ニュース
» 2006年05月12日 04時01分 公開

E3 2006「SCEブース」:PS3のプレイアブルソフトを触ってきました(その1) (2/3)

[小林仁,ITmedia]

コントローラを傾けて自在に空を駆けろ! PS3新作「WARHAWK」

 「WARHAWK」は、PS3専用ワイヤレスコントローラ独自のモーションセンサー機能を使った空戦アクション。会場では8台のプレイアブル台が設置されており、シングル/マルチプレイ(「WARHAWK」のデモ台はすべて常時接続されており、マルチプレイを選択するといつでも同一空域でオンライン対戦(が楽しめるフィーチャーとなっていた)で来場者に専用コントローラの使い心地を体験できるようになっていた。モーションセンサー機能を使ったPS3作品は本作のみなので、当然ながら会場の注目も非常に高いタイトルだ。完成度は30%とのこと。

 操作自体は独特で、SCEAカンファレンスでもデモが行われたように愛機WARHAWKの操作はコントローラを向けた方向に機首が反応するようになっている。コントローラ自体の反応は思った以上に良く、ちょっと向きを傾けるだけで自機が即座に追随する。最初は戸惑うかも知れないが、LRボタンに配されたパワースライド(急旋回)やローリング、アフターバーナーを組み合わせると高度な曲芸飛行もできるため、やり込むほどに奥の深い空戦が楽しめるはずだ。

マルチプレイモードでは、最大32人による同時対戦が可能。戦闘ッ空域に参入する形となるので、四方八方からライバル機が襲ってくる。機体性能はかなり俊敏なので、アクロバティックな操作で追撃をうまく振り切ろう

実際にコントローラを傾けて「WARHWAK」を操作しているところ。前後に動かしてピッチ操作(機首の転回)、左右の傾きでロール操作(翼の左右振り)が行えるため、操縦桿にも似た操作感覚。E3に集まった記者同士でも、「おっ、(デュアルショック2より)軽いけどコレなら結構いいね」と好感触。というか、このレスポンスの良さなら過去にハンドルコントローラや釣りコントローラなどの周辺機器はこの標準コントローラですべて代用できるレベルにある。ちなみに敵機の微妙な照準合わせをコントローラで行うのはしんどいが、そのへんはターゲットロックを使えば難しくはない……と操作系も考えられている

空戦時の武器はマシンガン、追尾式のミサイルに加え、溜め撃ちによる特殊武器も備えている。E3版では空中戦艦との戦いがメインのゲームプレイだが、完成版には空と地上の両面からいかに敵の勢力を削いでいくかといった戦略性もあるようだ

なおプレイアブル版では空戦を中心にシングル/オンラインプレイの空戦が楽しめたが、トレイラー映像では自機をホバリング状態から地面に着陸させ、そこから3人称視点シューティングばりの歩兵戦闘も楽しめるアクションアドベンチャー仕立てとなっている。乗り物も戦闘機だけでなく、クルーザーやタンク、戦艦まで操作できるほどフィールド内の自由度は高そうだ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.