レビュー
» 2005年12月13日 09時30分 公開

380(種類以上)×1000(回遊べるRPG)の面白さ。もぐって集めて遊び尽くせ「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊」レビュー:(1/5 ページ)

もはや説明の必要もないほどの人気タイトル「ポケットモンスター」シリーズと、根強い人気で常に続編が待たれる「不思議のダンジョン」シリーズが夢のコラボレーションを実現した。その名も「ポケモン不思議のダンジョン」。青と赤の同時発売でニンテンドーDSとゲームボーイアドバンスで遊べる本作について熱くお伝えしよう。

[仗桐安,ITmedia]
画像

面白さの融合! ポケモン×不思議のダンジョン

 「よくできてるなー」

 これが筆者が「ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊」(以下「青」)と「ポケモン不思議のダンジョン 赤の救助隊」(以下「赤」 ※2作の総称は「本作」と表記する)をプレイしてみた結論だ。これはもちろん肯定的な意味だし、大きな賛辞である。

 人はあまりにもすごいものを見るとボキャブラリーが減るらしい。自分の10倍もの大きさを誇る巨像を見れば「うわー」とか「でかー」という言葉しか出なかったりするだろうし、目もくらむほどに美しい光景を見たらため息しか出なかったり、「いやぁ」とか「すごいなぁ」とか口から出てくる言葉もシンプルになるだろう。

 筆者の「よくできている」もそれに近いものがある。プレイしている間「うわーよくできてんなー」「よくできてるわー」と何度頭のなかで連呼したことか。とにかくよくできたゲームなのだ。しかし「よくできている」という単語だけでは他者に本作のよさを伝えることはできない。うむ。あれやこれやと言葉を駆使してみよう。

 「よくできている」という言葉は時として「無難にできている」「手堅く仕上がっている」というニュアンスから「保守的で冒険心の低い大人しい作り」というやや否定的な意味として扱われることがある。しかし本作に対する筆者の「よくできている」はむしろその逆だ。作りこまれたキャラクターと、作りこまれたシステムがただ融合するだけではなく、1+1が5にも10にもなっている。そんな面白さの相乗効果を感じることができたのである。

 そもそも筆者は「ポケットモンスター」シリーズにもひと通りハマり、「不思議のダンジョン」シリーズもほぼ全作プレイしてきた、両者のファンだった。だからこの2シリーズがコラボレートするというニュースを聞いたときには非常にうれしかったものだ。ただファンゆえに「変にいいとこどりして中途半端なものになったりしないか」という一抹の不安もあった。しかしそんな不安が杞憂であることは数時間のプレイで分かった。ポケモンと不思議のダンジョン。両者の魅力がそれぞれに出ており、しかもお互いを損なうことなく最大級に面白さを引き出している。素直にそう思えるタイトルである。

 さて。それではどこがどう「よくできている」のか。本作の魅力をお伝えできればと思う。

画像 ポケモンになってしまった主人公はパートナーとともに果てしない救助の道を往く

揃いも揃った主人公たち。組み合わせは無限大?

 青と赤はそれぞれニンテンドーDS(以下、NDS)とゲームボーイアドバンス(以下、GBA)という異なるプラットフォームで発売されたが、今までのポケットモンスターシリーズがそうであったように、青と赤という異なるバージョン同士が相互にかかわり合う遊び方が提供されている。その点については後述するとして、まずは両者共通の部分に触れよう。

画像

 ゲームを初めてプレイする場合、プレーヤーは9つの質問に答えることになる。質問は簡単な心理テストのようなもの。変にひねくれずに感じるままに答えていくほうが、あとあと納得できるだろう。最後に「おとこ」か「おんな」かを選ぶと自分が何というポケモンになるのかが示される。

 主人公ポケモンの種類は全部でなんと16種類。つまり別の回答をすれば、なれたかもしれないポケモンが15種類もいるということだ。さらにプレーヤーは自分のパートナーとなるポケモンを10種類から選ぶことができる。この2匹の組み合わせは相当なバリエーションが産まれるだろう。10人がプレイして10通りの主人公チームができると言っても過言ではない。

画像 主人公チームの個性で戦略も変わってくる

 こういった最初の選択肢の広さにはポケモンの血脈を確かに感じることができる。ポケットモンスターシリーズでは、最初に連れて行くポケモンを3匹から選ぶことができた。逆に言えば残りの2匹は選べない仕様だ。通信で交換ができるという前提でそういったシステムが採用されていたのだが、本作も同様、残りのポケモンが今手に入らないもどかしさと、後で仲間にできる楽しみが備わっている。

 ちなみに筆者の場合、青のほうがゼニガメとピカチュウ、赤のほうはヒトカゲとミズゴロウだった。このようにパートナーポケモンは主人公とタイプの違うものにすることをお勧めする。なぜならストーリーをたどる間、パートナーは常に主人公と一緒にいるからだ。バランスのよさそうなパートナーを選んでゲームスタートだ。

画像
(C)2005 Pokémon. (C)1995-2005 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc. (C)1993-2005 CHUNSOFT.
Illus. Ken Sugimori
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。
「不思議のダンジョン」はチュンソフトの登録商標です。
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  2. /nl/articles/2207/06/news116.jpg どんな格好で撮ってるんだ! 中島美嘉、ベッドで寝転ぶショットのタネ明かしにファン爆笑「不覚にも笑った」
  3. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  4. /nl/articles/2207/05/news025.jpg 姉と父には「おかえりっ(ハート)」な出迎えワンコ→しかし私には…… 激しいギャップに「帰ってきたんかワレって感じ笑」
  5. /nl/articles/2207/05/news037.jpg 動物病院をがんばった猫ちゃん、帰宅すると文句が止まらず…… ンミャンミャ言いながら甘える姿がいとおしい
  6. /nl/articles/2207/06/news127.jpg ともさかりえ、高校生息子と久々ディズニーへ 楽しげなショットの裏で冷静な一言「学生より盛り上がってていいね」
  7. /nl/articles/2207/05/news154.jpg “残HP見える化バッジ”を社員に配った会社に「うちもほしい」の声 導入に至った経緯や社内での評判を聞いた
  8. /nl/articles/2207/06/news097.jpg 野口五郎、ピアニストの20歳長女とステージ共演 岩崎宏美が“スペシャルメンバー”と親子ショット公開
  9. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  10. /nl/articles/2207/06/news020.jpg 「チョウゲンボウが歩いているのを初めて見た」「ズボン履いてるみたい」 地面をヨチヨチ歩く幼鳥が応援したくなるかわいさ

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」