インタビュー
» 2006年05月02日 20時36分 公開

「MI2」のプロデューサーになぜ大抜擢されたのか?KOFマキシマムインパクト2:FALCOON氏インタビュー(1/3 ページ)

3Dの新しい“KOF”はどう作られていったのか。「KOFマキシマムインパクト2」プロデューサーFALCOON氏に話をうかがった。イラストレーターからプロデューサーへの転身、そして氏の中にあった葛藤とは。

[松井悠,ITmedia]

限定版に付属するアニメDVDを手に入れるチャンスは今だけ?

FALCOON氏

―― まずは「KOFマキシマムインパクト2」(以下、MI2)の発売おめでとうございます。おおむね好評な売り上げでスタートした、ということらしいですね。

FALCOON ありがとうございます。

―― 今回、初回限定パッケージには、MI2のオリジナルアニメDVDが付属していますが、これはもう完全限定ですか? 再販や、他のパッケージとして売る予定はないんですか?

FALCOON そうですね、再販分に付ける予定は今のところありませんから、本当にこれだけです。まさに探すなら今だ、と。ここはぜひアピールしておきたいですね。

―― それでは早速ですが、FALCOONさんは今回プロデューサーとしていろいろなイベントに登場されていましたが、前作ではキャラクターデザインのみ……でしたよね?

FALCOON そうですね。

―― 今回はプロデューサーでもあり、デザイナーでもありますが。

FALCOON さらに、ゲーム内のさまざまな部分のチューニングを行って、プロモーション戦略も考えてと、プログラミング以外の業務はほとんど全部携わりました。

―― そもそも、デザイナーがプロデューサーになる、というのは相当珍しいことだと思うのですが、どんなきっかけがあったんでしょうか。

FALCOON 実は、MI2のプロデューサーになる前、僕はスロット機の開発部署にいたんです。実際のゲーム開発に携わってこなかったということで、ほとんど社内的な認知もなくて。ただ、社内でもイラストのお仕事をちょこちょことやっていたので、絵の方は少し知られていたんですけれど、「あの人なにをしてるの? へー、スロットなんだ」っていう感じが続いていて。それで……実は、MI2のプロジェクトが始まる前に「切りがいいところで会社をやめようかな」と思っていたんですよ。

 実際、やりたいことが明確にあるわけではないんですけれど、知り合いの会社から「来ないか」という話があって。それにこたえようかな準備を進めてた矢先に、今の上司と知り合って、素直に自分の気持ちを話したら、慰留されることになったんです。そのときに「ゲームを作らないか」と言われまして。でも、そこで「作るならせっかくだし、中身も全部やりたいですね!」とワガママをずっと言っていました。

 僕はずっと格闘ゲームが好きで、いろいろなゲームをプレイしてきました。もちろん、自社のタイトルもやってきまして。SNK(プレイモア)から出るものには不満もあり、好きな部分もありで、いろんな思いがあったんですよね。ただ、自分の中に明確に「自分がもし格闘ゲームを作るならこうしたい」というのがあったので「それをやらせてくれるのなら、残りましょう」と。そうしたら、会社もそれに答えてくれて……たぶん「まぁ好きにやったらいいよ」みたいな感じだったんでしょうけれど……。ただ、「そのかわり成功してくださいよ」みたいな。2004年の10月くらいでしたね。

―― ちなみに、引き抜きの話はどんなところから?

FALCOON 某ゲームメーカーさんと、あとほかに3つ。ひとつはイラストレーターとして、アニメの製作に関わるか関わらないかというのがあって。あとは、自分の好きな方向性でやってみたいので、アメリカに行ってみようかなと。その頃に手がけていたスロット機の開発が、ちょうど節目のタイミングだったので、いろいろと考えていた時期、というのもありました。

―― その時期にMI2の企画が立ち上がったんですか?

FALCOON いや、プロジェクト自体はもう存在していたんです。実は前作のキャラクターデザインを担当するにあたっても、おかしな話がありまして。もともと、「マキシマムインパクト」は、KOFの10周年に何かしましょうという企画があってシリーズを立ち上げたんですが、KOFを2Dから3Dに変えていく課程で、開発を外部の会社に委託しているんです。当時の僕はそんなことも知らなかったんですけども。

 それで、スロット機の開発をしているときにプライベートのメールアドレスにその開発委託先から「KOFのデザインしませんか」という依頼が来たんですよ。「今度KOFの3D格闘ゲームを作ることになったので、その衣装デザインをしてもらいたいんですけど」って。「FALCOONさんはフリーのイラストレーターさんでしょー?」みたいな(誤解)。

 「いやいや、僕は(SNKプレイモア)所属の、内部の人間です」というやりとりをしまして。スロット機の開発と並行してできそうな作業量だったので、同時進行でやっていきました。それで前作は、キャラクターデザインだけで終わったんですが……商品ができて、ふたを開けてみれば、社内で予想してたよりは売れた。じゃあ、これは2作目だろうということになったはいいものの、開発担当も決まっていないし、誰がやるのかということも決まってなくて。

―― ただ、2作目を作ることだけは決まっていたということですか。

FALCOON そう。「1がこれだけ売れるんだったら、2でもビジネスになるんじゃない?」ということで立ち上がって。それが、僕がやめるかどうかという瀬戸際のタイミングだったんです。ただ、僕は外に出ても「デザインだけなら外注として受けますよ」という話はしていたんです。

―― そうしたら「プロデューサーになれ」と?

FALCOON その時、部長に「MIはどうなんだい?」と聞かれて、正直に答えたんです。「いや、ゲーム的にはバランスうんぬん、ボロボロですね」と。「僕はデザインでは関わっていますがゲームの調整には関係していないので言っちゃいますが、プレーヤーとしての評価を言ったらあのゲームボロボロですよ」と。そうしたら、部長が「どうやれば面白くなるかわかっているの?」と言ったので「どうしたら面白くなるかまではわからないですけど、何が悪いのかはわかります。まずはそれを直さないと商品としてはだめですね」と言ったところ「じゃあ作れ」ということになったんです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  2. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  3. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/11/news010.jpg 水浴び中の野生の水牛を発見、撮影していたら…… 突然振り返った行動に撮影者が大慌て!【豪】
  6. /nl/articles/2208/10/news023.jpg 生まれつき前足のない柴犬、おやつの前に…… “お座り”ができるようになった姿に「命ってスゴい」「ウルウルした」と感動の声
  7. /nl/articles/2208/11/news064.jpg 岩崎宏美、長男の結婚を“新婚ホヤホヤ2ショット”とともに報告 「しっかりね!! ずっと仲良しでね!!」とエールを送る
  8. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  9. /nl/articles/2208/11/news059.jpg 旦那大好きだな! 藤本美貴、夫・庄司智春との“ペアルック夫婦”ショットが超ラブラブ「幸せが伝わってきます」
  10. /nl/articles/2208/11/news016.jpg 2階にいるママを待ちきれない19歳の猫ちゃん、階段の下から…… 「にゃおおお!!」と何度も呼び出す姿に「甘えん坊さん」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい