと大きいものをお渡しできます、というわけです。

 入り口として何らかの作品を応募していただきますが、やっぱり、最終的には会ってみないと分からないですね。すばらしい、おもしろい企画を考えてきた人であっても、たとえばプランナーとして最後まで実現する力があるか、というのは、つきあってみないと分からないんです。会ってみて、根掘り葉掘り、ゲームとは違うことも話していく中で、何か“確信”めいたものを感じないと「一緒にやりましょう」とは言えないですね。中途半端な気持ちでつきあってしまうと、お互い一時的に無意味な時間を過ごすことになりかねません。こちらも、選んだ以上は責任感を持ってつきあいますし、選ばれた方も、選ばれた以上は覚悟をしてほしいと思います。

「ゲームやろうぜ!2006」募集概要
対象フォーマット「プレイステーション」フォーマットを対象としたソフトウェア開発
応募資格・18歳以上。性別、国籍を問わず
・日本在住者に限る
・未成年者は保護者の同意に基づく
・個人、グループを問わず応募可能
・法人での応募も可能
・経験、未経験者問わず
オーディション職種プランナー、シナリオライター、プログラマー、スクリプター、2DCGデザイナー、3DCGデザイナー、モーションデザイナーなど
※これら以外にも、開発経験の有無を問わず、今後のデジタルエンタテインメントコンテンツ制作に必要と判断されるスキルについて、広くオーディションの対象とする
応募方法ネットワーク経由でのエントリー、作品受付となる。自己のスキルをアピールする作品を、特設Webサイトへアクセスし、エントリー登録後にアップロードする
応募期間2005年11月15日から2006年2月28日必着
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい