人間撃っちゃダメです! 敵を撃って、敵を!――「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」東京ゲームショウ2006

プレイステーション 3とともに11月11日に発売を予定している「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」をプレイしてきた。今回試したのはシングルプレイのみだったが、オンラインプレイも楽しみで、見た目にも美麗な本格的FPSだ。

» 2006年09月25日 02時53分 公開
[仗桐安,ITmedia]

期待が高まるローンチタイトルのひとつ

画像

 プレイステーション 3の発売日は今年のE3期間中に大々的に発表されたわけだが、その後ローンチタイトルに関する情報がなかなか出なかったので、やきもきしていた人もいるかもしれない。徐々にではあるがローンチタイトルの発表が増えていくなかで「RESISTANCE 〜人類没落の日〜」(以下、レジスタンス)の本体同時発売も明らかになった。

 「レジスタンス」はアメリカのインソムニアック・ゲームズが開発した本格的なファーストパーソンシューティング(1人称視点シューティング:略称FPS)だ。1950年代のヨーロッパを舞台にしており、大量発生した謎の生物“キメラ”を駆逐していくアメリカ人兵士が主人公。設定としてはリアルな昔のヨーロッパが描かれるが、そこに登場するのは世にも恐ろしいクリーチャーたちだ。

 「レジスタンス」のプレイアブルコーナーは完全に壁で仕切られた特設エリアのなかにあり、その建物に入館することでプレイできる、というスタイルをとっていた。建物の周りにはプレイステーション 3でFPSを遊びたいファンたちが多く並んでいた。

画像画像 「レジスタンス」のコンセプトにあわせたデザインでつくられた特設エリアだった

 筆者もしばしの待ち時間を経て「レジスタンス」館に潜入。シングルプレイエリアとオンラインプレイエリアがあったのだが、シングルプレイをすることにした。基本操作は左スティックで移動し、右スティックで視点変更、×ボタンでジャンプができるなど、FPSのツボをおさえた分かりやすいものになっている。残念だったのは射撃がR1ボタンだったこと。プレイステーション 3のコントローラはR2がトリガー状態になっていて、深いストロークが用意されているので、R2ボタンで実際の引き金のように撃ってみたかった、というのが正直なところ。製品版ではオプションのキーコンフィグなどで解決するかもしれない。

 コンパニオンの女性から操作を教わり「あ、だいたい分かりましたー。ありがとうございます」と、さっそくプレイに集中しようとした。画面上に見える洋館に向かっていく途中で、動くものがあったので、とりあえずバリバリバリッと射撃してみたのだが、そこでコンパニオンから「それ人間です。味方です。撃っちゃダメです!」と人間撃っちゃダメ警告がくだされた。撮影禁止区域もあったりする東京ゲームショウだが、人間射撃禁止区域まであるとは驚きだ。

 いやいやいや。まあそりゃそうだ。味方の人間を撃っちゃダメだ。でも始まっていきなり画面外から何か飛び込んできたら撃ってしまいますよ、と言い訳をしたかった。コンパニオンのおねえさんは「敵を撃ってください、敵を。ほら、あれです」と敵を示してくれた。よっぽどできない子だと思われたみたいで何だかしゃくだったが、それもまあぐっとこらえて敵らしき移動物体を狙って撃ってみる筆者だった。

画像画像 ヨーロッパを全滅に追いやった異形の存在“キメラ”に敢然と立ち向かう主人公

 FPSによっては射撃1発で敵が死ぬものもあるが、本作の敵は妙に頑丈で、何発かくらわさないと倒れてくれない。なかなか死なない敵に恐怖を覚えつつも、前へ前へと進み、洋館にたどりついた。洋館の中で階段を上がっていく間も容赦なく敵の攻撃は続く。隠れたり撃ったりのやりとりが続き、だんだん面白くなってきた。グラフィックのクオリティも申し分なく、次世代の息吹を感じさせてくれるレベルのものになっていた。

 不思議なのはめったに3D酔いしない筆者が、本作の移動時にけっこうぐるんぐるんとした感覚を味わったということ。館の中が真っ暗だったので画面に集中しすぎたせいかもしれない。古風なヨーロッパの屋敷のなかで異形の者と戦いつつ、軽くめまいがしたほどだ。むしろ、それだけ没入できるビジュアルや世界観が提示されていた、というのはプラスに評価していいだろう。最初は人間を撃つというミスを犯した筆者ではあったが、試遊の後半では確実に敵を狙って撃つ快感に酔いしれていた。

画像画像 周囲が真っ暗な中でのプレイが没入感を高めていたが、没入しすぎると……3D酔いに注意だ

画像 11月11日になれば、こんなでっかいロケットランチャーをぶっ放すこともできます

 そんなこんなで5、6分の試遊は終了。人を撃ったり酔ったりといろいろあったが、ローンチの中ではかなり期待が持てるタイトルだと思った。オンラインプレイにも興味津々だ。最近はすっかりひとつのジャンルとして定着し、なおかつ人気を誇っているFPSだけに、注目している人も大勢いるだろう。そういう人にはまず手にとってほしい。「レジスタンス」をプレイすることで次世代のFPSのリアルさを体感することができるだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  2. 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  3. 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  4. 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  5. 【今日の計算】「8+9÷3−5」を計算せよ
  6. 21歳の無名アイドル、ビジュアル拡散で「あの頃の橋本環奈すぎる」とSNS騒然 「実物の方が可愛い」「見つかっちゃったなー」の声も
  7. 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
  8. 業務スーパーで買ったアサリに豆乳を与えて育てたら…… 数日後の摩訶不思議な変化に「面白い」「ちゃんと豆乳を食べてた?」
  9. 祖母から継いだ築80年の古家で「謎の箱」を発見→開けてみると…… 驚きの中身に「うわー!スゴッ」「かなり高価だと思いますよ!」
  10. 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」