ほぼすべてを一新して復活。生まれ変わった「テイルズ オブ デスティニー」

「テイルズ オブ」シリーズ2作目にして、シリーズ初となる続編が登場したことでも話題を呼んだ「テイルズ オブ デスティニー」。発売から9年の時を経て、単なる移植ではない、完全なるセルフカバー作品として、2006年冬にPS2で復活を果たす。

» 2006年06月26日 15時50分 公開
[ITmedia]
photo

 1997年12月にプレイステーション用ソフトとして発売された「テイルズ オブ デスティニー」(以下、TOD)。続編となるプレイステーション 2用ソフト「テイルズ オブ デスティニー2」が発売されたものの、これまで一度も他機種に移植されることのなかった本作が、完全なるセルフカバー(リメイク)作品として、プレイステーション 2に復活する。


テイルズ オブ デスティニー ストーリー

photo

 若者の名はスタン・エルロン。

 望みは、王国の兵士としての名声を得ること。

 大国セインガルドをめざし 飛行竜に密航したのも束の間、モンスターの襲来により スタンは絶体絶命の危機を迎える。

 しかし倉庫で見つけた一本の剣が彼の命を救った。

 「人格を宿す剣」ディムロスとの出会い。

 この出会いを境にして、スタンの運命は大きく変わってゆく…。

photo スタン・エルロン(CV:関智一)
フィッツガルド・リーネ村出身の青年。早くに両親を亡くし、妹のリリスとともに祖父によって育てられた。そのため、家族を幸せにしたいという思いが強い。性格は純粋でまっすぐ。どんな困難に直面しても己が信念を曲げない芯の強さを持ち合わせている
photo ルーティ・カトレット(CV:今井由香)
セインガルド王国にあるクレスタの街の出身。レンズハンターとして旅の生活を続けている。金銭に対して非常にシビアな考え方を持ち、「金の亡者」、「守銭奴」などと形容されることもしばしば。時には「強欲の魔女」などと呼ばれたりする。金のためならば犯罪すれすれの行為に手を染めることもいとわない



 ここからも分かる通り、主人公はスタンで、物言う剣「ディムロス」との運命的な出会いから始まり、いくつもの出会いや衝撃的な別れを紡ぎながら物語が展開するという、従来のストーリーに大きな変更はない。

 ただ、ほぼすべてのセリフを新たに書き起こしているほか、メインシナリオも声優陣による完全フルボイス化を実現、さらにはサブイベントの追加による物語構成の充実化や、より登場人物の内面に深く関わるセリフを追加収録しているなど、すでにプレイステーション版をプレイ済というユーザーでも、新鮮な気持ちで遊ぶことができる仕掛けは多数用意されている。

photophotophoto

 また、見た目の大きな違いとしては、より臨場感あふれる柔らかな描写でTOD世界を描き直していることや、ダンジョンを完全3D化することにより、2Dに比べて広大なエリアを冒険することができるようになった点が挙がる。ダンジョン内の仕掛けも3Dならではものへと変更されているという。

photophotophoto
photophotophoto

 このほか、プレイステーション版では画面の下部分でキャラクター同士の会話を楽しむことができた「アクティブパーティウィンドウ」が、本作ではよりキャラクターの魅力を引き出した“新たなチャットシステム”に、戦闘システムも「エンハンスト・リニアモーションバトル(E-LMB)」の良さを最大限に生かした“新しいバトルシステム”へと、それぞれ進化することが明らかにされている。こちらの詳細は近いうちに公開されるとのことなので、今は楽しみに待っていてもらいたい。

photophotophoto
photophotophoto バトル画面 スクリーンショット。見た目も十分に変わっているが、どのような進化を遂げているのだろうか?
テイルズ オブ デスティニー
対応機種プレイステーション 2
メーカーバンダイナムコゲームス
ジャンル運命という名のRPG
発売日2006年冬
価格未定
※画面は開発中のものです。
(C)いのまたむつみ (C)1997 2006 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/22/news104.jpg 「これは凶器」 祭りで購入した“とんでもない”フライドポテトが420万回表示 「主治医に怒られるレベル」
  2. /nl/articles/2407/24/news013.jpg 深海魚をさばいたら中から光り輝く“お宝”が……! 驚くべき正体に「何これー!!!」「すごくキレイ」
  3. /nl/articles/2407/23/news020.jpg ダイソーの“変な水槽”に魚を入れたら…… 意外な発見に「綺麗」「買いに行きます!」の声続々、驚きのアイデアが話題
  4. /nl/articles/2407/23/news125.jpg 「ごめん本当キツい」 仲里依紗、“円安のあおり”で米ディズニーランドの入場断念へ……10年前の結婚時から“恐ろしい値段”「約倍になってんの」
  5. /nl/articles/2407/24/news014.jpg 庭で見つけた“変なイモムシ”を8カ月育てたら…… とんでもない生物の誕生に「神秘的」「思った以上に可愛い」
  6. /nl/articles/2407/22/news097.jpg 「花火どころではなかった」 雷雨で中止になった花火大会、雷のすごさが分かる画像に「中止にして良かった」の声
  7. /nl/articles/2407/24/news131.jpg 「やり方がとにかく汚い」プライベート画像流出に『Popteen』専属モデルが言及 「本当につらい」
  8. /nl/articles/2407/22/news083.jpg 「もうこりごりだ〜」 財布に新紙幣を入れたら…… “まさかのビジュアル”に爆笑 「昭和アニメのオチかな?」
  9. /nl/articles/2407/24/news050.jpg 小1の子どもに「オシャレノート」を買い与えたら“まさかの号泣”…… 納得の理由が「そりゃあ仕方ない」と810万回表示
  10. /nl/articles/2407/24/news007.jpg 母「お風呂、超リラックスできるようにしたから」→見に行くと…… 広がっていた“異空間”に「おもろすぎるwww」「クソ笑ったwwしんどい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  3. 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. 赤いカブトムシを7年間、厳選交配し続けたら…… 爆誕した“ウルトラレッド”の姿に「フェラーリみたい」「カッコ良すぎる」
  5. ダイソーで買った330円の「石」を磨いたら……? 吸い込まれそうな美しさが40万回表示の人気 「夏休みの自由研究にもいいのでは?」
  6. 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  7. もう笑うしかない Windowsのブルースクリーン多発でオフィス中“真っ青”になった海外の光景がもはや楽しそう
  8. アジサイを挿し木から育て、4年後…… 息を飲む圧巻の花付きに「何回見ても素晴らしい」「こんな風に育ててみたい!」
  9. スズメの首は、実は……? 「心臓止まりそうでした」「これは……びっくり!」“真実の姿”に驚愕の声
  10. 【今日の計算】「8×8÷8÷8」を計算せよ
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」