ニュース
» 2006年08月25日 07時00分 公開

カードをかざせばクリーチャーが誕生する――「THE EYE OF JUDGMENT」(1/2 ページ)

E3 2006でその存在が明かされた、専用カメラを使用した「THE EYE OF JUDGMENT」は、PS3でなくては実現できなかったシステムが組み込まれている。カードからクリーチャーが産まれる様をぜひとも体験してほしい。

[ITmedia]

 今年5月に北米で開催された世界最大のゲームの祭典「Electronic Entertainment Expo 2006」(E3 2006)に先駆けて行われたソニー・ コンピュータエンタテインメント・アメリカ(SCEA)主催の「SCEAプレスカンファレンス」において、プレスカンファレンスではおなじみの“アヒル”が登場したことでも印象に残った、まったく新しいタイプのゲームソフトが発表された。


 それが専用カメラを使用したPS3でなくてはできないカードバトルゲーム「THE EYE OF JUDGMENT」だった。E3の会場で本作プロデューサーの渡辺祐介氏にお話をうかがっているので、その様子はこちらの記事を参照していただくとして、本作には今までにない仕掛けが多く取り入れられている。

 本作は、“新しいテクノロジー”と“従来のコンテンツ”の融合を果たしている。すなわちプレイステーション 3という新ハードとトレーディングカードゲームという従来の遊びの融合により、新しいゲームスタイルを創造した。

 「THE EYE OF JUDGMENT」は、“サイバーコード”という2次元バーコードを認証するテクノロジーが使用されている。PS3とつながる専用カメラで、実際のカードに描かれているサイバーコードを認識。カードには土地を支配するクリーチャーカードと、フィールドへの効果を発動させるスペルカードの2種類があり、さまざまな情報が収められている。カードを3×3の計9マスの土地(盤面)にターンごとに配置していき、クリーチャーを出現させ戦わせる。毎フレームID認証とトラッキング技術を活かし、カードの位置がずれると、それに応じて実に小気味よくクリーチャーが移動し向きを変えていく。

 前述したプロデューサーの渡辺氏は、ゲームはカードゲームのそれよりチェスに似ていると言う。9マスのフィールドのうち、先に5つの土地を支配したほうが勝ちとなる。カードは100種類以上用意され、それぞれステータス能力や攻撃可能エリアが決まっている。横や後ろからの攻撃に弱いクリーチャーは、プレーヤーがターンごとに戦略に沿ってクリーチャー(カード)の位置を考えて配置しなくてはならない。

いわゆる五行相克の思想がベースか? 相生もあるのかは不明

 また、土地やクリーチャーにはそれぞれ「火」、「水」、「木」、「土」、「機械」と5つの属性が割り当てられており、相性の善し悪しが存在。スペルカードを使用すると、土地の属性を変化させることもできるので、召喚した時に相性のいい土地でも、相手にスペルカードを使用され、相性の悪い土地属性に引っくり返される場合もあるという。

 仮に五行相克のとおりであれば(機械を「金」とする)、火は機械に強く、機械は木に強く、木は土に強く、土は水に強く、そして水は火に強いということになる。例えば水の土地の上に水の属性のクリーチャーを召喚すると、同じ属性ということでHP+2ポイント、反対の属性である火の土地ではHP-1ポイントとなる。プレーヤーはカードの向きだけではなく、属性も考慮しなくてはならないわけだ。


プレーヤーはマナと呼ばれるエネルギーを消費しクリーチャーを召喚。召喚した土地を占拠し、その際攻撃可能範囲に敵がいればシームレスでバトルが開始される。前1マスのみの攻撃範囲しかないクリーチャーがいたり、カードによって3方向同時攻撃の能力が付加されている場合もある。写真はカードを置き、戦闘へ突入する一連の流れ

「火属性」「ドラゴン族」の“ジオルダルの火龍”

「火属性」なので、土地が「火」属性ならばプラスに、逆に「水」ならばマイナス効果

「木属性」「ドラゴン族」の“ジュノーの飛龍”



       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」