レビュー
» 2005年12月13日 09時30分 公開

380(種類以上)×1000(回遊べるRPG)の面白さ。もぐって集めて遊び尽くせ「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊」レビュー:(1/5 ページ)

もはや説明の必要もないほどの人気タイトル「ポケットモンスター」シリーズと、根強い人気で常に続編が待たれる「不思議のダンジョン」シリーズが夢のコラボレーションを実現した。その名も「ポケモン不思議のダンジョン」。青と赤の同時発売でニンテンドーDSとゲームボーイアドバンスで遊べる本作について熱くお伝えしよう。

[仗桐安,ITmedia]
画像

面白さの融合! ポケモン×不思議のダンジョン

 「よくできてるなー」

 これが筆者が「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」(以下「青」)と「ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊」(以下「赤」 ※2作の総称は「本作」と表記する)をプレイしてみた結論だ。これはもちろん肯定的な意味だし、大きな賛辞である。

 人はあまりにもすごいものを見るとボキャブラリーが減るらしい。自分の10倍もの大きさを誇る巨像を見れば「うわー」とか「でかー」という言葉しか出なかったりするだろうし、目もくらむほどに美しい光景を見たらため息しか出なかったり、「いやぁ」とか「すごいなぁ」とか口から出てくる言葉もシンプルになるだろう。

 筆者の「よくできている」もそれに近いものがある。プレイしている間「うわーよくできてんなー」「よくできてるわー」と何度頭のなかで連呼したことか。とにかくよくできたゲームなのだ。しかし「よくできている」という単語だけでは他者に本作のよさを伝えることはできない。うむ。あれやこれやと言葉を駆使してみよう。

 「よくできている」という言葉は時として「無難にできている」「手堅く仕上がっている」というニュアンスから「保守的で冒険心の低い大人しい作り」というやや否定的な意味として扱われることがある。しかし本作に対する筆者の「よくできている」はむしろその逆だ。作りこまれたキャラクターと、作りこまれたシステムがただ融合するだけではなく、1+1が5にも10にもなっている。そんな面白さの相乗効果を感じることができたのである。

 そもそも筆者は「ポケットモンスター」シリーズにもひと通りハマり、「不思議のダンジョン」シリーズもほぼ全作プレイしてきた、両者のファンだった。だからこの2シリーズがコラボレートするというニュースを聞いたときには非常にうれしかったものだ。ただファンゆえに「変にいいとこどりして中途半端なものになったりしないか」という一抹の不安もあった。しかしそんな不安が杞憂であることは数時間のプレイで分かった。ポケモンと不思議のダンジョン。両者の魅力がそれぞれに出ており、しかもお互いを損なうことなく最大級に面白さを引き出している。素直にそう思えるタイトルである。

 さて。それではどこがどう「よくできている」のか。本作の魅力をお伝えできればと思う。

画像 ポケモンになってしまった主人公はパートナーとともに果てしない救助の道を往く

揃いも揃った主人公たち。組み合わせは無限大?

 青と赤はそれぞれニンテンドーDS(以下、NDS)とゲームボーイアドバンス(以下、GBA)という異なるプラットフォームで発売されたが、今までのポケットモンスターシリーズがそうであったように、青と赤という異なるバージョン同士が相互にかかわり合う遊び方が提供されている。その点については後述するとして、まずは両者共通の部分に触れよう。

画像

 ゲームを初めてプレイする場合、プレーヤーは9つの質問に答えることになる。質問は簡単な心理テストのようなもの。変にひねくれずに感じるままに答えていくほうが、あとあと納得できるだろう。最後に「おとこ」か「おんな」かを選ぶと自分が何というポケモンになるのかが示される。

 主人公ポケモンの種類は全部でなんと16種類。つまり別の回答をすれば、なれたかもしれないポケモンが15種類もいるということだ。さらにプレーヤーは自分のパートナーとなるポケモンを10種類から選ぶことができる。この2匹の組み合わせは相当なバリエーションが産まれるだろう。10人がプレイして10通りの主人公チームができると言っても過言ではない。

画像 主人公チームの個性で戦略も変わってくる

 こういった最初の選択肢の広さにはポケモンの血脈を確かに感じることができる。ポケットモンスターシリーズでは、最初に連れて行くポケモンを3匹から選ぶことができた。逆に言えば残りの2匹は選べない仕様だ。通信で交換ができるという前提でそういったシステムが採用されていたのだが、本作も同様、残りのポケモンが今手に入らないもどかしさと、後で仲間にできる楽しみが備わっている。

 ちなみに筆者の場合、青のほうがゼニガメとピカチュウ、赤のほうはヒトカゲとミズゴロウだった。このようにパートナーポケモンは主人公とタイプの違うものにすることをお勧めする。なぜならストーリーをたどる間、パートナーは常に主人公と一緒にいるからだ。バランスのよさそうなパートナーを選んでゲームスタートだ。

画像
(C)2005 Pokémon. (C)1995-2005 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. (C)1993-2005 CHUNSOFT.
Illus. Ken Sugimori
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
「不思議のダンジョン」はチュンソフトの登録商標です。
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  2. /nl/articles/2111/30/news032.jpg 黒猫「おしぼり いりませんか」 とっておきの宝物を配達してくれる黒猫サービスが「何枚でももらいたい」ほどかわいい
  3. /nl/articles/2111/30/news093.jpg 「素敵なカップル」「ラブラブじゃん」 上地雄輔、“元カレ”松坂大輔との2ショット&ダンス動画に反響
  4. /nl/articles/2111/30/news142.jpg 原日出子、長男とウオーキング 仲むつまじい親子ショットに「優しい息子さん」「めっちゃイケメン」などの声
  5. /nl/articles/2111/29/news184.jpg 橋本愛、「青天を衝け」栄一の再婚に戸惑うファンをフォロー 吉沢亮との秘蔵2ショットに粋な一言を添える
  6. /nl/articles/2111/30/news145.jpg ゴマキ弟・後藤祐樹、拳交えた朝倉未来のアフターフォローに感激 “妻号泣”のサプライズが大反響「感動しました」
  7. /nl/articles/2111/29/news130.jpg 【漫画】「おべんとうに にどと とんかつをいれない」 6歳娘の威圧感たっぷりな抗議文に「かわいすぎますね(笑)」の声
  8. /nl/articles/2111/29/news101.jpg 「目が覚めたかね」「猫になった気分はどうだ?」 猫医者のような見下ろす猫に脳内アフレコする人続出
  9. /nl/articles/2111/30/news053.jpg 「永遠に見ていられる」「可愛くて泣ける、もん絶級」 保護猫4兄妹の“こしょこしょぱっ”がかわいすぎて胸が苦しい
  10. /nl/articles/2111/29/news181.jpg 【その視点はなかった】夫「惑星を英語でいえるなんて天体詳しいね」 → 今の30代日本女性は大概答えられるんだよ……

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」