いずれ日本でも話題になる――海外発の期待PS2タイトルを先物買い(2/3 ページ)

» 2006年05月18日 00時00分 公開
[小林仁,ITmedia]

今度は2人で伝説のロッカーを目指せ! 実は奥深いギターゲーム――「Guitar Hero 2」

 「Guitar Hero 2」は、米RED OCTANE / Harmonix Music Systems社が開発した体感ギターシミュレーションゲーム「Guitar Hero」の続編。ゲーム内容は、プレイ画面を見てもらえばわかるようギター型の“SG コントローラ”を使って、画面に流れる譜面通りにエレキギターをかき鳴らすというもので、一見すると「ギターフリークス」そのもの。違いとしてはコントローラのフレットボタンが3つから5つに増え、トレモロアームが追加されただけのように見えるだろう。

 ところがこの「Guitar Hero」、今年開催された2006 GDCではなんと“Game Developpers Choice Award”の2部門を受賞(ちなみに今年は「ワンダと巨像」が5部門受賞、「Nintendogs」が2部門受賞)するなど、海外では非常に人気の高いオリジナル作品として知られている。失礼ながら本作の受賞を知った時は「ギターフリークスのパクリなのになんでそんなに評価されてんの?」と思ってしまった……のだが、実際触ってみるとこれが相当面白いゲームであることが判明。そんな人気作の続編ゆえ、当然ながらE3会場でもかなりの人気を博していた。

伝説のロックスターとなるべく、プレーヤーは若手のギタリストとなってライブハウスの演奏からスタートしてアリーナを目指す。うまくプレイすることができれば稼いだ出演料でギターを買い換えたり演奏可能曲をはじめさまざまな要素がアンロックされていく

ブース内でジーザス・クライスト=スーパースター(画面奥)を発見! というのは冗談だけど、ギターコントローラーを持つ姿がえらく似合っているお2人(本当は普通にプレイアブルで並んでいた人です)。「Guitar Hero 2」を遊んでいた人のほとんどは難易度ハードモード(ノーマルは4フレット使用、ハード以降5つのフレット全部を使う)を苦もなくプレイしており、「あんたら前作相当やり込んでるだろ!」とツッコミを入れたくなるほどうまい人ばかり。なおブース内では「2008年に向けてアコースティックヒーローも開発中!」と言う張り紙もありました(まあこれはジョークだと思うけど……)

 「Guitar Hero」の魅力は、その5つのフレットボタンが可能にした本物さながらギタープレイ感覚にある。基本的にフレットを押さえるコードは最大3つまでとルールが決まっているため、高レベルの譜面を華麗に弾くには本物のギターと同じく“スライド奏法”を駆使しなければならない。また下側のフレットを押さえると上側のフレットは無視されるというギター的なコントローラ感覚のおかげで、ハンマリングオンやブリングオフ(弦を弾かずにフレットだけで音程を変えるテクニック)も使えるので、上達するほど奥深いギタープレイが楽しめてしまう。また収録されている曲が涙モノで、ディープパープルの「Smoke on the Water」をはじめ名曲ロックのカバーをフルバージョン(!)で演奏できてしまう。レベルに応じて譜面の難易度も変わるので、初心者から上級者まで気軽に伝説のロックスター気分を体験できてしまう、という非常に楽しい音楽ゲームとなっている。なお「Guitar Hero 2」ではリズムギターに加えてベースギターの譜面も入っているため、さまざまなジャムセッションも遊べるようになっている。なお今年のE3会場ではKentiaホールで「Guitar Hero」を使ったライブも行われ、相当な盛り上がりを見せていたようだ。なお完成度は30%。

画面奥から振ってくる譜面に合わせてタイミング良くフレットを押さえてピッキングするだけで、迫力あふれるギターサウンドが鳴り響く。時々出てくる星形のアイコンを弾き切ってパワーゲージを上げたのち、ギターを縦に傾ける一定時間ハイスコアモードに突入するなど攻略的要素も豊富

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」