人類の存亡か、それともキメラの存亡か、それが問題か?――「レジスタンス -フォール・オブ・マン-」

リアルとフィクションの融合をアクションゲーム視点で取り組む本作は、FPSの新しい可能性を提案する。人類とキメラの攻防戦の明日はどっちだ?

» 2006年08月25日 07時00分 公開
[ITmedia]

 人類の存亡をかけた最後の戦いを描くミリタリー系FPS「レジスタンス -フォール・オブ・マン-」が公開されたのは、今年5月に北米ロサンゼルスで開催されたE3 2006でのこと。従来のFPSが歩んできた、いわゆるリアルな戦闘体験とはちょっと趣きが異なる本作は、「ラチェット&クランク」シリーズなどを手がけるインソムニアックが開発にあたっている。

 アクションには定評のあるインソムニアックがFPSを作ると、なるほどこうなるのかと思えるいくつかの違和感をE3では感じることができた。

 「レジスタンス」は、見た目PC的でありながら、ゲームのプレイ感覚はコンシューマゲームにあるアクションゲームに近い。違和感や趣きが異なると感じたのはこういった“ありそうでなかった”感覚ゆえだ。

寄せ来るキメラを銃器で撃ち抜く。武器はハンドガンやライフル、手榴弾などを使い分ける

 ゲームはあくまでも、障害物溢れるフィールドを1人称視点で進み、敵に対して攻撃するといったもの。しかし、敵による攻撃はその銃弾の軌跡が目視できるスピードで、やろうと思えば敵に撃たれてからでも回避は可能だ。さらに、従来のFPSでは武器チャンジやリロードの際はワンアクション挿入してから変更されるというリアル路線が主だったが、本作では攻撃中でも画面が停止し、ゲーム内時間をロスすることなく次の瞬間には武器を持ち替えられた。ゆっくり選択し、戦略を練ることができるわけだ。

 この仕様に生粋のFPSファンはいぶかしがるかもしれないが、さにあらず。実に気持ちよく敵と対することができる。成熟したFPSに、あえてアクションゲームにありそうな“フィクション”を加えることで、戦いはより広がりを見せている。なんせ敵となるキメラがすでにフィクションなのだから……。

どのような対戦モードとなるかは未定のまま。ぜひともさらなる多人数プレイを実現してほしい

 また、本作はE3で行われたネットワーク対戦が高く評価されている。その時点では32人同時対戦が可能とのことだったが、決定事項ではないとのこと。オンラインでの対戦も含めて、ぜひとも日本版では大人数での同時対戦を実現してもらいたいものだ。

ストーリー

主人公ヘイル・ネイサンは、アメリカ合衆国陸軍所属。正義感が強い

1930年代、1つの生科学実験リポートがロシアから漏れ始めた。そこには村々が一夜のうちに全滅し、さらには町ごと失われたという報告があった。人々はロシアの兵器開発と考え、恐れた。

しかし……真実はそのようなものではなかった。

すべては謎の生物キメラによるものだった……。

キメラの発生源と考えられるウイルスについてはほとんど明らかにされていない。唯一分かったことは、ロシア国内に10年以上も封印され潜伏していたということ。

そして1949年、ついにキメラは全人類に向けて攻撃を開始した。

地球侵略はロシアからはじまり、わずか数週間で全ヨーロッパをも陥落。

数々の大国が侵略されていく中、アメリカ合衆国陸軍に属する勇敢な兵士、ヘイル・ネイサンが立ち向かう。

キメラとは……。

なぜ、侵略をしたのか……。

秘められた謎は解き明かされるのか。

人類の存亡を掛けた最後の戦いが始まる。



 敵は異形のキメラたち。さまざまな形態で人間に迫り、一瞬にして蹂躙していく。知能も高く一筋縄にはいかないキメラたちを相手に、プレーヤーは反撃を開始する。はたしてキメラたちを一掃し、人類は生き残ることができるだろうか――。

 「レジスタンス」も開発度的には進んでいるはずなので、かなり早い時期での発売が期待できそうだ。本作は、9月22日〜24日(22日はビジネスデー)に千葉県・幕張メッセで開催される東京ゲームショウ2006において、プレイアブル出展される予定だ。ぜひともFPSにおけるひとつの“フィクション”の形を楽しんでもらいたい。

キメラたち

やつらがどんな攻撃を仕掛けてくるのかは、実際の目で確認してみてほしい。この2体の他にも多数キメラのタイプが確認されている

レジスタンス -フォール・オブ・マン-
対応機種プレイステーション 3
メーカーソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンルFPS
発売予定日未定
価格未定
Developed by Insomniac Games.
(C)2006 Sony Computer Entertainment America Inc. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」