日本のXbox 360市場をどこまで牽引することができるのか?「DEAD OR ALIVE 4」レビュー(2/2 ページ)

» 2006年01月06日 16時24分 公開
[松井悠,ITmedia]
前のページへ 1|2       

オンラインで対戦プレイを楽しもう

 本作は、Xbox 360の最大の特徴である「Xbox Live」に完全対応しており、(お互いの回線速度が許す限りではあるが)世界中のプレーヤーとオンラインプレイを楽しむことができる。

 ゲームロビーに入れるのは最大で16人までだが、ゲームを同時にプレイできるのは2人まで。待っているプレーヤーはその間チャットをしながら出番を待つことになる。用意されているチャットは、ロビー、対戦中にともに使用できるボイスチャット、ロビーでのみ使用できるテキストチャット(USBキーボード対応)の2種類。また、対戦時に得られるポイントを使ってロビー用のドールと呼ばれるアバターやハウスをカスタマイズすることが可能だ。

 テキストチャットの実装は「コミュニケーションはとりたいけど、ボイスチャットで声を出すのは(環境的、気分的に)ちょっと……」という人にはうれしい機能といえるだろう。ただ、個人的には環境が許すのであればぜひともボイスチャットの世界に入ってきて頂きたいと思うのだが……。

 オンラインで用意されているモードは「勝ち残り」、「負け残り」、「組み手」、「サバイバル」、「トーナメント」、「チームバトル」の6種類。マッチングはオンライン上の自分のランクにあわせて対戦相手を検索することができるので、XboxLiveフレンドが少ないうちはいろいろな部屋に入ってみるといいだろう。

ボイスチャット、キーボードチャットの両方に対応しているロビーの風景。写真の奥にあるテレビモニターでは、対戦中のプレイヤーの試合がほぼリアルタイムで表示されている

 筆者は「DOAU」や「ストリートファイターアニバーサリーエディション」を初代Xboxでプレイしていた頃「オンラインで対戦格闘ゲームなんてできるの?(タイム)ラグが多いんじゃない?」という質問を受けることが多かった。

 正直なところ、ラグは皆無ではない。正確に言うと「ほとんどラグを感じない対戦相手」と「全然ゲームにならないほどラグが発生する対戦相手」の2つに分かれる。3D格闘ゲームプレーヤーにわかりやすく言うとラグを感じない場合「相手の起きあがり蹴りを見てから返し技(ホールド)を仕込んで間に合う」程度で、ほとんどプレイに差し障りはない。ただし、海外や、ネットワークの相性が悪いプレーヤーと対戦する場合は、その限りではなく、ゲームが途中で止まってしまうこともしばしば。こういったケースに出会ってしまった場合は、自分のネットワーク環境を見直すか、残念ながらその人との対戦をあきらめるしかないだろう。

 ただ、個人的な体感の結果ではあるが、ADSLの10Mbps以上の人であればほとんどの人と快適に対戦プレイできると思われる。「対戦格闘ゲームはプレイしたいけど、ゲームセンターに行っても人がいないなぁ」という人にはぜひおすすめしたい。

 オンラインのプレイ料金はXbox Liveの基本料金(1カ月分819円〜年間5229円)のみと、かなり割安感がある。Xbox 360ユーザーで、まだオンラインにつないでいないという方は、この機会にぜひXbox Liveの世界に足を踏み入れてみてはいかがだろうか?

オンラインモードでは、キャラクターランキングや、勝率など、様々なデータが閲覧できる

やり込み要素満載、年末年始にたっぷり遊び倒せる良作

 2度の延期を経て発売されただけあって(というのも変な話かもしれないけれども)、ゲーム自体のクオリティは非常に高い。しつこく何度も繰り返すようだが「DOAシリーズは格闘ゲームとしてしっかり作ってある」ので、色眼鏡で判断せずにぜひ自分の目で一度しっかりと試してみてから評価を下してもらいたい。

 ストーリーについては、筆者は個人的に「格闘ゲームにはストーリーなんて必要ない、ゲームがおもしろければいいや」と思っているので、やや置いてけぼり感の強いムービーについても「まぁ、こんなもんなんだろうなぁ」と納得している。ただ、最初に見るエンディングムービーはボタンでスキップできないので「この風景、人に見られたら恥ずかしいなぁ(と思いながらも目は釘付け)」という状態だった。

 ちょっと気になった点としては、難易度ノーマルのコンピュータの反応が恐ろしいほど(というか、「これ、イカサマ!」というくらい)早く、ラスボスを倒すまでに数十回コンティニューなんていうのもざらにあった。格闘ゲームファン以外のプレーヤーも多く購入するタイトルであるが故に、イージーモードをつけるなどの配慮がもう少しあってもよかったのでは、と思われる。

 オンラインで若干気になる点として、キャラクター選択を毎回しなければいけないこと(連戦時は位置を記憶しておいてほしかった)、プレーヤーポイントが増減するランク戦しかできないこと(できれば、フレンド専用のランク対象外の練習モードがあるとうれしい。いろいろな技やコンボをお互いに見ながら練習できれば、もっとレベルが上がるのでは)などが挙げられる。パッチがあたるのであれば、オフラインモードの部分も含めて、実装してもらえればうれしいところ。

 DOA4はオフラインのモードをすべてのキャラクターでクリアしたとしても、オンラインにはまだ見ぬ強豪プレーヤーが数多く存在する。対戦プレイだけではなく、サバイバルモードやタイムアタックの世界ランキング上位を目指すのもアリ。そして、おそらく大きなトーナメントイベントも今後発表されると思われるので、それに向けて練習を重ねるのも対戦格闘ゲームの一つの楽しみといえるだろう。筆者も今後、ほぼ毎日プレイする予定なので、オンラインで見かけたら声をかけていただければ幸い。

「対戦相手のとのコミュニティー構築」もオンラインプレイが可能なDOA4ならではの遊び方といえる。本作をきっかけにしてやや下火になっている格闘ゲームに多くの人が触れる機会となれば、またこのジャンルも盛り上がっていくのかもしれない
DEAD OR ALIVE 4
対応機種Xbox 360
メーカーテクモ
ジャンル3D格闘
発売日2005年12月29日
価格8190円(税込)
(C)TECMO,LTD. Team NINJA 2005


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」